【集客方法25選】最適な集客の仕方を完全マスター

マーケティングの基本。分析の重要性

サービスや商品を作ったけど、集客が上手くいかない。どうやったら集客が上手くいくか知りたい。

この記事では、最適な集客の仕方とその方法についてネット・リアルな場を分けて紹介して行きます。

サービスや商品を宣伝するためには、「集客力」は非常に重要です。集客さえできれば、それに見合う価値(サービス・商品)提供さえできればビジネスは成り立ちます。

集客力を付けることができれば、あとはサービス提供に専念できることにもなるため集客方法についてステップごとに詳しくまとめていきます。

集客の目的と方法を考える

集客の目的は、最終的に「サービスの利用」「商品の購入」をしてもらうことです。

ただ、集客とは方法やサービスによってもどのユーザーを集めたいかは異なります。ざっくり、下記の4つの分類に分けられます。

  • 見込顧客(今後お客様になってくれそうな人)
  • 新規顧客(新しくサービスを利用してくれる人)
  • リピート顧客(サービス・商品を再度購入する人)
  • 休眠顧客(一定期間サービスを購入していない人)

新規サービスであれば、見込顧客の創出と新規顧客獲得が課題となります。

マーケティング上の集客は、最終的な購入まで目指すのは営業の力であるケースもあるので、第一に考えなければいけないのは、導線設計です。

集客の導線設計とその重要性

マーケティングをする上で、顧客を集める集客。ビジネスを成功に導くには、顧客が求めているものをサービス・商品として価値提供することです。

まずは、集客をする前に以下のステップで「ユーザーへの価値提供」「ユーザーへの集客方法」を考えて行きます。

  • 自社サービスを徹底的に分析する
  • ペルソナを作る
  • 最適な集客方法を選んで導線設計をする

自社サービスを徹底的に分析する

集客・マーケティングが失敗するケースとして、サービスや商品が市場とマッチしていないというケースがあります。

ユーザーのニーズが多様化している中で、市場がどのようなものを求めていてどのユーザーに対してそのサービスをリーチ(訴求)していくかを考える必要があります。

市場とのズレや事業が失敗する確率を最小限にするための事業戦略をしっかり組んでおきましょう。また、分析の際は必ず複数人で行いましょう。偏ったアイディアや考えは、都合の良い方向に物事を考えてしまうケースがあります。

マーケティング・ビジネスを作り上げて、分析や戦略を立てるのにおすすめのフレームワークは以下の記事でまとめています。

ペルソナを作る

ペルソナとは、商品やサービスを利用する顧客像のことを指し、実際に存在するかのような人物モデルを作ることを言います。

ペルソナは、提供するサービスや商品を一番に使うであろうユーザーを作り上げていくので、ユーザー視点で考えていくことで集客やマーケティングを最も効果の出るであろう施策で実行ができます。

ペルソナに関しては、詳しく以下の記事でまとめています。

こちらのペルソナも複数のメンバーで考えておくといいでしょう。実際に考えたペルソナとユーザーの乖離があるケースもあるので、常にアップデートしていきます。

最適な集客方法を選んで導線設計をする

「ネット上の集客が主流だから同じようにやってみよう」「インスタグラムやツイッターなどのSNSが良いらしいから活用してみよう」という曖昧な根拠で集客を行うのは危険です。

ペルソナとマーケティングのフレームワークで自社サービスを分析したらそれに対して最適な集客方法を考えていきます。

既にサービスを利用するであろう「ペルソナ(ユーザーモデル)」が決まっている状態で、自社サービスの分析が完了しているので「価値提供・差別化ポイント・優位性」なども明確に見えているはずです。

しっかりと集客の導線設計を作っていきましょう。以下の記事でも解説しています。

## 集客方法をカテゴリ別にまとめ【15選】
ユーザーを集客するためにオンライン上のネットマーケティングとリアルの場で集客方法で分けて紹介していきます。

集客方法はテクノロジーの発達で、様々な方法がありますが主流のものをまとめているので参考にしてみてください。

集客方法【オンライン・ネット編】

インターネットを通じて集客する方法について紹介して行きます。自社でハンドリングできるものも多く、データ分析も容易いので業種・業態に関わらずおすすめな方法です。

1.ウェブサイト

集客方法ウェブサイト

自社運営しているウェブサイトは、商品やサービスの紹介をしていくことになるので、「新規顧客獲得」「見込み顧客創出」「信頼度(会社)」などの役割を果たします。

まずは、「地域名+商品名」あたりでSEO対策をして、顧客獲得を狙っていくのがおすすめです。例えば、店舗系であれば以下のような形です。

  • 英会話スクール=「英会話 新宿」
  • ネイルサロン=「ネイルサロン 渋谷、ネイル 渋谷」

ウェブサイトでの集客も人の目に触れなければ意味ないので、その点での導線設計と最終的に顧客を作れるサイト設計が必要になります。

2.ランディングページ

集客方法ランディングページ

ウェブサイト以外にも自社で運営しているサイトでランディングページと呼ばれるものもあります。

マーケティング上で称されるランディングページは、広告運用などとセットで使う集客・宣伝用ページで1枚のページ内で上から下まで読んでいくことで購入・販売を誘導するページです。

必要に応じてランディングページの作成も検討しておくと良いでしょう。

参考サイト:ランディングページ集めました。

3.オウンドメディア(ブログ)

集客方法オウンドメディア

コンテンツマーケティングの代表であるオウンドメディア・ブログも集客方法としては最適です。

Amebloなどのブログ構築ができるものもありますが、集客目的であればWordpressが主流でおすすめ。

このサイトもWordpress上で運営されているブログで、ユーザーに対して価値のある情報を発信することで見込み顧客の育成から新規顧客獲得につなげることができます。

4.SEO対策

集客方法SEO

オウンドメディアやブログとセットで使われることもあるSEO対策ですが、Search Engine Optimizeの略で検索エンジン最適化の意味を持ちます。

検索エンジンであるGoogleに対して、サイトを最適化することでウェブサイトを検索結果に上位表示させる方法です。

ブログなどコンテンツをSEO対策をしながら記事制作をするのに加えて、ウェブサイトを適切な内容に修正したり、内部対策をする方法です。

内部対策をがっつりするのであれば、業者などを活用することになるでしょう。中長期的な集客法です。

5.ウェブマンガ

集客方法ウェブマンガ

マンガをウェブで活用することで、マーケティングに生かす方法も主流になりつつある集客方法です。

LP(ランディングページ内)に活用してみたり、ウェブサイトのCTA(コンバージョンを誘導するポイント)などにマンガを差し込むなど活用できます。

実際に使うユーザーがサービス利用をイメージしやすくなるので、集客数を増やしていくことができます。

ウェブマンガを活用するのであれば、以下のサイトがおすすめです。

参考サイト:マンガマーケティングのSHIN FIELD

6.メルマガ

集客方法メルマガ

メールマガジンは、インターネット集客の代表的な方法の一つ。メール離れもありますが、メールアドレスは誰しもが持っているものでしょう。

ウェブサイトやブログなどを活用して、メールアドレスを入手しておくことでキャンペーンやイベントなどの情報を定期的に配信が可能です。

まだまだ有効な手法の一つですし、他の集客方法と連携して効果を上げることができます。

7.Facebook(フェイスブック)

集客方法Facebook

Facebookは、世界中でも使われているSNSで日本国内で2,800万人以上利用されています。

Facebookの個人アカウントで発信する方法もあれば、Facebookページで企業やサービスの宣伝用のアカウントを発行し情報を発信していくことが可能です。

Facebook上での広告配信も可能です。

8.Twitter(ツイッター)

集客方法Twitter

140文字内でつぶやきができるSNS。国内の月間アクティブユーザーは4,500万人以上で、気軽に発信ができるのがポイント。

ユーザーのファン化・見込み化するのにおすすめで、ブログなどとの相性やブランディングにも活用できます。

9.Instagram(インスタグラム)

集客方法インスタグラム

写真で風景・文化・日常などの瞬間を伝えることができるSNS。

Instagramを使ってカフェやおすすめスポットなどを探すユーザーも増えつつあり、国内で2,000万人のユーザーが利用し、アクティブ率が約85%とユーザーの層が濃いのもポイント。

美容系・飲食関連のブランディングは特に効果が出やすく、ECサイト系も相性が良いという点があります。

写真で宣伝できるものであれば、ありでしょう。

10.YouTube(ユーチューブ)

集客方法YouTube

動画で発信をするのであれば、YouTubeでもありでしょう。Facebook・Twitter・Instagramと動画を使ったマーケティングは主流になっているので、YouTubeも合わせて活用すると良いでしょう。

特に、サービスの使い方や価値を伝えるのに動画でわかりやすく発信できます。

11.Google +(グーグルプラス)

集客方法Google Plus

海外では利用者数の多いGoogleが提供するSNSですが、日本ではそこまで浸透していません。

ここで積極的に発信をして集客につなげるには物足りないですが、Google+というSNSがあるということは知っておおきましょう。

12.LinkedIn(リンクトイン)

集客方法LinkedIn

海外でのビジネスシーンで利用者が多いLinkedIn。

日本ではあまり人気がなく、利用者数も少ないですが海外でのマーケティング(特に欧米圏)で進めるのであれば登録しておきましょう。集客というよりかはPRなどで活用することになるでしょう。

13.Pinterest(ピンタレスト)

集客方法Pinterest

ピンタレストは写真を主体としているSNSです。ブックマーク機能がメインで、集客としてはコンテンツマーケティングと相性が良いメディアです。

ウェブページのブックマークを共有するために使われる事が多いので、ピンタレストで登録をしておき、サイト流入を狙うということもできます。

あくまで、サブ的な役割で活用すると良いでしょう。

14.LINE@

集客方法LINE@

LINEは、チャットツールとして日本人ユーザーの連絡手段として主流のツールです。

LINEと連携したクーポン機能やビジネスアカウントLINE@で情報発信が可能。LINE@では登録者に向けて一切配信ができるので、メルマガよりも効果を出すこともできます。

無料で利用もできるので、手軽に使えるのもポイントで集客に活用したいSNSメディアです。

15.その他SNS

集客方法その他SNS

代表的なSNSを紹介してきましたが、それ以外にもWhatApp、カカオトーク、Snapchatなど多くのSNSが存在しています。

マーケティングしたい場所によっても使われているメディアが異なるので、リサーチをしておくと良いでしょう。

16.オンラインサロン

集客方法オンラインサロン

オンラインサロンとは、オンライン上で繋がれる会員制のコミュニティです。

個人ブランディングで利用している人からメンバーで利用している人もいます。代表的なプラットフォームとして、「DMMオンラインサロン」「Synapse(シナプス)」があり、どちらも運営元はDMMなので使いやすそうな方を選びましょう。

仕組み自体はそこまで難しくないので、運営しているウェブサイトを活用してオンラインサロンの仕組みを作ることもできます。

17.マッチングプラットフォーム

集客方法プラットフォーム

シェアリングエコノミービジネスが浸透して、BtoC・CtoCでマッチングをするばも増えつつあります。

無形商材や個人系サービスの集客であればプラットフォームを活用するのもありです。

ココナラ |みんなの得意を売り買い スキルのフリーマーケット

【タイムチケット】|わたしの30分、売りはじめます。

【ストアカ】|まなびのマーケット 国内最大級スキルシェア

Udemy|オンラインコース – いろんなことを、あなたのペースで

提供するサービスに合わせて利用してみましょう。

18.リスティング広告

集客方法リスティング広告

Google Adwords広告やYahoo!プロモーション広告の主に2つでリスティング広告を出すことができます。

「検索連動型」と「ディスプレイネットワーク」で、ある程度広告予算を運用できるのであれば即効性のある集客方法です。

クリックされるごとに広告費用が消化されていき、指数をチェックしながらみていくことで効果を出すことができます。

19.アフィリエイト広告

集客方法アフィリエイト広告

アフィリエイトは、成果報酬型のウェブ広告の一つ。広告主側が成果条件を決めて、それに対してアフィリエイターが自身のメディアで集客を行います。

集客で成果が発生したらそれに対して広告主側が支払うという仕組みです。実際にアフィリエイト広告を利用してかなりの成果を出した経験がありますが、重要なのは訴求ポイントをはっきりとすることです。

サービスの価値が高くペルソナ・ターゲットが明確なほど効果も出やすいです。

有名なASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)はA8ネットです。

A8.net

A8の場合は、アフィリエイター登録をするだけでどのような企業が広告を出しているかを閲覧できます。広告主として掲載する前に、メディア登録(アフィリエイター登録)をすることで、競合調査もできます。

20.その他のウェブ広告・媒体

集客方法 その他媒体

そのほかにも業種などに絞った集客用のサービスも探してみましょう。

例えば、引っ越し比較サイトには資料請求を一括でできるサイトなども存在します。業種によってこのような資料請求サイトは数多くあるので探してみると良いでしょう。

また、他者が運営しているネット媒体を介して集客をしてみるのもありです。プレスリリースなんかもインターネット上でPRするにはありです。

集客方法【リアル編】

ネットを介さずに、リアルの場面で集客する方法です。

ネット上でのマーケティングはデータを活用しながら、戦略を練っていきますがある程度リアルの集客法は実数値が出やすいという面もあるので、適宜活用してみましょう。

1.営業代行

集客方法営業代行

集客が苦手なのであれば、その道のプロに外注するのもありです。リソースを外注で補うのも一つの方法です。

成果報酬として営業代行を使うことで無駄なコストを掛けずに、集客が可能です。

2.チラシのポスティング

集客方法チラシポスティング

店舗系のビジネスであれば、マーケティング分析・ペルソナにあった訴求でチラシを作成し、効果の出そうな地域に配布するのもありです。

外注でポスティング業者に依頼して効率化を計りましょう。

3.チラシ・ティッシュの配布

集客方法チラシ・ティッシュ配布

チラシやティッシュを駅前や店舗近くで配布する方法もあります。獲得率によっては採算が合わない可能性もありますが、店舗系(教室・塾・サロン)などには相性が良いので利用してみるのも良いでしょう。

4.口コミ・紹介マーケティング

集客方法口コミ・紹介マーケティング

既に既存顧客がいるサービスであれば、口コミ拡散や紹介はかなり角度が高い方法です。ネットを介して口コミを広げることはできますが、リアルな面で紹介を取ることができるのは集客としては効率が良いと言えます。

紹介者・紹介される側に特典を付けるなどすることで紹介の広がりは簡単に増やすことができます。

入学金・登録料無料/10%割引/クーポン配布/

などある程度ユーザー特典を準備しておくと良いでしょう。

5.他社媒体を利用する方法

集客方法 他者媒体を利用

全国紙、地方紙、専門誌、雑誌、電車広告など、ネット以外にも他社媒体を利用する方法もあります。

費用対効果も考えつつ、効果が出るという判断であれば利用してみると良いでしょう。

最後に:集客方法は提供サービスとマッチしているかを最優先に!

集客を効果的に行う基本は、前項でも説明した以下の3つです。

  • 自社サービスを徹底的に分析する
  • ペルソナを作る
  • 最適な集客方法を選んで導線設計をする

しっかりとサービスと実際に使うユーザーを分析した上で、最適な集客方法を選別しましょう。今回紹介したのもあくまで一例なので、競合や類似サービスを活用して集客案を練ってみると良いでしょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です