20代のうちに英語を学んでおくべきメリットと勉強法【近道なし】

20代のうちに英語を学ぼうと考えているけど、遅くはない?最適な勉強法を知りたい。

英会話を習得して、「旅に出て見たい」「留学をしたい」という方や「英語を使った仕事をしてみたい」など英語学習目的は人それぞれですが、思い立ったら即行動して英語習得に向けて勉強を初めてみることは非常に大事なことです。

これまで、留学カウンセラーとして英語習得を目指している方の相談や英会話スクールを立ち上げなどをしてきた経験から20代で最適な英語の勉強法と早くから始めるメリットをまとめました。

20代のうちに英語を勉強しておくべきメリット

英語を20代のうちに勉強しておくべきメリットとして、吸収力があるうちに始めた方が習得が早いからです。

子供の時から学べるのであれば、それに越したことはないですし、早ければ早いほど英語力の習得は速くなります。

英語習得に必要な時間は2000時間

英語をマスターして欧米圏でも問題なく生活できるようになるには、約2,000時間ほど必要だと言われています。

僕たちはこれまで、中学や高校・人によっては小学校から英語の英語の学習時間を含めると、約1,000時間ほどは既に終了しています。

つまり、正しい学習法をもとに1,000時間の学習時間を確保することで使える英語力を目指すことができます。もちろん目標が、「旅行で使える英会話」「外国人の友達とコミニケーションがしたい」という人であればもう少し少なくても十分かもしれません。

目標は高くということで、1,000時間の英語学習の時間を確保する必要があります。これを30代・40代で勉強するより、若い間に自己投資だと思って勉強しておくことは非常に価値のあることだと思います。

一回習得さえしてしまえば、多少英語を使わない期間の英語力の衰えはあるものの忘れてしまうものではありません。

1日で必要な時間は?

1年で学ぶのであれば、1日2時間30分〜3時間。2年間であればその半分の1時間30分程度の時間を1日の学習時間として確保が必要です。

だらだらと学ぶより、集中的に継続して学ぶ方が英語上達が早いので、1年間と期間を決めて勉強を始めるのがいいでしょう。

短期留学などで海外に行き英語を学ぶのも最短で英語習得を目指すことも可能です。

20代で英語を学ぶ人向けの最適な勉強方法とは?

英語習得は、前項でも説明した通り簡単にペラペラになるほど甘くはありません。1,000時間の学習時間を効率よく確保するための勉強方法を紹介します。

僕自身が実際に同様の方法で学んできたものや活用したことのある学習法なので、参考にしてみてください。

文法・語彙力を学んで基礎英語力を身につける

英語力に欠かせないのは、文法と語彙力(英単語力)です。

日本語と英語は全く異なる文法なので、英語の文章構成を理解する必要があります。正しい英文法を知らなければ、いくら英語を聞いても理解することができません。相手に伝えたいことを話すときでも、文法がめちゃくちゃでは正確には伝わりませんよね。

文法は必須で覚えておくべきものです。

おすすめは、「一億人の英文法」です。英語を話すための文法を学べるのでまずはこの1冊をまるっと覚えておきましょう。

また、英単語力がなければ文法を知っていてもハイレベルな会話もできないので学ぶ必要もありますね。英単語力を学ぶ上でポイントなのが「意味と発音」をセットで覚えることです。

これまでの中学・高校の勉強は、試験で解くための英語力なので実践的ではありません。

以下の3つをゴールにして英語の勉強しましょう。

  • 英語を見て意味を答えられる
  • 英語を聞けて意味を理解できる
  • 英単語を正しく発音できる

おすすめの学習本は、語学出版社のアルクが提供するキクタンです。英語レベルに合わせて単語を学べるのに加えて、CDで英語の発音もしっかり学ぶことができます。

iPhoneであればアプリ版もあるのもおすすめです。

リスニング力を鍛える。オンライン英会話

英語の基礎知識を増やしたあとに、必要なのは英語のスピーキング力とリスニング力です。

その中でも重点的に学びたいのはリスニング力です。ネイティブの英語を聞けない限り、英会話は成り立ちません。

スピーキング力に関しては、語彙力・文法力が多少間違っていても相手に伝えることはできます。

完璧を目指すのではなく、英語を聞けて理解する力を養うこと。ここをポイントに置いてオンライン英会話を活用しましょう。

オンライン英会話では、聞くだけでなく英語を話す量も講師と1対1なので圧倒的に取ることができるのでコミュニケーション能力も磨くことができます。

おすすめのオンライン英会話は、英会話レッスンが受け放題のネイティブキャンプです。

今すぐレッスンなら月額5,500円で英語レッスンに制限がなく、学習目的に合わせたオンライン教材を活用できるのに加えてPC以外にも専用のスマホアプリでレッスンが受講できるので手軽にできるのもポイント。

様々な国の英語講師がいるので、いろんな英語に触れて勉強できるのも魅力的です。7日間の無料体験ができるのでまずは使ってみるのをおすすめします。

ネイティブキャンプ

継続学習ができる方法を作る

インプット学習として参考書などを活用して、英文法・語彙力を鍛えながらオンライン英会話を活用して話す練習をすることで効率よく英語を学ぶことができます。

プラスして、スマホアプリも活用しましょう。

オンライン英会話は、英語を話す必要があるのである程度静かな場所や周りに迷惑のかからない場所である必要があります。

スマホアプリなら通勤や空いているスキマ時間を活用して英語の勉強に取り組むことができます。ゲーム感覚で学べるものも多いので活用しましょう。

おすすめなのはリクルートが開発したスタディサプリEnglish。

英語レベルに合わせて日常で使える英会話フレーズを学べるスマホアプリ。

リスニング力・スピーキング力・ライティング力・リーディング力・単語力全てが鍛えることができるようになっているので総合的な英語学習をすることができます。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

最後に:英語学習には近道はない。

実際に、僕も英語力はまだまだだなということは多々あります。これまで英語を勉強してきた中で、思うことは英語学習に近道はないということです。

大事なのは英語学習の目標を持つこと。

英語を学んで、「世界中を旅するために英語を学ぶ」でもいいですし、「仕事で使える英語力を身に付けたい」など、具体的な目標を持つことが大切。

英語学習で使えるコンテンツは、IT・テクノロジーの発展で手軽になってきているので早いうちから英語を学び、海外に出て行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です