プレゼンツールPrezi(プレジ)で最高にかっこいいプレゼンを。

プレゼンツールのPrezi(プレジ)のプレゼンテーションがすごすぎる。

コンサルティング活動やクライエント先でのプレゼンの際に、話し方や伝え方以外にも資料は「インパクト」が大事ですよね。

いざという時に役立つのは資料の完成度や分かりやすさでもあるので、少し伝え方が下手でも資料が良ければ回避出来ることもよくあります。

ビジネスシーンで、プレゼンやセミナーなどする機会がある人は是非、知ってほしいプレゼンツールがPrezi(プレジ)です。セミナーやプレゼンがあったので1ヶ月ほど使ってみたので、ご紹介したいと思います

プレゼンツールPrezi(プレジ)

ビジネスシーンで大活躍のプレゼンツール

プレゼンテーションと言えば、パワーポイントやGoogleスライドなどを想像する人が多いと思いますが、やっぱり自由度も低くなんだかださい。

もちろんパワーポイントを作った資料が紙媒体で使用する用途なら重宝して便利なのですが、クライエントへの重要なプレゼンやセミナーなどを開く時は伝えやすく「インパクト」がある「印象」に残る方が間違えなく良いと思います。

ビジネスで成約率やクライエントからの信頼を勝ち取るには、プレゼン力は必須だし、フリーで活動している私もこのPrezi(プレジ)に幾度となく助けられています。

Prezi(プレジ)を簡単に説明するとこんな感じ。

・インパクト大。クライエントへのアピールポイントが上がる
・自由度が高い
・とにかくおしゃれ

個人的には、パワーポイントと比べると確実にPrezi(プレジ)のほうが確実に印象深いプレゼンが出来ることは間違いないと思う。パワーポイントの場合は、スライドの枠に伝えたい情報を集約する必要がある。

1スライドに伝えたい情報が多い場合は、文字を小さくしたり、削ったりスライドを増やしたりと本来伝えたい情報を削ぎ落とさなければいけないなんてこともある。

それに比べて、Prezi(プレジ)の場合は、無限にプレゼンしたい内容を広げることが出来るからサイズに制約されない。だからこそ7500万人のユーザーに使われていて、カンファレンスでも有名なTEDトークのプレゼンでもよく見かける。

実際のプレジはこんな感じです。少しスライドをするだけでもPreziがどんなプレゼンツールが分かると思います

Preziを使うには?

Prezi(プレジ)は、以前までは一部無料で使えるプランがあったんですが、もう既になくなってしまいました。個人で契約するには、料金プランに申し込む必要があります。

prezi-price

Enjoy・Pro・Pro Plusと3つの料金プライスがあるが、個人的に1番おすすめなのはProです。ストレージも無制限だし、オフラインアクセスが付いている。

Prezi(プレジ)は基本的にインターネットエクスプローラーやGoogleクロームなどのウェブブラウザでプレゼンを作るんですが、Proに登録すればアプリケーションをダウンロードしてインターネット環境がない場所でも作業やプレゼンを使うことが出来る。

そんなに使用頻度が多くないよって人は、Enjoyで良いと思うがプレゼン資料を作り込んでよくプレゼンをする機会がある方は断然Proをおすすめします。

Enjoyが年間契約をして月4.92ドルに対して、Proは13.25ドルと少し料金が高い気もしますが、1400円ぐらいで良いプレゼンが出来るなら安いと思う。

支払いは、クレジットカードかPaypal支払いで選択できます。

Preziの使い心地は?

prezi-use

ダウンロードするとデモンストレーションがあるので使い方は、そこで大体の操作は覚えることが出来ます。これまで使ってきたパワーポイントとは使い方が異なるので、一番最初に作ったプレゼン資料は少し時間がかかりました。

それでもやっぱり、Preziはかっこいい。実際にクライエント先でのプレゼンでもわかりやすく伝わったんじゃないかなと思います。テンプレートがあるので、自由度が高い分1から作るのは時間がかかるので最初はテンプレートをカスタマイズする形が良いかなと思います。

また、プレゼン資料を作成中に人にアドバイスを貰いたいなってときなんかに、プレゼン資料をURL公開できるので、第3者に簡単に送れて見てもらいながらアドバイスをしてもらったり出来るのが良いかなと思います。

Preziのデメリットは?

実際に使ってみて、スライドという括りがないので印刷して配布する資料にはやっぱり無理だなと。また、クリエイティブに物事を伝えたりするにはすごいおすすめかなと思うのですが、プレゼン資料も紙で欲しいなんて企業もまだまだ存在するのでそういった場合ではパワーポイントの方が重宝するかなと言う印象です。

まとめ

プレジの利用は月額費用は掛かりますが、プレゼンやセミナーなどを頻繁に行う人は使ってみる価値はあると思います。ただ、プレゼンツールはPrezi(プレジ)だけで充分ってわけではないので、パワーポイントと使い分けが大事かなと思います。

プレゼンツールPrezi(プレジ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です