デジタルノマドとは?経験者がメリットを解説【人生の幸福度は高い】

デジタルノマドとは?経験者がメリットを解説【人生の幸福度は高い】

デジタルノマドとして旅と仕事を両立させつつ、経営をしているYOSHI(@kazushiyoshidaa)です。

働き方の一つとして増えつつあるデジタルノマド。主にITスキルを持ち、拠点を変えて好き場所で働くスタイルのノマドのことをデジタルノマドといいます。

僕自身もデジタルノマドとして世界各地・日本全国を移動しながら拠点を変えつつ、働くスタイルを取っています。

この記事では、以下のことについて僕自身の経験を踏まえてまとめていこうかなと。

  • デジタルノマドとは?
  • デジタルノマドとして働くメリット
  • 僕のデジタルノマド生活を紹介

デジタルノマドについて知りたい人やこれから目指している人の参考になればと思います。

デジタルノマドとは?

デジタルノマドとは?

デジタルノマドとは、「デジタル+ノマド」が合わさった造語です。

デジタルはIT系のことを意味して、プログラマー・デザイナー・マーケターなどITスキルを働く人であり、ノマドワーカーはロケーションフリーで好きな場所で働くスタイルのことを言います。

ITを活用して仕事をしながら旅するライフスタイルで、基本的にPCとインターネット環境があれば完結するライフスタイル。

僕自身の仕事もPCとインターネット環境があれば働けるライフスタイルであり、国内外を旅しつつ、生活をしています。

海外ノマドと言われることもあり、最近ではフィリピン(セブ・マニラ・ドゥマゲッティ)、ベトナム(ホーチミン・ダナン)・ハワイ・バリ島あたりを好きに旅をしながら働いています。

最近では、セブ島のカフェをメインに働いていました。

デジタルノマド的な働き方は、「場所と時間」の拘束がないので、好きなときに好きな場所で働くライフスタイルを取ることができますし、物価の安い国を移動しながら、日本の案件で日本円を稼ぎつつ生活も可能。

物価が低ければ、生活費を下げれるので旅をしつつも、ライフスタイルの質を上げるなんてこともできます。

デジタルノマドを今すぐ始めるべき3つのメリット

僕自身はデジタルノマドとして働き始めて、3年目ぐらいになりました。

控えめに言って、旅をしながら自由に働くスタイルは最高です。

実際に僕が経験した内容も踏まえて、デジタルノマドでいるメリットについてまとめました。それは以下の3つ。

  1. デジタルノマドは旅と仕事を両立できる
  2. 行動していくことでスキルは積める
  3. ストレスフリーで収入は伸ばせる

順に解説していきます。

1.デジタルノマドは旅と仕事を両立できる

デジタルノマドは旅と仕事を両立できる

デジタルノマドのメリットは旅と仕事を両立して仕事ができるということ。

僕の場合は、東南アジアをメインに拠点を変えつつ、仕事をしています。

理由として物価が安いから。

日本で案件を受けて、収入を増やしつつ東南アジアであればコストを下げて生活することができます。

例えば、Web制作案件なら低く見積もっても1サイト20万円ぐらいは稼げますし、マーケティングコンサルとかなら月20〜30万円ぐらいの固定報酬案件は山程あります。

仮に、月20〜30万円の売上だとして日本に住むとリビングコストだけでほぼ消えていきます。それが東南アジアなら日本円を稼いで、物価の安い東南アジアで働くことができるので、生活コストを下げることが可能。

僕がよく訪れるフィリピン人の月給は3万ほど。高級コンドミニアムに住むなら5万ほどあれば可能で、物価も安い。そう考えると人生イージーゲームですね。日本人である特権を活かせるという意味でもデジタルノマドは始めるべき。

関連記事:日本のパスポートは信用度最強【これを利用して旅に出ない理由はない】

デジタルノマド的な働き方であれば、収入を伸ばしていくことで旅する地域を東南アジアからアメリカ、ヨーロッパなどの物価の高いところでも行けるようになりますし、2拠点で生活するデュアルライフをすることも可能。

ノマドとして有名な高城剛さんの言葉で「アイディアは移動距離に比例する」という言葉がありますが、新たな働き方やライフスタイル、ビジネスを作っていく上で旅して働くデジタルノマドはメリットはめちゃくちゃあると思います。

僕はノマドになる上で参考にした本を以下の記事でまとめているので参考にしてみて下さい。

関連記事:ノマドワーカーを目指す上で参考になる本5選【自由に生きる方法】

また、旅と仕事のメリットもこんなツイートをしてますが、毎回旅をするたびに多くのメリットを感じています。

実際に僕が旅と仕事というスタイルで感じたことは以下でも詳しくまとめています。

関連記事:【旅と仕事】旅をしながら働くノマドワーカーの活動で感じたこと。

2.行動していくことでスキルは積める

2.行動していくことでスキルは積める

デジタルノマドをするにあたって、「自分でもできるかな…。」と不安だけを考えて、行動するのを辞めてしまう人が多いように思います。

僕自身は、デジタルノマド・フリーランスとして独立する前は会社員でした。もっと言うと、高卒を一度中退して高卒資格だけもっている学歴なしスキルなしの人材でした。

会社員時代はパソコン作業は割と得意な方でしたが、プログラミング・デザイン・マーケスキルはほぼ0の状態で、フリーランスとして独立したので苦労することが多かったです。

それでも、学びつつ行動することでデジタルノマドとして働くことができていますし、思い返してみるとそこまで難しくなかったなと。

一歩前に踏み出す勇気がなければ何も始めることができないし、僕も独立してから学んで売上を上げてきました。お金を稼ぎつつ、学ぶことが出来ればいいし、東南アジアに最初は拠点を移してリビングコストを下げて、日本円を稼いでいけばいい話なので始めるハードルはそこまで高くありません。

また、一般的な会社員やフリーランスと違って、様々な場所に訪れて様々な価値観に触れて体験ができる環境にあるので、そこはスキルを向上させる上で大きく影響を与えるかなと。

最近こんなツイートをしましたが、デジタルノマドをすることで1拠点で活動するより活動の幅が広がってきています。

3.ストレスフリーで収入は伸ばせる

デジタルノマドの最大のメリットと言ってもいいのが、「収入を最大化ができて、時間の拘束がないこと」です。

会社員であれば、社会的信用があり、キャリアを積めば収入をあげていくことができます。ですが、収入という面ではデジタルノマドは成果報酬のため、天井がありません。

働けば働くほど収入を上げていくことが可能。

僕は、独立当初は月30万円稼ぐのもやっとでしたが、月収が50万円、100万円と増やしていくことができました。月収を10万円あげるだけでも、会社員は大変ですし、それ相応のキャリアアップが必要ですが、IT系のデジタルノマドなら行動次第で収入の最大化ができます。

関連記事:フリーランスで年収1,000万円稼いで感じたこと【難易度は低い】

また、それ以外にも時間的拘束がないのでストレスフリーに近い形で働けるのもメリット。

僕自身は、好きな仕事をしているので働くことが苦になることはほぼないのですが、会社員時代と比べて感じるのは、時間を有効活用できるのがデジタルノマドのメリットだということです。

朝満員電車に揺られる必要がなく、家でそのまま働くことが可能。GWや混み合う時期を避けて、旅も出来るのでストレスフリーに近い形を作り出すことができます。

僕のデジタルノマド生活を紹介

僕のデジタルノマド生活を紹介

デジタルノマドを始めるべきメリットを経験から解説してきましたが、実際に僕がどんなデジタルノマド生活をしているのかをまとめてみました。

僕自身は東京を拠点に、海外・日本国内を回りつつ働いています。

デジタルノマドの仕事内容

僕自身はフリーランスでデジタルノマドを2年半経て、現在はIT会社の経営を2社行っています。

フリーランス時代はWebマーケティングを本業にWeb制作・自社メディア運営をしつつ、現在は好きを軸に活動を多角化させています。

その内の1社のLISHという会社では以下のことをやっています。

  • Webマーケティング
  • Web制作・Web開発
  • 映像・企画・制作
  • 自社メディア運営
  • マーケティングツールの開発とサービス提供

パートナーと共同でやっているものや会社のメンバーでやっているものと多々ありますが、ほぼ全てがデジタルノマドが可能な職種。

最近では、セブ島ノマドワークのついでに撮影旅をして、セブ島の日本人経営のタトゥーショップの動画制作をしました。

基本はパソコン1台で拠点を変えて仕事をすることができて、働き方が多様化しているなかで自分がやりたいこと・好きなこと・実現したいことを軸に働いています。

関連記事:海外ノマドとは?仕事内容と生活について詳しく解説します【経験談】

旅する理由はシンプル。人生に飽きているから。

僕が旅と仕事を両立したライフスタイルを作っている理由は、人生に飽きているからです。

毎日同じルーティーンで同じ場所に出社し、決められた仕事をする。これはすごい基盤を作る上で大事なことだし、こういった働き方もありだと思う。でも、単純に僕にはこの働きかたはできないし、あっていませんでした。

なので、振り切ってそれをやめてみることがデジタルノマドという働き方に変わりました。旅をして様々な場所に訪れることで非日常を感じることができるし、その経験がさらなる原動力にも変わっていきます。

常に自分の知らない土地に訪れて、見て体験することで新たに感じることや自分の価値観の形成につながってくるかなと。

自分の目で見て経験するからこそ価値があるし、このライフスタイルを続けるために行動し続けることができます。

新しいライフスタイルを作り出していくのは、控えめに言って最高で人生の幸福度が上がります。

自分が何をしたいのかを軸に行動しよう。

デジタルノマドについてまとめてきましたが、これからはライフスタイル・ワークスタイルを大きくシフトする必要が出てくる時代になっていきます。

結局は、自分が何をしたいのか?好きなのか?実現したいのか?を考えてみるのが大事だと思います。

僕は、遊びを仕事にしたいからそれができる環境を作ることに対して行動しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

遊びを仕事にすると決めてから、これまでの働き方を徐々に変えていきつつある。 これまでのマーケターとしての活動や経営も続けていくけど、全ては自分の成長のため。 そして、動画制作・メディアコンテンツ作りを、全力で楽しみ、学びながら成長して、それを仕事にしていくのがこれからのミッションであり、僕らのLIFE SHIFTを作る第一歩。 壮大な人生ゲームを楽しめるかは自分次第。 Photo by @kazumakobayashi ———————— ✈️:#セブ島 📍:#ナルスアン島 📷:#SonyA7iii ———————— #セブ #セブ島旅行 #アイランドホッピング #リゾート #ビーチフォト #カメラ旅 #海外旅行好き #セブ島旅行 #マクタン島 #idive #cebuphilippines

Kazushi Yoshidaさん(@kazushiyoshidaa)がシェアした投稿 –

旅と仕事を両立したいから旅をするし、海外移住をしたいから自分に最も合った国を探すために旅に出ています。

そして、多くの人へ使ってもらえるサービスを作るために、行動範囲を広げて視野を大きく持つためにも旅をしつつ、デジタルノマドであり続けたいと思っています。

関連記事:遊びが仕事になる時代で感じること。【遊びを仕事にするのは簡単】

目的が明確になり、やりたいことが決まっているのであれば行動することで見える世界は変わるはずです。

関連記事:ノマドにおすすめな職種8選【働き方のメリット・デメリットも解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です