20代の若い間に海外旅行に行くべき理由。【世界を広げる旅へ】

20代の若い間に海外旅行に行くべき理由。【世界を広げる旅へ】

海外を旅しながら仕事をするノマドワーカーのYoshi(@kazushiyoshidaa)です。

直近では、セブ島・バリ島とベトナムのホーチミンとダナン、ハワイに海外旅行をしてきました。

先日こんなツイートをしましたが、「20代の若い間に多くの地へ訪れて旅行したほうが良い」とよく耳にしますが間違いではないと思います。

若いうちに海外に行けという話があるけど実際そうだと思う

・失うものが少ない
・貧乏旅行でも若いので耐えられる
・語学習得は若い方が簡単
・旅行の経験から吸収できることが多い
・世界中に友達を作ることもできる

行動力がある10代、20代の間に海外の様々な都市に訪れて経験することは価値がある

20代の間であれば、年代が上がるよりも前に行動しやすいですし、吸収できることも多いと思います。

この記事では20代の若い間に海外旅行になぜ行くべきなのかを深掘りしつつ、解説していきます。

海外旅行でも良いから20代の間に今すぐ出るべき6つ理由

海外に若い間にでも今すぐ出るべき理由として、若い10代や20代の頃から出るほうが断然にメリットが大きいからです。

僕自身は10代の頃に始めて一人で海外へオーストラリアとフィリピンに出て、その後も数多くの場所を旅しながら働いています。その中で感じたことは以下の6つです。

  1. 失うものが20代の間は少ない
  2. コストを抑えた旅行でも耐えられる
  3. 語学習得も考えると20代の若い間の方が有利
  4. 海外旅行の経験から吸収できることが多い
  5. 旅行の経験からキャリアチェンジも遅すぎることはない
  6. 世界中に友達を作ることができる

順に解説していきます。

1.失うものが20代の間は少ない

20代の間であれば失うものが極端に少なく済みます。例え、3ヶ月間留学をしつつ海外に出ても失うものはありません。

1年間掛けて世界一周旅行でも良いですし、ワーホリで他の国に滞在するのでもいいですし、得ることはたくさんあっても失うものは極端に少なく済みます。あっても時間ぐらいのものです。

例えば、これが30代に近づいていくことで、キャリアのことを考えてなかなか仕事をやめることができなかったり、海外旅行でも休みが取れなかったり。

積み上げてきたものを捨ててまで海外に出ることは難しくなります。

また、家族を持てば家庭のことや生活のことを考えて、行動範囲が狭まってしまうなんてことも。

短期間の海外旅行だとしても身軽な20代の間だからこそ自由に旅行をして、好きな場所に訪れて様々な体験ができます。

2.コストを抑えた旅行でも耐えられる

2.コストを抑えた旅行でも耐えられる

今ではLCC(格安航空会社)が増えつつあるので、海外旅行でも往復3万円ぐらいで行ける国は増えつつあります。乗り換え便や航空券の取り方を考えれば、めちゃくちゃ節約ができます。

20代の若い間ならバックパッカー的な旅行も体力的に全然挑戦できますし、滞在先をゲストハウスにして相部屋滞在とかでも、耐えられます。コストを抑えて海外に行くことのハードルは低いかなと。

年が上がるに連れて、貧乏旅行がキツくなるなんてことはあると思いますが、20代の間ならそれすら楽しく旅行ができるということもあると思います。

「海外旅行=高い」というイメージがもし先行しているのであれば、意外と安く行ける国はあり、それに耐えられるのは20代の間という人は多いと思います。

3.語学習得も考えると20代の若い間の方が有利

海外に出ることを考えたときに、語学習得も目的の一つになると思います。

語学習得を考えると20代の間のほうが正直習得スピードが早いです。

年が上がるに連れて記憶の定着も衰えてきますし、考えなければいけないこともおおくなるので「語学だけに集中する環境を作る」というのは正直難しくなってくると思います。

若い頃であれば、少しぐらいお金のことや人生のことを考えなくてもこの先の将来はどうにかなりますし、語学を習得することでキャリアを変えることも可能だったりします。

そういった意味で早い間から海外に出て語学を習得するメリットは大きいと思います。僕自身も英語は完璧ではないですが、10代から海外で英語に触れ合う機会があったので日常生活で困ることは少ないのでかなり助かっています。

関連記事:20代のうちに英語を学んでおくべきメリットと勉強法【近道なし】

4.世界中に友達を作ることができる

4.世界中に友達を作ることができる

旅や留学に出会った友達の中では、この先の人生で繋がっていくような貴重な出会いが大きくあります。

僕が海外で出会った人達とは、今でも繋がっている人が多く出会いは大切な縁です。若い間だったら何も考えずに交流を図れていたとしても、ビジネスを始めたり、年代が上がってくると少なからずメリット・デメリットで考えてしまうこともでるかもしれません。

それがない間に多くの友人を作ることで活動の幅が広げっていきます。

例えば、海外で出会った外国人の友だちは普段は会うことはないけど、その友人の国に訪れたときは現地ガイドをしてくれたり。

日本人の友だちも、海外で活躍している人が多いので海外で再会することも。若い間の方が利害関係とか気にせずすぐに友人になれる雰囲気ってあると思います。

僕の場合は、旅先で出会ったメンバーと新規事業を今準備していて一緒にビジネスを始めるパートナーになって人もいます。

20代の経験の中で出会う貴重な出会いはこれから先の人生にとってもかけがえの無いものになると思います。

5.海外旅行の経験から吸収できることが多い

5.海外旅行の経験から吸収できることが多い

若い間から海外に出るメリットとして感性が強い間に様々なものを見れるということが、個人的には最大のメリットかなと。

様々な都市で観光地や世界遺産、多くのアクティビティで感じること全てが新鮮で全力で楽しむことができます。

知らないことだらけの20代で、新しい事を見て体験する。全ての経験が全力で楽しむことができるし、感じることは多いと思います。

僕はまだ25歳なので、年代が上がったあとの感性とか感じ方を語ることができませんが、あながち間違いないかなと。30代、40代の方と一緒に海外を回ることもあるのですが、やっぱり楽しみ方って違う部分は少なからずあるなと。

その方たちも「20代のうちに多くの場所に訪れて、体験したほうが良いよ」とアドバイスをくれます。

その理由の一つはこの感性のことなのかなと思います。

6.旅行の経験からキャリアチェンジも遅すぎることはない

海外の様々な都市に訪れて、感じることって感性が豊かなこともそうですし、価値観を変えてくれるような経験ってあると思います。

僕の場合は、19〜20歳の約1年ほどフィリピン・セブ島に住んでいましたが、その経験から最初のキャリアは語学留学・英語関連の仕事でした。

今は、フリーランスとして活動をしていますが、セブ島と関わる仕事を今でも続けています。

海外に訪れて感じたことをもとにキャリアを作るってことはどうしても年代が上がると責任や失敗したときのリスクを考えると難しいことなのかなと。

20代なら失うものも少ないですし、失敗してもやり直すことが可能なので、旅行で感じたことをキャリアに活かしたり、仕事を変えてみるなんてのも出来るので早い間から日本とは異なる別の世界を見ることは大切なことだと思います。

なぜ、海外に出るべきなのか?世界を知るべき理由

なぜ、海外に出るべきなのか?世界を知るべき理由

旅行なら、国内でも良いという声もあると思います。

僕も海外と同じぐらい国内を移動して旅行することがあるので、国内旅行も大好きです。

訪れたことのない都市に訪れて、食べたことのないご当地料理を食べたり、その都市でしか見れないものを見てみることができるのは海外旅行とそう代わりはありません。

もちろん、海外に興味がないなら行く必要はまったくないとは思いますが、世界がどのように動いているかを見る上ではやはり20代の間に海外を見ておくべきだと思います。

世界は動き続けていることに気づいていない日本

「日本=裕福な国」みたいな考え方ってありますが、世界を見てみるとそうでもないという感じです。どちらかと言うと規制やルールで日本の発展を遅らせていることが多いなと。

発展途上の東南アジアの国であればここ数年で経済が急成長していて、物価も上がりつつあります。このまま行けば、日本を抜き出して成長する分野も出てきてもおかしくありません。

東南アジアの国以外だと日本で普段利用しているITサービス(スマホアプリ、ウェブサービス)ってほぼ海外のアイディアが発のものがほとんどです。

例えば、インスタ・Facebook・TwitterなどのSNSは日本初ではないですし、民泊アプリAirbnbもアメリカです。インターネットならGoogle、通販ならAmazon利用が当たり前。

最近キャッシュレス決済で使えるアプリやサービスが増えていますが、決済新興国の中国の仕組みを参考にしています。

グローバルの波が来ているなかで、それを実際に海外で感じることと情報で知っているのは大きな違いですし、英語が話せることが当たり前になっていく時代で語学を習得していなければ手遅れになることもあると思います。

最後に:20代の間に海外へもっと出よう。

「若い間に海外にでるべき」というのは、間違いではないと思います。

僕自身まだ25歳ですが、旅をしながら仕事をして海外にでて感じることや経験できたことは非常に大きいと思っています。

日本での日常生活って、基本学校や会社への行き来と休日少し出かけるだけで行動範囲って限りなく狭いと思います。そこを1歩踏み出して、海外に出ることで感じること・発見することってかなり多いです。

絶対将来に繋がる経験ができるはずなので、20代の若い間に海外に出ていきましょう。

関連記事:【旅と仕事】旅をしながら働くノマドワーカーの活動で感じたこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です