二重払いとは?

ビットコインの決済システムにおいて可能な攻撃に「二重払い」と言うものが存在します。

二重支払いとは、一言で言うと「すでに使用したビットコインを再び使用すること」です。もう少し掘り下げて意味を見ていきましょう。

ビットコインを安全に利用するために、二重支払いについて詳しく知りたい方におすすめの記事です。

二重払いとは?

二重払いとは、すでに使用したビットコインを再び使用することで、同じコインを異なる相手に支払うことを言います。

異なる相手に同じコインを配布しているということは、もともと一つしか存在していないコインが2回使えるということになってしまいます。

1,000円の価値があるコインは利用時は1,000円の価値しかありませんが、2回使えてしまうと2,000円の価値があることになってしまいます。これでは決済システム・通貨としての定義が成り立たなくなり、信用性もなくなります。

二重払いが起きることで、流通している仮想通貨が無限に作り出してしまうことになるのでシステム全体の崩壊にも繋がることになります。

 

ビットコインの二重払い

ビットコインは、仮想の通貨のため実物は存在しておらずデータ上で管理されています。

現金のような紙幣・貨幣であれば、偽造防止のために透かしや凹凸などの技術で、二重払いを困難にしています。

その点、ビットコインはデジタル(=データ)通貨のため現金に比べて二重払いは比較的簡単です。

ビットコインの二重払い防止法

ビットコインの取引は秘密鍵を持っている人が署名しなければ使えないのでコインの不正使用は防ぐことができますが、秘密鍵を持っている人が同じコインを2つの取引で使用することを防げません。

そのため、ブロックチェーンとプルーフ・オブ・ワークを導入することにより、二重支払いを防ぐ仕組みを作っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です