フリーランスライターの収入と実情【高収入を目指す方法とそのキャリア】

フリーランスライターの収入と実情【高収入を目指す方法とそのキャリア】

フリーランスライターとして働くときってどれぐらいの収入?月にどれぐらいの案件があって稼げるのか知りたい。

フリーランス歴2年ほどのKazu(@kazushiyoshidaa)です。

Webマーケティングのコンサルをメインに活動しているのですが、一時期Webライターとして活動することも。だいたい月100万円程度は簡単に稼げるようになりました。

フリーランスでWebライターをしている方も周りに多かったり、仕事を一緒にさせていただくことが多いのですがWebライターの現実をまとめてみました。

フリーランス・Webライターの実情

フリーランスでライターを受託で受ける場合に、だいたいの平均年収は300万程度と言われています。

月収ベースで計算すると月々の売上は25万円という計算になります。

結論、フリーランスライターってそこまで稼げていないですよね。

フリーランス=自由な働き方のイメージが強いですが、Webライターでこれぐらいの収入では正直自由なライフスタイルは到底無理で、会社員で働いていたほうが収入を上げることができると考えたほうが良いでしょう。

Webライターの記事報酬単価

Webライターの記事報酬単価

Webライターとしての活動の第一歩はクラウドソーシングで受託を受けるという人が多いでしょう。

未経験からのスタートだと、文字単価0.5〜0.1円程度。1記事3,000文字程度の案件なら1,500円〜3,000円の報酬となります。

10記事〜20記事ぐらい執筆すれば、月々5万円程度は稼げることを考えると副業として稼ぐのは難しくないですが、フリーランスライターとなると相当な数の記事を執筆する必要があります。

フリーランスライターで稼げる人もいるけど、そうでない人も多い

フリーランスライターとして活動を続けていくことで、自分をブランディングしたり経験を積むことで報酬単価を上げることは可能です。

何度も同じメディアで執筆を進めることで記事(文字)単価が上がることもありますし、個人としての価値を高めることで高収入を目指していくことは出来ると言えます。

ウェブライターとしての活動として、1点考えて置かなければいけないのはウェブライターのほとんどの人が収入に頭打ちがあり、ストック型の収益ではないということ。

僕自身も一時期ウェブライターとして活動していたこともありますが、記事を納品したら報酬を受け取りそこで完了。そのため、記事単価を上げれたとしても月の収入を確保するためには毎月一定数の記事執筆が必要です。

労働に対しての対価という意味では当たり前ですが、フリーランスとして自由な働き方を目指すの上ではウェブライターは難易度高めだと思います。

フリーランスライターとして高収入を目指す方法

フリーランスライターとして高収入を目指す方法

フリーランスライターとして高収入を目指す方法を経験も踏まえて考えてみました。

僕自身は、現在メディア運営をしており、フリーランスの方などにライティング案件を発注している側なので発注者側の目線も踏まえて以下の3つがポイントかなと。

  • 毎月決まった案件獲得を目指す
  • 専門性の高い案件を
  • SEOとコピーライティングを覚える
  • 安定収入を求めるならライターとブログ・メディア運営を

毎月決まった案件獲得を目指す

ウェブライターとしての活動の第一歩は、クラウドソーシングを利用した案件獲得ですが、毎月クラウドソーシング上で案件を探すのは理想的ではありません。

月10記事の納品契約、固定契約などの案件を獲得できるようにしましょう。クラウドソーシングで地道に活動することで、このような案件獲得も可能になるはず。

発注者側としても毎月フリーランスライターを探して個別に発注をしていく必要性がなくなり、コミュニケーションがすでに取れているライターだと仕事もしやすいというメリットがあります。

このような月契約の案件をを獲得できれば、決まった収益を上げることができます。

専門性の高い案件の獲得を目指す

専門性の高い案件の獲得を目指す

クラウドソーシングなどの案件だと、ライターとしての経験が少なくても獲得できる案件が多いのが現実。つまり、誰でも書ける記事にはそこまで価値はないので、文字単価も記事報酬も上がっていくことはないと考えたほうが良いです。

つまり、自分が得意な分野・興味関心のある分野など専門性の高い記事を執筆できるのであれば記事あたりの報酬を上げていくことは可能です。

そういった案件に挑戦して、経験を積んでいくことをおすすめします。

僕自身もいくつかのメディアを運営していて、誰でも書けるような記事案件ではないものも多くあり、そこで一般のライターに依頼をしてもクオリティがイマイチなんてこともザラにあります。

それを考えると、専門性の高かったりその分野に詳しいライターに単価を上げてでも依頼をしたほうが、後々のメリットは高いのでそこまでのレベルを上げていくことがおすすめです。

SEOとコピーライティングを覚える

ウェブメディアに記事執筆をしていくのであれば、SEOライティングやコピーライティングスキルは必須。

SEOとは、簡単に言えばGoogleの検索順位上位を目指して記事のアクセスを増やすこと。メディア記事のアクセスが増えれば、その運営者は収益を伸ばすことができます。

コピーライティングは、一言でいうと「人間心理を深く理解して、言葉で読者の行動を変えること」。記事内で商品やサービスを紹介することがあるのであれば、こういったライティングスキルを持っているライターは発注者側からしても求めているスキルです。

特に、アフィリエイト特化のウェブメディアであればこういったスキルを持っているライターは好まれるため、最低限の知識は知っておくべきですし、ライターの経験を積みながら習得しておくことをおすすめします。

安定収入を求めるならライターとブログ・メディア運営を

安定収入を求めるならライターとブログ・メディア運営を

安定収入を求めつつ、高収入を目指してライターとしての活動を続けていくのであれば、ブログ・メディア運営を始めましょう。

自分でブログやメディアを運営することで、そこで生まれた広告収益などは自分に還元されていくことになります。

継続的に稼いでいくことを考えると自分でブログ運営やアフィリエイトをするのがおすすめで、僕自身のメイン領域はウェブマーケティングですが、ライターとして記事を書いているのは全て自分が運営しているブログです。

このブログ経由でも月10万円以上の報酬は発生していますし、English Withという英語学習ブログは月50万円以上は収益を上げています。

ここまでの収益を上げていくのはそう簡単なことではないのは事実ですが、フリーランスとして継続的に活動をしていくことを考えるとウェブライターとして案件をもらいつつ、収益の分散化を考えて自分でブログ・メディア運営をするのはおすすめです。

フリーランスライターとして培ったスキルをもとに活動できるので、キャリア的には最適かなと。

自分の好きな分野などであれば、ウェブライターのかたにとって苦なく記事を執筆出来るはずです。

関連記事:ウェブ系フリーランスがアフィリエイトをやるべきメリット【経験談】

最後に:フリーランスライターは稼げるようになるのは簡単。高収入は難しい。

フリーランスライターについてまとめてきましたが、稼げるようになるまでのハードルは低いですが、高収入を目指すのは難しいという現実があります。

副業やフリーランスの第一歩としてウェブライターとして稼ぎつつ、自分でブログやアフィリエイトを始めて見る。メディアプランナーとして起業コンサルを始めて見るなんてことも、視野に入ってくると思います。

まずは、フリーランスライターの平均年収300万円、月ベースで25万円を目指しつつ、収益の分散化をして他の活動に幅を広げていくことをおすすめします。

関連記事:ウェブ系フリーランスがアフィリエイトをやるべきメリット【経験談】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です