ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは、ビットコインをはじめとする仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の役割をする種類のことを言います。

インターネット上で管理するウォレット等ありますが、物理的な機器・端末で管理するタイプのウォレットのことを指します。

ハードウェアウォレットの特徴

ハードウェアの大きな特徴は以下の2つです。

  • オフライン上で管理ができるセキュリティが高い
  • デバイスを自己管理しておく必要がある

悪意のあるハッキング・外部攻撃を受けないためセキュリティが高い

ハードウェアウォレットは、USBなどでコンピュータと接続できる端末上でビットコインなどの仮想通貨を管理することになります。

インターネット上で管理するウォレットの場合、悪意のあるハッキングや秘密鍵が第三者に漏れた場合に、保有している仮想通貨を奪われる危険性があります。

その点、ハードウェアウォレットはオフライン上で管理することができるため、ハッキングなどの危険性がないためセキュリティが高い保存方法と言えます。

デバイスを自己管理しておく必要がある

インターネット上で管理するウォレットは、パスワードさえ覚えておけばどの端末でもログインが可能なためどこでも確認したい時にスマホやPCで確認することができます。

ハードウェアウォレットは、機器・端末で管理するウォレットのためデバイスを自己管理する必要があります。紛失などには気を付ける必要があります。

ハードウェアウォレットの使い方

ハードウェアウォレットを実際に利用するときの流れは、機器によって異なりますが大体の流れはこんな感じです。

  1. ウォレットページをインターネットで開く
  2. PC(もしくはスマホ)にUSBでハードウェアウォレットを接続
  3. パスワードを入力して送受信

機器・端末をインターネットに接続できるデバイスと繋げて、ビットコインをはじめとする仮想通貨の送受信が可能となります。

詳しくは、説明書などを見れば操作はそこまで難しくないので試してみましょう。

ハードウェアウォレットを選ぶ時の3つ注意点

ハードウェアウォレットは、セキュリティが高いため高額の仮想通貨を管理するのにはおすすめです。

特に取引所に多額の金額の仮想通貨を保管していて、悪意のあるハッキングにあった際は全ての仮想通貨を紛失する可能性があります。

ですが、ハードウェアウォレットを使う時にも注意しておくべきポイントがあります。

  1. 管理・保管したい仮想通貨が対応しているか
  2. 日本で購入の場合、正規販売代理店経由か
  3. 日本語の説明書付きか

1.管理・保管したい仮想通貨が対応しているか

これから購入予定のハードウェアウォレットが、保有しているビットコインに対応しているかを確認しましょう。ビットコインが対応していても、イーサリアムやリップルなどのアルトコインに対応していない可能性もあります。

せっかく購入したのに、使えないのでは意味が無いので確認しておきましょう。端末によっては、今後のアップデートでビットコイン以外の仮想通貨が対応することもあるので、チェックしておくといいでしょう。

2.日本で購入の場合、正規販売代理店経由か

日本でハードウェアウォレットを購入する場合、Amazonなどの通販サイトでも購入が可能です。ただ、正規代理店での販売かの確認をしましょう。

正規代理店以外での購入は、セキュリティ的に不安な麺もありますし、悪質な販売なども中国を始めとした国で起きているので注意しましょう。

保有している通貨を預けるデバイスなので、しっかり確認する必要があります。

3.日本語の説明書付きか

英語を話せる人であれば、問題ないですが日本語の説明書が付いていると安心して利用ができますね。

ハードウェアウォレットの利用は、そこまで難しくないですが気にする必要はないですが、自分の通貨を管理する端末なので説明書があると便利です。

ハードウェアウォレットはセキュリティが高いけど、管理に注意しよう。

ハードウェアウォレットは、ハッキングや外部攻撃を受けないためセキュリティが高いというメリットがあります。

万が一、故障や紛失したりしても秘密鍵を覚えておけば新しいハードウェアウォレットで復活させることができます。

ただ、秘密鍵を忘れてしまうと保有している仮想通貨をもとに戻すことは不可能です。秘密鍵の管理がずさんだとそこから仮想通貨を引き出されてしまう可能性もあります。

ハードウェアウォレットは、セキュリティが高いですが秘密鍵の管理に注意する必要があります。

他のウォレットについては以下の記事でまとめているので参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です