デジタル署名・電子署名とは?

電子署名とは、データ上で本人確認ができる仕組みです。紙の契約書にサインする役割をデータ上で活用できるイメージですね。その中で、公開鍵暗号を使ったものをデジタル署名と言います。

広義では、電子署名とデジタル署名は同じような意味で使われますが少し意味がことなりますが、同義語として説明します。

デジタル署名を利用することで、以下のことが可能となります。

  • 相手(送金者)の確認
  • なりすましの防止
  • 改ざんの防止

デジタル署名があることで、インターネットを安心して利用することができます。ビットコインで言うと、デジタル署名は取引に置いて中核的な役割を担っています。

一般的には、以下の流れでビットコインに置いて使われます。

  1. アドレス(公開鍵)と秘密鍵を生成
  2. 送信者が、ビットコインのデータと送信先アドレス等を関連付けたデータを、ハッシュ関数を適用し、秘密鍵でデジタル署名をして送信
  3. 送信者の公開鍵を利用して受信した署名を検証する。

ビットコインの場合は、秘密鍵と公開鍵を使って本人であることを証明するため、この2つが電子署名の代わりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です