暗号通貨とは?

暗号通貨とは、暗号技術が利用されているインターネット上に存在する電子通貨で別名「Virtual Currency」とも呼ばれています。

全世界のどこでも利用することができて、国を越えての取引を可能としています。

ビットコインなどの暗号通貨は、仮想通貨と呼ばれることが多いですが以下の様なものも含まれるため正式には暗号通貨と呼ぶほうが正確です。

  • WebMoney(ウェブマネー)
  • BitCash(ビットキャッシュ)
  • オンラインゲームで利用されるゲーム内の通貨
  • etc…

電子マネーは、その地域で使われている通貨を利用して電子的に決済を行うために存在しているため電子マネーは暗号通貨ではありません。(※日本で使われる電子マネーは、日本円と紐付いているため)

暗号通貨と法定通貨

暗号通貨の対義語として、法定通貨が上げられます。

法定通貨は日本円や米ドルなどは国家・政府・銀行が価値を保証していますが、暗号通貨にはその管理主体がない通貨です。

暗号通貨と法定通貨では、この管理主体があるかないかが決定的な違いです。

暗号通貨という名称になった理由として、暗号通貨の先駆けであるビットコインの正式名称が暗号通貨ビットコイン(Cryptocurrenct Bitcoin)と呼ばれていたため暗号通貨と言われるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です