20代前半でフリーランスとして働いて良かったことと実状【経験談】

20代前半でフリーランスとして働いて良かったことと実状【経験談】

20代前半でフリーランスとして働いている人が増えつつあるけど、実際どうなの?社会人経験ないのにフリーランスの働き方って再現性あるの?

今回は、20代前半のフリーランスになった僕がその良かったことや現実をまとめてみようかなと。

「フリーランスになりたい。働き方に憧れている」という人は多いんだけど、挑戦しない人も多いのも現実。社会的に見れば、会社に属さずに働いている人はまだまだ少数派でそれを20代前半から始めている人も少数派なのかなと。

この記事を書いている僕は「高卒→ニート→留学→社会人2年」を経て、22歳でフリーランスとして個人で活動しているので、今後フリーランスになりたいと考えている人向けにこの記事が参考になればなと思います。

フリーランスという働き方に20代前半で挑戦してよかったこと。

フリーランスという働き方に20代前半で挑戦してよかったこと。

僕の場合は、学歴高卒のフリーランスで仕事をしていないニート期間を経てまずはスキル0・社会経験0だったので会社員としてスタートしました。

2年ほど会社員をして、ほぼ仕事の毎日を送って経験もスキルもある程度得ることができたし、「会社」という組織のあり方に疑問を持ち始めていたので、独立という形でフリーランスをはじめました。

とりあえず、「会社に属さない=フリーランス」という働き方だったという感じで、メインは法人企業のウェブマーケティングコンサルをしています。

フリーランスとしても順調に仕事が出来ていて、20代前半で挑戦してよかったなと思うことはこんな感じかなと。

  • 若いからこそ何でも挑戦できる。人脈は関係ない。
  • 個人でやるからこそ失敗も多い。だから成長できる。
  • 20代という若さがあるから無理が効く。体力って大事。

若いからこそ何でも挑戦できる。人脈は関係ない。

まずは、若いからこそ何でも挑戦できるということです。

周りにフリーランスをしている方や経営者が増えつつあるのですが、最初の段階は人脈もないし、案件を受注する先もありませんでした。

クラウドソーシングなどで、仕事の受注なども今では容易にできますが、コンサルティングというスキルで活動している僕の場合はクラウドソーシングは向いてません。

とにかく、友人伝いで仕事の案件を探したり、経営者に会ってはコンサルティングの提案したりと目の前のことに1点集中して仕事を取れたのは20代前半だったからかなと。

ベンチャー企業で社会人の頃は働いていたので、あまり苦ではなかったですが「当たり前のように仕事が用意されている会社」を経験したあとにフリーランスになっていたら辛いかなと思います。

そういった意味では、個人の名前をもとに挑戦できて人脈を作り出せるのは20代前半でフリーランスを初めて良かったことかなと。

個人でやるからこそ失敗も多い。だから成長できる。

案件をもらいつつ、コンサルをするのが仕事のメインですが、時には失敗することがあったり集客が伸びないなんてことも。

コンサルティングなので担当者との意思疎通が全てなのですが、そこが噛み合わなくなると伸びるものも伸びないなんてこともあります。

フリーランスという個人で仕事をするので、「上司や会社が責任を負ってくれる」ということはなく、「全ての責任は自分」にあります。

だからこそ多くの失敗を20代前半という期間で経験が出来て、自己成長にも繋がったのかなと思います。

正直、辛い時はまじで辛いですが、乗り越えれば成長できるのがかなりメリットです。

20代という若さがあるから無理が効く。体力って大事。

今はもう仕事が落ち着いてきたので無理ですが、フリーランス成り立ての頃は「とりあえずやってみる」というスタンスで仕事をしていました。

挑戦してみないと自分のキャパシティは増えないし、やったことのないことに飛び込まないと成長がないという感じで仕事をしていました。

30代でも40代でも遅すぎることはないとは思いますが、20代前半という早い段階で無理して仕事をしてみるというのはかなり貴重な経験なのかなと。

体力があるからこそ、無理も聞くし、正直かなり消耗したフリーランス期間だったなと思いますが、「お金を稼ぐことの難しさ」を知ることができたのはかなり大きかったなと思います。

一般的な会社に務めて毎月振り込まれる給与を眺めるよりも、自分で稼ぎに行って仕事をする経験って早ければ早いほどタメになると思うのでかなりデカイことかなと感じてます。

20代前半のフリーランスは少数派。実際の現実。

20代前半のフリーランスは少数派。実際の現実。

フリーランスとして20代前半で活動してきたけど、世間から見ると実際のところ少数派です。

「働き方改革」という言葉で、複業・フリーランス・リモートワークなんて言葉もあるけど、日本全国で見てみれば盛り上がっているのは一部の先進的な企業やIT・ベンチャー企業のみです。

「フリーランスって言葉は知っているけど、実際なんなの?」と聞かれることも少なくないのも現実。

けど、フリーランスになる際には社会的信用も求めていないし、それが経験と共に解消されていくことも理解してます。

賃貸やローンを組むのも今では難しいけど、順調に活動していれば数年で解消できるし、売上が伸びれば会社という選択肢もできます。

少数派にいるからこと、「自分で仕事を作り出す」ということができるようになるし、「お金を稼ぐことの難しさ」と経験していくと「稼ぐことの簡単さ」も身につきます。

会社に属していても率先して自己成長が出来る場もありますが、フリーランスという働き方も個人の裁量で働くことが可能です。

これを20代前半で経験できるのはかなりメリットで、少数派だからこそ価値を高めていけると思います。

【結果】フリーランスは年齢は関係せずに挑戦すべき

20代だろうが、挑戦してみる気持ちがあるのであれば年齢気にせずにフリーランスにとりあえずなってみるのはありだと思います。

いきなり、個人で独立という道が取れないのであれば会社に務めながらパラレルワークという形でももちろんあり。

その場合は、会社の仕事と個人の仕事が中途半端にならないようにすることが全てかなと。

30代・40代でもフリーランスになるチャンスはあるし、人脈や経験という意味では遅いほうがメリットがあることもありますが、20代前半からフリーランスになった僕としては若いからこそ身につくことが大いにあるかなと思います。

最後に:後からやる予定なら今やるべきです。

最後に:後からやる予定なら今やるべきです。

「個人の力で仕事をしてみたい」「フリーランス的な働き方をしたい」と考えているら行動するのは今です。

結局先延ばしにする人ってやらなかったりするので、踏み出してみることがおすすめ。

僕も、会社員を辞めたけど生活しなきゃいけないといのが最終的にフリーランスという形で活動をしていて事前準備なしでスタートしてます。

家族・年収・環境を考えると年代が上がるに連れて、スタートダッシュができないのでまずは行動してみることから始めてみましょう。

20代前半の期間で経験してことは自分の糧になり、今後の人生を左右することは間違いないので、この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です