アドレス(Address)とは?

仮想通貨におけるアドレスとは、銀行の口座番号のようなもので、コインを受け取る際に利用します。

ビットコインや仮想通貨の話題でもよく出てくる単語ですが、より詳しく簡単に解説していきます。

仮想通貨のアドレス(Adress)について知りたい方向けの記事です。

仮想通貨でよく聞くアドレス(Address)とは?

日本円などの現金を管理する方法として、銀行預金という形で管理したりしますよね。ビットコインの場合は、ウォレット(財布)上で通貨の管理を行っています。

そのウォレット上で管理されている際の口座番号のようなものをアドレスと呼びます。

ビットコインの場合のビットコインアドレスは、「1」または「3」から始まる27〜34文字の英数字から生成され、文字列を含んだものやQRコードで表示されます。

ビットコインを送金する際には、送付先のアドレスに対して行い、送付先のアドレスの秘密鍵(プライベートキー)宛に対してビットコインを送付していきます。

ビットコインアドレスの取得方法

ビットコインアドレスは、主に以下などから生成することができます。

  • ビットコインアドレス生成サービス
  • ビットコインウォレットサービス
  • ビットコイン取引所

生成自体は難しい作業がないので、簡単に取得が可能です。また、複数のアドレスを保持することができるので取引毎にアドレスを変えるなどすることでセキュリティ面で安心して利用が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です