【集客効果あり】インスタグラムの投稿で位置情報は利用するべき。

インスタグラムは投稿した写真や動画をフォロワーや多くのユーザーに届けることができます。

リアルタイムで投稿する際は、今いる場所の位置情報(ロケーション)や旅先での思い出などを地図上に追加することができるため他のユーザーからもその写真の場所が分かりやすい特徴があります。

インスタグラムで写真や動画を投稿する際に、追加できる位置情報ですがメリット・デメリットあるので使い方や機能と一緒に簡単に紹介したいと思います。

インスタグラムで位置情報を追加する機能とは?

写真や動画を投稿する際に、インスタグラムでは位置情報を追加することができます。

スマートフォンにはGPS機能が付いているので、その機能を使って位置情報を追加できます。

このGPSを機能を使い、位置情報を追加すると写真や動画が撮影された場所へもアップがされています。

他のインスタグラムユーザーがあなたの投稿に訪れた際に、どこで撮影されたものかをすぐに分かる機能です。

投稿写真・動画に位置情報を追加する方法

インスタグラムの投稿画面で、写真や動画を選択して加工が終了したら次へを選択します。

その後は、キャプション(投稿文)を記載する項目へ写真の説明をしたり、ハッシュタグを設定してそのまま投稿するのが一般的でしょう。

ここの新規投稿画面に「位置情報を追加」という項目があります。ここを選択することで投稿に位置情報を追加できます。

インスタグラム位置情報説明1

アプリで位置情報の追加を許可していない場合は、「位置情報サービスをオンにしてください」とでるのでスマートフォンの設定でインスタグラムの位置情報サービスの利用を許可しておきましょう。

インスタグラム位置情報説明2

あとは、位置情報の機能で追加したい場所を検索します。

例えば、渋谷と検索すると写真のように、「渋谷肉横丁」、「渋谷駅」、「渋谷ヒカリエ」などのように有名なロケーションがでてくるので、該当する位置情報を設定するだけです。

インスタグラム位置情報説明3

位置情報が追加されている投稿を見てみると、写真と一緒に「位置情報」が表示されています。

インスタグラム位置情報説明1

投稿を訪れたユーザーが、この写真に興味を持った場合は、位置情報をクリックするだけでどの場所で撮影された写真か簡単に把握することができます。

インスタグラム位置情報説明5

位置情報ごとにも「人気投稿」と「最新投稿」がハッシュタグと同じように閲覧ができるため訪れたユーザーはその位置情報に関連する他の投稿を確認することができます。

インスタグラム投稿に位置情報を投稿する2つのメリット

インスタグラムで位置情報を投稿するメリットですが、ビジネス・ブランド認知目的のプロモーションやマーケティング利用と個人のユーザー(インフルエンサー)の2つの視点からメリットを見てみましょう。

ビジネス・ブランド認知を高めるために、位置情報を追加するメリット

プロモーションやマーケティング目的なら位置情報は必ず追加するべきです。

特に店舗型・イベント型の集客であれば、位置情報を追加することで店舗やイベントがある場所をユーザーが一目で分かるため認知に繋がり、その周辺にいるユーザーに対しての興味・関心を訴求することができて、エンゲージメントに繋がります。

例えば、レストランやバーなどの飲食店であれば、店舗がある場所に投稿写真が蓄積されていくため自分の投稿に興味を持ったユーザーが、場所が気になった際に位置情報をクリックします。

そこで、場所を把握できるだけでなく他のユーザーからの投稿も含まれた「人気投稿」と「最新投稿」を見ることができます。

ここでユーザーとの距離を縮めることができるので、店舗に訪れてくれたり、興味を示してインスタグラムのアカウントをフォローしてくれる確率が高まります。

フォローされた時点でそのユーザーは、見込顧客となるため今後の投稿のエンゲージメント率が上がっていき、インスタグラムでの投稿がマーケティングに活きていくでしょう。

ビジネス利用でインスタグラムを使ったマーケティングをするのであれば、必ず使いたい機能です。

個人ユーザーが位置情報を使うメリット

ここで言う個人ユーザーは、インスタグラム上で発信力を付けたいやインスタグラマーのようなインフルエンサーになりたいユーザーと限定しますが、位置情報サービスを使うメリットは大いにあります。

位置情報サービスを利用することで、面識のないユーザーでも同じ場所に訪れていたり、興味や関心を持っていた場所に訪れているユーザーの投稿は親近感がわきます。

お互いに共通の興味があれば、コミュニケーションが充実することもありますしフォロー・フォロワーというかたちで繋がりも増えていきます。

トラベル系のインスタグラマーであれば、数多くの場所に訪れてい写真を投稿しているので、ここで位置情報を追加しておくことでユーザーはその写真がどこで撮影された場所なのかを把握できます。

今後行く旅行の参考になったり、こんな場所に行きたいという視点からフォロワーに転換する率も高めるでしょう。

トラベルでなくても、オシャレなレストラン・ショップなんでも活用ができて、位置情報の中での人気投稿に選ばれれば写真のリーチ数やいいね、フォロワー数の増加も見込めるでしょう。

特定の場所で撮影された写真や動画をインスタグラム上でアップするのであれば、位置情報を追加するのはメリットと言えます。

位置情報を追加するメリットまとめ

位置情報を追加するメリットはビジネス利用でも個人利用でも充分にメリットがあるでしょう。

インスタグラムの検索画面で「スポット」検索ができるため、観光や周辺施設(アクティビティ・イベント・レストラン)などを探す際にインスタグラムを利用して検索するユーザーも増えつつあります。

インスタグラム位置情報説明6

例えば写真のように、インスタグラムの検索ボックスで「渋谷」と検索すると上位検索結果にインスタグラムアカウントとハッシュタグの他に、「渋谷ヒカリエ」と言うスポットが検索結果に表示されています。

また、上位検索結果の並びにある「スポット」を選択することで、「渋谷」と言うキーワードを含むスポット(位置情報)が表示されます。

位置情報を追加しておけば、ユーザーがスポット検索をした際に投稿した写真や動画がリーチする確率も高まるため利用しておくべき機能です。

位置情報を追加するデメリット

位置情報を追加するデメリットは、シンプルに投稿している写真の場所が他のユーザーにも知られてしまうということでしょう。

インスタグラムの仕様が変わり、改善されましたが2015年まで「オリジナル場所登録機能」がありました。

新規投稿の際に場所を設定していなくても「フォトマップに追加」をオンにしていると投稿写真が自動的に地図上に表示されるということがありました。

現在では改善がされましたが、投稿写真に位置情報があることで全世界のユーザーに閲覧されることになります。

ビジネス用であれば気にすることはないですが、個人的に利用しているインスタグラムでフォロワーに場所を知らせたくない(知らせる必要がない)のであれば位置情報を追加しないという投稿もありでしょう。

位置情報は追加・消去の編集ができる

インスタグラムの位置情報は投稿後でも追加や消去をすることが可能です。

編集したい該当の投稿を選択して、メニューを押すと「編集」ボタンがでます。

「編集」を選択して「位置情報を追加する」と表示されている項目を選択すれば投稿後でも位置情報を追加や変更・消去ができます。

インスタグラム位置情報説明7

後から変更したくなっても、キャプションやハッシュタグと同様に修正ができるので安心して追加できます。

まとめ

インスタグラムは位置情報機能を利用することで、地図上に投稿した場所を表示させることが可能です。

位置情報があることで、スポット検索したユーザーに投稿がリーチしたり、フォロワーや投稿を閲覧したユーザーが簡単に撮影された場所がわかるため繋がりが増えていきます。

位置情報サービスを上手く活用していくことで、インスタグラムをビジネス利用してマーケティングをしたり、インスタグラム上でのリーチやフォロワー数増加なんかもできるので使ってみると有効的にインスタグラムでの発信力を高めていくことができます。