Googleアナリティクスでウェブ解析をする必要性【基礎知識】

Google Analytics(アナリティクス)とは、ウェブサイトの運用であったりアクセス解析を行うことができる無料の解析・分析ツールです。

ブログやメディア運営であったり、コーポレートサイトやブランディングサイトなどを運営するにあたりアクセスを解析することは非常に大切な要素の1つです。

今回は、Google Analyticsのアクセス解析をする必要性や知っておきたい基礎知識を解説していきます。

Webサイトの目的を理解して、Google Analyticsを活用。

Google Analyticsを活用する目的は、Webサイトのアクセス解析をして改善をするためです。

改善をするにあたり、「サイトの目的を理解していること」が前提で、運営しているサイトのジャンルによってGoogle Analyticsの活用方法が変わってきます。

代表的なウェブサイトのタイプや目的などを見てみましょう。

コーポレート・ブランディングサイト

企業の事業内容を掲載したコーポレートサイトやプロダクトやサービスのブランディングサイトは、認知度向上を目的としてウェブサイトを運用していると思います。

つまり、どれだけのユーザーが訪問をして、主要ページの閲覧時間など実際にユーザーが土嚢様な動作をしているかを見る必要があります。

Google Analyticsの確認ポイント

・ユニークユーザー数

・主要ページの閲覧時間

ECサイト

ECサイトであれば、サイト運営の目的は「自社商品」などをサイト内で販売し、売上を上げることが目的になるかと思います。

ここで、重要なのはユニークユーザー数など見るべきポイントは多くありますが、実際の売上額から1件あたりの注文に掛かったコストであるCPO(Cost per order)を見る必要があります。

Google Analyticsの確認ポイント

・売上額

・CPO(1件の注文の獲得に掛かったコスト)

ブログやオウンドメディアなどのサイト

ブログ運営をしている人やオウンドメディアなどの場合は、サイトのメインは記事になります。記事から情報が提供することが目的であり、そこから広告収入や会員数、集客などに繋げていきながら運営していくと思います。

一番重要視されているのがページビュー数であり、ユーザーやセッションあたりのページビュー数なども確認する必要があります。

Google Analyticsの確認ポイント

・ページビュー数

・ユーザー数

・セッションあたりのページビュー数

リードサイト・集客用サイト

問合せや資料請求、メルアド取得などの見込み客を獲得するサイトのLP(ランディングページ)の様なサイトは、集客が最大な目的となります。

目的に合わせて、リード数やリードの顧客単価を見る必要があり、ECサイトやブログ・オウンドメディアと併用するケースもあるのでしっかりとした解析が必要です。

Google Analyticsの確認ポイント

・リード数

・リード獲得単価

Google Analyticsを利用して、ウェブ解析をするプロセス

Google Analyticsを利用するにあたり、見るべきポイントは多くありますがブログ運営ならページビュー数であり、オウンドメディアやECサイトなどの企業が運営しているサイトはコンバージョンに注視しているでしょう。

サイト改善をするにあたって、売上を上げるなど事業をグロースさせる上で見るべきポイントはコンバージョンの増加です。

コンバージョンとは、ウェブサイト上での目標達成のことを指します。

ECサイトの例で見てみましょう。

サイトに訪問したユーザーが仮に100人いた場合に次の動作であるサイト内で商品を探すユーザーは100人中100人ではなく、離脱する可能性があります。

その次の動作も同じくです。

「サイト訪問」「商品を探す」「商品詳細ページを閲覧」「カートに入れる」「商品を購入」という流れの中からユーザーの離脱を以下に低くするかで「商品を購入」するというコンバージョン率を向上させることができます。

ブログ運営やオウンドメディアの場合であれば、「サイト訪問」から「記事の閲覧・関連記事への閲覧」という流れから広告へ誘導したり、サービスの集客であるコンバージョンが目標になります。

サイト流入からの流れで、以下にユーザーの離脱を増やすかによってページビュー数も増減し、最終的なコンバージョン率が変わっていきます。

コンバージョンを増加させるためのプロセスを「ファネル」と言います。「ファネル」は、サイトを訪問したユーザーが徐々に絞り込まれ、一部のユーザのみがコンバージョンを示すことを表します。

このユーザーの動作を理解しながらウェブサイトの解析をすることが重要な要素です。

まとめ

今回はサイトの運営目的ごとに異なる解析目的とポイントを解説しました。

サイト運営の目的を理解した上で、Google Analyticsを活用することはウェブサイトのアクセスを増加させたり、最終的にコンバージョンさせるためには非常に大切です。

Google Analyticsの機能は数多くあるので、目的に合わせて必要なポイントを解析・分析していきましょう。