インフルエンサーマーケティングとは?【初心者向けに始め方と活用法を解説】

インフルエンサーマーケティングとは?【初心者向けの始め方と活用法】

インスタグラマーやYouTuberなどのSNS上で人気のユーザーを活用したマーケティング手法を聞くけど、詳しく知りたい。

こういった疑問に答えます。

  • インフルエンサー マーケティングとは?
  • インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット
  • インフルエンサーマーケティングの活用法と始め方

インフルエンサーを活用したマーケティングがよく使われるようになり、インターネット上で発信力のあるユーザーを使い、集客を成功させている事例も増えつつあります。

企業がインフルエンサー マーケティングを活用する上で、知っておきたい基礎知識をまとめたので参考にしてみてください。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーを活用したマーケティング手法の一つです。

インフルエンサーとは?

インフルエンサー とは他者や社会に対して影響力を及ぼす人のことを言います。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

インフルエンサーとは?マーケティング用語を簡単解説

インフルエンサーマーケティング上で活用されているインフルエンサーは、以下のような人を言います。

  • インスタグラマー(Instagram)
  • ツイッタラー(Twitter)
  • ファイスブッカー(Facebook)
  • ユーチューバー(YouTube)
  • ブロガー(Blog)

代表的な例で、Facebookに関しては基本はリアルな場でのコミュニティのためインフルエンサーマーケティングで注目されているのInstagram・Twitterです。

また、インフルエンサーは一つのソーシャルメディア上での発信力だけでなく、他の媒体でのフォロワー(ファン)を抱えているケースがほとんどです。

このようなインターネット上で発信力・影響力のあるユーザーを活用して自社ブランドの認知度・集客・売り上げをアップするのがインフルエンサーマーケティングです。

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット

インフルエンサーを起用して、マーケティングをする上で知っておきたいメリット・デメリットをまとめました。

実際に集客・ブランド認知で活用しておくのであれば必ず知るべきポイントです。

メリット

  • 口コミの影響力で認知度を上げる
  • 共感性の高いコンテンツが多い
  • ユーザー数の多いSNSを活用してマーケティングができる

口コミの影響力で認知度を上げる

インフルエンサーを起用するメリットとして、フォロワー層に効果的にアプローチができるほか、ハッシュタグやいいねを通じて他のネットワークへのリーチも見込めるという点です。

実際に、インスタグラマーに憧れて同様の商品やサービスを利用するケースもあるので、効果的に拡散をしていくことができます。

特定のハッシュタグなどの指定をすれば、最新投稿・人気投稿を独占することなども可能です。

共感性の高いコンテンツが多い

インフルエンサーを起用する際は、基本的には実際にサービスや商品・プロダクトを利用してもらい宣伝・PRに協力してもらいます。

実際に利用したユーザーの声という形でコンテンツが発信されるので、リーチしたユーザーに対して共感してもらえやすいという点があります。

共感性に加えて、憧れなどもあり、購買につながりやすいというメリットがあります。

ユーザー数の多いSNSを活用してマーケティングができる

インフルエンサーマーケティングで注目されているインスタグラマーの月間アクティブユーザー数は2,000万人以上と言われ、約85%がアクティブユーザーと言われています。

インスタグラム以外のSNSもこれ以上の総ユーザー数を保有しているので、年代やリーチしたい層に合わせてマーケティングを行うことができます。

デメリット

インフルエンサーマーケティングをする上で、デメリットも知っておきましょう。

  • ステマと呼ばれるケースがある
  • 成果がわかりづらい

ステマと呼ばれるケースがある

インフルエンサーにサービスや商品を利用してもらい、その内容をインスタグラムやツイッター・ブログに投稿してもらいマーケティングを実施していきます。

そこで注意したいのがステマにならないようにすることです。

ステマとは?

ステルスマーケティングの略で消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為することです。

インフルエンサーを起用して、マーケティングするためには「PR」と広告であることを明確にしないと「やらせ」と勘違いされるケースがあります。

そこまで、認知度が高いブランドやサービスでなければ問題ないですが信用力を失わないように注意しましょう。

成果がわかりづらい

インフルエンサーマーケティングはSNS媒体を活用した宣伝・PRが主流のため、明確な成果がわかりづらいという点があります。

ブログなどであれば、CV(成果)チェックが容易ですが、SNSだと実際に購買や集客に繋がっているかな明確な指標はわかりません。

チェックすべきポイントは、エンゲージメント率や流入数となり、しっかりと明確な目標や成果を決めておくといいでしょう。まずはブランド認知度を上げる目的など決めましょう。

インフルエンサーマーケティングを活用した手法

インフルエンサーマーケティングを活用したマーケティング手法

インフルエンサーマーケティングのこれまでの傾向として、2パターンの使い方がほとんどです。

  • 最新投稿一覧を抑える
  • 人気投稿一覧を抑える

インスタグラムの場合は特に、一定数のフォロワー数を抱えるインフルエンサーを利用して「リーチ数・リーチ力」をもとに、「最新投稿」「人気投稿」一覧を独占することで、ブランド認知度を上げていく方法が取られてきました。

マイクロインフルエンサーの活用も注目

これまでインフルエンサーを活用して、市場の認知を量をもとにリーチ数を重視してきてましたが、マイクロインフルエンサーを活用するケースも増えつつあります。

それは、フォロワー数がそこまで多くなくても特定のジャンルに特化してファン層が厚い質の高さを求めるケースです。

旅・美容・ファッション・ママ・料理・アニメ・学生・ゲーム

ジャンルを上げれば数多くありますが、特定の分野の発信が中心でファンを抱えるマイクロインフルエンサーは、質の高いファンを抱えているケースがほとんどです。

旅行系の投稿が多いインフルエンサーは、旅行好きのフォローが集まるので「旅行系」のPRに起用することで質の高い層へアプローチができるのです。

ジャンル以外にも年代も同様のことが言えて、10代が支持するインフルエンサー・20代が支持するインフルエンサーと「憧れの対象」となっているマイクロインフルエンサーでは効果的にPRが可能となります。

  • 集客したい層に合わせたインフルエンサーを起用する
  • 年代別のフォロワー数を見てみる

など重要指数を決めていくのが重要です。

インフルエンサーの起用の注意点

インフルエンサーの指標として、一番わかりやすいのがフォロワー数です。

ただ、「フォロワーを買うこと」や「いいねを買うこと」というのは容易にできる世の中になっています。

インフルエンサーと企業をマッチングしてくれる会社が、インフルエンサーを選定している状態となるので会社の見極めは必要となります。

もしくは、実際に自社でアプローチしてみて無料でサービスを提供しながらインフルエンサーを起用する方法もありです。

企業側としては、ユーザーが求めているサービスを作り上げていくことでインフルエンサーにも価値提供が可能となるので率先してマーケティングに参加してくれるようになるので、インフルエンサーのファン化を目指していくことをおすすめします。

インフルエンサーマーケティングの始め方

インフルエンサーマーケティングの始め方

インフルエンサーマーケティングを実際に始める方法は、キャスティング会社を利用するか自社で直接連絡を送るかの2通りです。

  • キャスティング会社を利用する
  • 自社で直接インフルエンサーをキャスティングする

キャスティング会社を利用する

キャスティング会社のメリットは、「どのインフルエンサーにどのように投稿をしてもらうか」をプランニングしてくれる点です。

既にノウハウがあり、インフルエンサーマーケティングの事例をもとに活用できるので効果を最大限に発揮できるメリットがあります。

リストアップ・交渉・レポート・支払いまで全て統括してくれるので、インフルエンサーを効果的に活用できます。

ノウハウがある企業を探して、キャスティングを利用して見ましょう。

自社で直接インフルエンサーをキャスティングする

既にリーチする層が決まっていているのであれば、自社でインフルエンサーを探してみるのもありです。

SNSであれば、自社で運用している公式アカウントからDM(ダイレクトメッセージ)を利用したり、プロフィールに記載されているメールアドレスに連絡などをしてみましょう。

自社で行うメリットは、キャスティング会社への手数料が発生しない点とほぼ無料でマーケティングを行うことも可能という点です。

マイクロインフルエンサーの場合、あまりインフルエンサーとしての活動が少ない可能性があるので、商品・サービスの提供のみを行い口コミに協力してもらうという方法です。

この場合は、インフルエンサーが商品やサービスに価値を感じているという前提条件付きですが無料で実施も可能です。ある程度、参加までのルールを決めておきましょう。

まとめ:メリット・デメリット理解して活用しよう。

インフルエンサーマーケティングは、宣伝・PRをする上で企業での利用が増えつつあります。

ただ、提供するサービスや商品とマッチしない限り効果はでないので、まずは有効活用できるかをチェックすることが大事です。

その上で、適切な方法でインフルエンサーマーケティングを活用してみることで、集客・売り上げアップに繋げることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です