インフルエンサーとは?マーケティング用語を簡単解説

インフルエンサー とは?

ソーシャルマーケティングの用語としてインフルエンサー ってよく聞くけど、どういう意味?詳しく解説してほしい。

この記事ではインフルエンサーについて詳しく解説していきます。

あいまいな知識では、マーケティングに有効活用することはできません。インフルエンサーについて理解できるように内容をまとめています。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは、「Influence」を語源した人々に影響を与える人のことを指します。

意味

Influence=影響、(人)を動かす、感化する

インフルエンサー(Influencer)を直訳すると影響者という意味となります。

マーケティング上では、他の消費者に対して影響を与える人物のことを指し、テレビタレント・スポーツ選手・専門家・知識人などのマスメディアの発信力を持つユーザーから、インターネット上で発信力・影響力を持つブロガーなどのことを総じてインフルエンサーと言います。

最近では、SNS上で発信力の強いユーザーも増えてきており、インスタグラマー・ツイッタラー・フェイスブッカーというようなインフルエンサー が誕生しています。

ステマなの?見極めは必要

インフルエンサーの発信はステマと呼ばれることもありますが、ある程度の見極めは必要です。

それは、SNS上のフォロワーは購入することが可能だからです。

全てのユーザーが行なっているわけではありませんが、TwitterやInstagramのフォロワーは購入することができます。

本来であれば、インフルエンサーの投稿をチェックしたいファンがフォロワーという形になりますが、数だけ増やすことが可能なフォロワー数は影響力を表すには不十分と言えます。

「フォロワー数=影響力(ファンの数)」という風な図式は成り立たないので、フォロワーが多いから影響力が高いというわけではないので注意しましょう。

特にこういった数を偽造するユーザーほど、ステマ(ステルスマーケティング)をしているケースが高いので気をつけましょう。

インフルエンサーを見極める指数とは?

インフルエンサーはどれほどのファンを抱えているか?と明確な指標は存在していません。

活用するSNSや媒体によっても見極める指数は異なります。

  • Twitter・Instagramであればフォロワー数
  • ブログであれば、ページビュー数
  • YouTubeであれば、登録数・ページビュー数

そして、何より影響力が高いインフルエンサーに集客を依頼したとしても抱えているファンやフォロワーのジャンルが異なると全く効果に現れません。

自社でインフルエンサー を集めることができないのであれば、インフルエンサー を抱えている企業に依頼してマーケティングに活用するといいでしょう。

マイクロインフルエンサーも要チェック

インフルエンサーマーケティング市場で、注目を集めているのはマイクロインフルエンサーと呼ばれる層です。

テレビや雑誌などによく見かける有名なタレント・モデル・芸能人であれば、フォロワー数の数も多く、一見影響力も強いように見えますが、インフルエンサー を採用する企業からすれば、サービスや商品への集客や売り上げに繋がれば問題ありません。

特定のコミュニティ・ジャンルに強いマイクロインフルエンサーもチェックしておくとマーケティングに効果的に活用することができます。

以下の記事でも詳しく解説しています。

まとめ:ブランド認知に価値あり。

インフルエンサーを活用するメリットとしてはブランド認知を広めるというところでしょう。

新サービスを効果的に広めていくには、ウェブ広告や自社メディア・SNS以外にもインフルエンサー を活用することで認知度が上がっていきます。

一方でステマ(ステルスマーケティング)と言われる可能性もありますが、実際に利用した体験談を掲載してもらうような仕組みにすればいいでしょう。

集客内容にインフルエンサー 活用があっているのであれば、是非利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です