プログラミングスクールを活用してフリーランス独立する方法【必要?】

プログラミングスクールを活用してフリーランス独立する方法【必要?】

IT系フリーランスを目指す人が、実際にプログラミングスクールの活用方法をこの記事ではまとめていきます。

結論として、プログラミングスクールへ通う必要は絶対ではないのですが、それ以外の方法や活用の仕方をこの記事では解説していきます。

これから、フリーランスでプログラマー・エンジニアなどの職種で独立を目指している人向けの記事です。

プログラミングスクールへの通学は不要

プログラミングスクールへの通学は不要

フリーランスになっているプログラマーやエンジニアは、プログラミングスクールに通っていたいないに関わらず、活動を続けているケースはほとんどです。

プログラミングスクールのメリット・デメリット

プログラミングスクールでは体型的に作られたカリキュラムの中から、必要なスキルを学ぶことができるため、実際にクラウドソーシングなどで簡単な仕事を受注するレベルまでは到達できます。

難易度の高い案件は難しいですが、スキルを上げつつ自分の単価を上げて売上を確保していくことは十分に可能です。

よくプログラミングスクールに通っても知識・スキルの面で、実践レベルまで到達しないなんて記事や声がありますが、正直そんなことはありません。簡単な案件なら十分フリーランスとして活動可能です。

ですが、フリーランスで活動に求められるスキルは別にあるためこれだけでは、継続的に稼げるとは言えません。(記事で後述していきます。)

IT系でフリーランス独立する方法は3つ

IT系でフリーランス独立する方法は3つ

IT系で、フリーランス独立をする方法は、大きく分けて3つになります。

  1. IT系企業に就職してスキルを磨く独立
  2. 独学で学びつつ、案件をこなし独立
  3. プログラミングスクールに通って独立

メリットも含めて順に解説していきます。

1.IT系企業に就職してスキルを磨く独立

実際に制作・開発を行っている企業に就職して独立できるまでスキルを磨く方法です。

個人的にはここが一番のおすすめで、理由としてお金をもらいながらスキルを学ぶことができるためです。毎月決まった給与をもらいつつ、制作・開発の受注から制作、納品までの一連の流れを見つつスキルを積むことができます。

過去の自分は、独学でプログラミングを学んだのですが、制作の受注から納品までの流れや見積もりなど基礎的なところが分からないなんてこともあったので、一度企業に就職しておくとそのようなトラブルはなくなると思います。

収入がなくなるリスクも0で、独立時に勤務先での業務委託契約(フリーランス)で仕事を貰える可能性もあります。

2.独学で学びつつ、案件をこなし独立

過去の僕は、マーケティングコンサルとしてフリーランス独立をしましたが、その過程で独学でプログラミングを学び、サイト制作などの案件を獲得して活動していました。

プログラミングスクールに通わずに独学の良い点は、試行錯誤しながら問題解決能力が身につくということです。

フリーランス活動を始めた当初は、案件に対して分からないことや問題がいくつも出てきます。就職している状態であれば、経験のあるチームメンバーに聞けば解決かもしれませんが、フリーランスだとそう簡単には行きません。

効率はよくないかもしれませんが、こういった場面を何度も経験することで問題解決能力が人の倍以上付くはずです。

そもそもですが、フリーランスとして活動している人の中でプログラミングスクールに通っていない人は多くいます。

とりあえず、行動してみることは大事です。

3.プログラミングスクールに通って独立

プログラミングスクールに通うのも、方法の1つとしてはありだと思います。

基礎知識を体系的に学ぶので、効率良くスキルを磨けます。学びたいスキルを一通りまんべんなく学べるので、問題に直面したときの解決も早いと言えます。

何より、1人での学習が不安の方やプログラミング学習に挫折した経験がある人であれば、おすすめです。

メンターが付いてサポートを受けながら学べるので、自分の課題を知りつつ学ぶことができます。

ただ、1点だけ知って置かなければ行けないのがプログラミングスクール時はサポートを受けれてもフリーランスになったら自分で課題を解決する能力が求められるということです。

無料体験などでもある程度の基礎を学べるところはあるので、まずは試してみるぐらいの感覚でプログラミングスクールを活用してみましょう。

プログラミングスクール

無料体験ができるおすすめプログラミングスクールTECH ACADEMY | 現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

プログラミングでフリーランスになるために必要なこと

プログラミングでフリーランスになるために必要なこと

プログラマーやエンジニアになる上で必要なこととして、スキルもそうなのですがフリーランスであれば以下のことが求められてきます。

  • 営業と自己アピール力
  • 常に学んで試行錯誤する姿勢

僕自身がフリーランスとして2年ほど、活動してみて感じたことでもあるので順に解説していきます。

営業と自己アピール力

ウェブ系の案件獲得は、オンライン上でのクラウドソーシングから友人や知人などのオフラインの2通りありますが、自分のスキルどうこうの前に営業力が求められます。

自己アピールするポートフォリオや案件を獲得する営業力など、フリーランスとして活動するのであれば案件がないと活動ができないため常に案件が困らない状態にしておく必要があります。

クラウドソーシングの活用やポートフォリオ作成、SNSやブログなどを使った営業など、案件を獲得できる手段を持っていきましょう。

常に学んで試行錯誤する姿勢

案件を実施していく中で、簡単なものから難易度が高いものまで存在しています。

収入を増やしていくのであれば、自分のスキル以上の案件を獲得して挑戦しつつ、最終的に納品というぐらいの流れの勢いがなければフリーランスとして成長することはありません。

簡単なものばかり実施していても、単価も上がらなければ成長もないので、常に学んで試行錯誤していく必要があります。

「出来るから受注する」のではなく、「ある程度理解してて完全に理解してないけど、受注してみて挑戦してみる」ぐらいがちょうど良いです。

フリーランスの仕事はたくさんある。意外と簡単。

僕は、ウェブ系の就職歴があったわけではないですが、フリーランスとして働きやすい時代になりつつあります。

クラウドソーシングで案件はたくさんありますし、スタートアップ企業・ベンチャー企業・中小企業でウェブ系で困っている企業は多くいると感じています。

スキルを積みつつ、案件を獲得すれば稼ぎやすい時代です。

まずは行動して始めてみよう。

「フリーランスになりたい」と言っている人の多くが、行動せずに終わることがほとんどです。

最終的に独立という形を取り、バリバリ働きたい・稼ぎたい・自由に働きたいなどと考えているのであればまずは行動してみましょう。

プログラミングスクールの中でも無料体験を実施しているところがあるので、まずは挑戦してみるのも良いと思います。

プログラミングスクール

無料体験ができるおすすめプログラミングスクールTECH ACADEMY | 現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

IT企業に転職するだけでプログラミングスクールの受講費用が無料になるところも。

多くのメリットがある中で、利用してみない手はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です