ビットコインの仕組みとは?わかりやすくシステムを解説したよ。

ビットコインはインターネット上で使うことができる仮想通貨のことを言います。

仮想通貨の言葉から、実体のない仮想な通貨で「保有してなくなったりしないのかな?」疑問に持つ人も多いでしょう。

ビットコインは世界中の人々が協力して正しい取引がなるように維持されている通貨ですが、そんな謎の多い通貨の仕組みを分かりやすくまとめました。

ビットコインの仕組みを理解したい!という方向けの記事です。

ビットコインの仕組みとは?

ビットコインとは、インターネット上でやり取りできる通貨のことで「仮想通貨」、「暗号通貨」と言われています。

2009年にビットコインのシステムが誕生したと言われており、ビットコインが社会経済の仕組みに浸透しつつあります。その理由は、ビットコインの仕組みが信頼できると認められ始めてきたからです。

そのシステムが「P2Pネットワーク」と呼ばれ、ビットコインの仕組みを知るにあたり重要な点なので解説していきましょう。

P2P分散型仮想通貨(ピア・ツー・ピア)

日本円や米ドルなどの法定通貨は、中央銀行(日本円の場合は、日本銀行)や国が管理・運営をしています。

ビットコインの場合、法定通貨のように管理・運営する主体が存在していません。

では、だれが管理している?のという疑問がでてきますが、「P2Pネットワーク」で管理されています。

P2Pネットワーク

特定のメインであるサーバーでの管理ではなく、世界中の多くのコンピュータを通して維持・管理されているのをP2Pネットワークと言います。例えば、一つのコンピュータが攻撃されてダウンしても他の多数のコンピュータが同じデータを保有しているため、影響を受けないというメリットがあります。

このネットワークを使って運営しているのに、ビデオ通話のSkype(スカイプ)などがあります。

もっと分かりやすく説明するために銀行とビットコインのP2P型を比較してみましょう。

銀行とビットコインの違いは?

通常金融機関は中央集権システムと呼ばれるメインコンピューターで管理・運営されています。

ビットコインは、この銀行に相当する機関がありません。正確に言うと不要だからです。

送金情報などの取引に関わるデータが、世界中にあるパソコンで管理されていて全員が同じ情報を保有しています。

中央集権型のシステムの場合はメインコンピューターが攻撃(ハッキング等)受けた際に、ダウンしてしまえば全てのシステムが奪われてしまいますが、ビットコインはその心配が不要です。

取引データの塊である(ブロック)が世界中のサーバーに分散されて、インターネット上で(チェーン)と繋がっています。このブロックチェーンという仕組みで運営されています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンを一言で表すと「台帳」です。

この「台帳」は、ビットコインネットワーク上に保存・公開されている全取引を履歴として残しています。「一定期間内の取引=ブロック」を「チェーンで繋ぎ合わせている」ので「ブロックチェーン」と呼ばれています。

ブロックチェーンとは?今さら聞けない基礎を分かりやすく簡単解説!

このような取引データであるブロックチェーンが、P2Pで全世界に分散されていて全てデータがインターネット上にオープンに開示されています。ただ、取引データが全世界の人が閲覧できるとなると少し不安ですよね。

ですが、それは大丈夫です。

インターネット上に開示されているビットコイン取引の口座情報を見ても、それを所有しているのが誰なのかは第3者からはわかりません。よって、所有額が他人に知られることもなければ、ウォレット自体は複数作ることができるので匿名性の高い通貨と言われています。

ある程度の仕組みを理解したところで、実際にビットコインの送金方法を確認してみましょう。

ビットコインの仕組み「送金方法」

ビットコインはインターネット上に存在する仮想の通貨。実体がない通貨ですが、どのように送金などの取引がされているか仕組みを見てみましょう。

AさんからBさんへ1BTC(ビットコイン)を送金すると仮定します。

そのとき、Aさんが送金できるビットコインの額はいくらあるかをP2Pネットワークで確認を行い、そのビットコインがAさんからBさん所有と変わったと取引記録(台帳)へ記入が完了すれば決済が終了となります。

ビットコインは実体はないですが、誰が保有しているかの記録を書き換えることで取引が完了し、ビットコインの保有者が変わるという原理です。

つまり、このブロックチェーンがビットコインの仕組みの中核を担っています。

ビットコインの取引成立の流れ

  1. インターネット(電子署名)を通じてビットコインを送金
  2. 取引をブロックチェーン上で記録する
  3. プルーフ・オブ・ワークで取引の正当性を証明する
プルーフ・オブ・ワークとは

プルーフ・オブ・ワークの直訳は、「仕事量による証明」各取引を認証するためのデータ/システムを指します。ハッキングやビットコインの偽造を阻止するために「仕事量」を増やして、稼働しているシステムのことを言います。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは?【ビットコインを理解する基礎知識】

取引の流れは至ってシンプルですね。ブロックチェーンが正常に行われているかを確認するプルーフ・オブ・ワークという仕組みでセキュリティを保っています。

もう少し、深掘りをしてビットコインがセキュリティの高い通貨と呼ばれているかを見ていきましょう。

ウォレットと公開鍵・秘密鍵も理解しておこう!

銀行口座の場合は、口座保有者をその発行元である銀行が情報を管理しています。そのため、通帳やキャッシュカードの紛失などをした場合は銀行が新しいカードを発行してくれます。これが中央集権型(管理主体がいる)の仕組みと言えます。

ビットコインの場合は、ウォレットと呼ばれるビットコイン専用の口座(財布)で管理していくのですがウォレットの発行には個人情報は不要です。

ビットコインウォレットとは?

こちらの記事で詳しく解説しています。
ビットコインウォレット徹底比較!5種類のメリット・デメリットまとめ。

では、どのようにウォレットで管理しているか?

ビットコインのウォレットは、「公開鍵」と「秘密鍵」の2つのキーで管理しています。

・公開鍵(パブリックキー)
一般に公開されている公開鍵です。他人に公開しても問題ない電子署名のことを言い、P2Pネットワーク上で管理されています。銀行口座で言う口座番号のような役割を果たします。公開鍵は暗号化されているため、特定の情報(個人を特定)を割り出すことはできません。

・秘密鍵(プライベートキー)
プライベートキーは、ウォレットを管理するために必要な秘密の鍵。銀行預金で言う、暗証番号の役割を果たします。

公開鍵が、銀行口座の役割を担っており、公開鍵をもとにビットコインアドレス(口座番号)が作られます。この公開鍵から作られたビットコインアドレスと暗証番号の役割を担う秘密鍵があることで始めて相手にビットコインを送ることができます。

注意

銀行預金に置き換えた時に、口座番号と暗証番号が外部に漏れてしまうと預金を引き出されたりする可能性もでてきますよね。ビットコインの場合は、プライベートキーを流出してしまうとビットコインを失う可能性があるため大切に管理する必要があります。

つまり、プライベートキーは自分で管理をする必要があり、他人には教えてはいけない情報ということです。

送金時は、「どのビットコインアドレス」から「いくら」送るかという送金情報を送金元であるビットコイン所有者が、「送金情報が間違いない」という承認のために秘密鍵を利用します。

この情報は暗号化されているため、ビットコインを受け取る側でしか解読できない仕組みになっています。

Point

暗号化された情報をもとにやりとりされているためビットコインは暗号通貨とも言われます。コンピュータが勝手に計算をしてくれるので、実際に私たちがする作業はほとんどなく、ビットコインを誰にいくら送るかを決めればいいだけです。

その際に、間違ったビットコインアドレスに送付してしまうとお金を失う可能性もあるので気をつけまる必要があります。

最後に

ビットコインの仕組みについて、解説していきました。今回説明した内容がビットコインの仕組みの全てではないですが、ここまで理解しておけば知識としては問題ないでしょう。

これまでの銀行のようなシステムとは異なるものですが、金融業界で注目をあつている仕組みなので早い段階から仕組みに慣れて利用してみることをおすすめします。

まだ、ビットコインを始めたことのない人であれば業界大手のビットフライヤーが安心して取引できるのでおすすめです。

ビットフライヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です