アルトコインとは?

アルトコイン(altcoin)とは、alternative coinの略でビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)の通貨のことを言います。

ビットコインが注目を集めていますが、アルトコインの代表例として以下のようなコインがあります。

  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin)

上記の代表的なアルトコイン以外にも日本初のモナーコイン(MonaCoin/MONA)などたくさんの仮想通貨が存在します。

アルトコインの特徴

アルトコインは、仮想通貨の代表格であるビットコインの技術を元に誕生しているため「ビットコイン+α」の機能を持っているケースがほとんどです。

そのため、ビットコインで使われている仕組みを改良し、より便利な通貨として流通しています。これから通貨としての「決済」「貯蓄」「投資」などの有用性のある通貨が開発され、世の中に流通していくでしょう。

アルトコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です