Macbook Pro(2016)を3週間使ったメリット・デメリット【レビュー記事】

10月に新型Macbook Proの発表があって、待ってましたということで購入を決めました。

これまで使っていたのはmacbook airの11インチで2年間ぐらい使っていたのですが、流石にガタが来ていたのでMacbook Pro 13インチに買い替えをしました。

タッチバー付きのMacbook Proにするかは悩んだのですが、タッチバーなしのMacbook Proにしました。

新型Macbook Pro(2016)13インチ

購入したスペックはアップグレードしたのでこんな感じです。

• 2.0GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
• 16GB 1,866MHzメモリ(+20,000万円)
• 512GB PCIeベースSSD • Intel Iris Graphics 540(+20,000万円)
• バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)

メモリは多いほうが良いし、データ容量も256GBだと少なすぎるのでメモリとSSDは、アップグレードしました。

最低スペックの値段が、税込価格で160,704円ですがアップグレードしたので購入価格は税込価格で¥203,904です。

タッチパネル付きで、同じようにアップグレードすると236,304円(税込)するので周辺機器などを買い揃えるとなると予算オーバーだなと思い断念しました。

カラーは、スペースグレイでキーボードは今使っているMacbook air 11インチと同じくUSキーボードに選択。

Macbook Air11インチと新型Macbook Pro13インチの比較

Appleは箱からかっこいい。

macbook-pro2016-04

購入した「スペースグレイ」のMacbook Pro。シルバーとは違うかっこよさがあります。

macbook-pro2016-01

これまで使用していたMacbook air 11インチと比較。

Macbook Proが13インチなんですが、同じサイズ何じゃないかなとまちがえちゃうぐらい今回のMacbook Proは軽量化されています。

macbook-pro2016-03

あとは、Appleのロゴマークが光らなくなったので、シルバーでカラーリングされています。Appleが光らないのは寂しいですね。

Macbook Air を上に載せてみた画像。やっぱり少しMacbook Proのほうが大きいです。

macbook-pro2016-02

実際に持ってみると、少しMacbook Proの方が重いですがそんなに気になるほどではないです。

Macbook air 11インチが1.08キロで今回購入したMacbook Pro13インチは1.37キロなので300グラムしか差がありません。

ちなみにMacbook air 13インチを持っている人は、1.35キロなので重さは殆ど変わりません。

3週間Macbook Proを実際に使ってみての感想

購入を決めたのが10月30日で、到着したのが11月6日。

Macbook airはかなりガタが来ていたので早くこないかなーと思って1週間後にやっと到着して、新型Macbook Proを使って3週間経ちました。

まず、第一に使ってみて思ったのがキーボードの打ち心地に違和感を覚える。

Macbookが出たときもバタフライキーボードのことは多く言われていましたが、やっぱり使い心地は以前のMacbookの方が断然良い。

でも3週間使っているとさすがに慣れてきます。

そして、Macbook air 11インチと比べると流石に比較にならないかもしれませんが、とにかく早い。標準で立ち上げたり使っているのはこんな感じ。

・Google Chrome15〜20タブ
・Photoshop
・Microsoft office(パワーポイント、エクセル)
・Skype
・Chatworks
・デフォルトのメール
・Evernote
・iMovie
・Prezi(プレジ)
・LINE
・050+

あとは、Google Driveやハングアウト、DropboxやFTPソフトなんかもよく使うので結構不可は掛かってます。

これでMacbook airはガタガタ行ってましたが、Macbook Proはやっぱり早い。そして解像度が高いので画面もキレイ。

自宅でも外でも作業をするのですが、持ち運びにも少し重いですがそこまで大変な重さでもないし、USB-Cのことは賛否両論ありますが、USBとか常時使うこともないのでストレスを感じたことは特にないので今のところ良い感じです。

新型Macbook Pro用に新たに購入したもの

自宅でMacbookを使う時は、外部ディスプレイに接続をしているので、HDMI接続が出来る変換アダプターが必須で、クライエント先でプロジェクターなんか使う時に、USB-Cだと出来ない場合がほとんどなのでこれは必須で購入。

USB接続も可能になります。購入時の価格は2,699円。

HDMIの接続が1個でいいっていう人は、1個のもありますがUSB-Cの接続が2つしかないのでそれを考えるとあまり理想的じゃない気がします。

そして、もう一つ買ったのがミニサイズのUSB Type-C の変換コネクタ。

セミナーなどでプロジェクターを使わないなんて時は、基本これで十分です。USB接続したいときや外出先でiPhoneを充電したいなんてときに重宝するし、なんて言ったって小さい。

かさばらないので持ち歩きに便利です。購入時の価格は、688円です。

追加で購入したアダプタも合計金額3,500円ぐらいですみました。

新型Macbook Proを使ってみたまとめ。

実際に新型Macbook Proを使ってみて使いやすいし軽量化されていてすごい嬉しいのですが真新しさは特にないかなという印象です。

タッチバー付きであれば、実際に使える機能も増えるのかなと思います。

でも、真新しさを求めず普通に使う分には、今回購入したMacbook Pro 13インチは良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です