インスタグラムが人気な理由を考察してみた。【Facebook・Twitterと比較】

写真1枚で世界観を伝えることができるインスタグラム(Instagram)は、世界で7億人以上の人が月間でアクティブユーザーとして利用しており、日本国内も人気が加速している巨大SNSです。

Facebook、Twitterとソーシャルメディアを利用する人は数多くいますが、日本でのインスタグラムが人気を集めてSNS界で地位を築き、成長(グロース)した理由を考察してみました。

インスタグラムと他のソーシャルメディアの異なる点は?

インスタグラムは、他のソーシャルメディアであるFacebookとTwitterと比較されることが多いですが、ビジネス利用でも個人利用でも多くのユーザーが利用するソーシャルメディアの代表格までグロース(成長)しました。

インスタグラムの最大の特徴は、「写真や動画を活用した発信」ということです。

FacebookとTwitterと比較をしてみると、他の2つのメディアも写真や動画を活用した発信ができますが、この2つのソーシャルメディアはテキストベースの情報に重点が置かれて作られています。

動画メディアの到来で、FacebookやTwitterでも動画投稿も増えてきましたが、ベースとしてあるのはFacebookであればテキストでの説明と補足するURLの掲載やTwitterであれば140文字以内で物事を伝えるという点に比重が置かれています。

画像のように、Facebookの場合はまずテキストベースの情報が先に来て、そのあとに画像設定があればイメージとして画像が表示されます。

Twitterの場合も140文字以内のテキストが先に表示されます。

FacebookとTwitterのユーザーの心理

情報を見て理解する → 補足としてイメージさせる画像で理解を深める

こんな感じの流れで、まずは文字で記載されている情報の読み取りが基本となります。
(タイムラインの表示では、画像や動画で興味・関心を引いて情報に移る場合もありますが、基本は情報をユーザーに提供しています。)

インスタグラムの場合は、写真系ソーシャルメディアのため写真に重点が置かれており、それの補足としてキャプション(テキスト)機能が付いています。

Facebook・Twitterの場合は、テキストである情報をユーザーが入手するためタイムラインに表示された投稿をまず「読む」という姿勢に自然と入ります。

インスタグラムの場合は、「読み」ではなく「見る」という姿勢で入るためストレスなく、写真を印象として残すことが出来ます。

まず、タイムラインで流れてくる写真を見ながら目に惹く写真に興味を持ったら投稿をクリックして、「何の写真なのか?」「どこで撮影した写真なのか?」などユーザーの興味をキャプションで解決します。

Instagramのユーザーの心理

写真のイメージを見る → 関心のある投稿のキャプションを読んで理解する

まずは、イメージから見るためストレスなく閲覧ができて、興味・関心のある写真に対しての疑問をキャプションで解決する流れになります。

インスタグラムは、写真・動画で視覚的にアプローチができるため読むという動作が不要になります。

文字や言葉から情報を処理するのが左脳の役割で、イメージを自然と処理するのが右脳と言われており、右脳が持つ処理速度は左脳の数十倍優れていると言われています。

情報を処理する時には、写真や動画などのイメージのほうが人間は理解しやすいためインスタグラムの投稿は、写真や動画が主体のため効果的にアプローチができます。

インスタグラムを集客やブランディングで活用するのに適している点とは?

インスタグラムは、他のソーシャルメディアと比較し視覚的にアプローチができるためブランド認知や集客の媒体としても効果的に活用ができます。

FacebookやTwitterでの集客やブランディングの場合は、テキストベースでの情報発信でかつそれに加えて外部サイトへの誘導なのに対してインスタグラムであれば視覚的アプローチが主体です。

例えば、自分のブランドのブランディングのために1日3回以上の投稿を発信することで、文字では伝わらない「印象・イメージ」を効果的にアプローチが可能です。

リアルな世界で無名だった人たちが発信力を付けてインフルエンサー(インスタグラマー)に成長していくのもFacebookやTwitterのようなテキストベースの情報ではなく、写真1枚のクオリティで視覚的にアプローチが可能だからと言えるでしょう。

ネットの情報は、これまで文章が主体だったのが動画メディアとして変化を遂げていますが、インスタグラムも視覚的にアプローチが可能なため他のユーザーとの親近感を作るという意味でブランディングをすることも可能です。

まとめ

簡単な考察になってしまいましたが、、インスタグラムを利用したブランディング化や集客はやり方を知っていれば個人でも起業でも効果的なマーケティングと言えます。

また、FacebookやTwitterの場合は自分でコンテンツを作成しなくてもインターネット上にある情報をまとめてツイートして、URLを掲載したり、シェアやリツイートができますがインスタグラムにはその機能がありません。

つまり、自分で撮影した写真や動画が投稿となるためオリジナルのコンテンツを作れる人しか運用が出来ない点があり、難易度が高いという点もあると言えます。

ですが、オリジナルのコンテンツを作成し発信をすることができれば多大な影響力を持つことも可能です。

インスタグラムでの効果的なマーケティングについては、他の記事でまとめたので参考にしてみてください。

インスタグラムで効果的なマーケティングを【集客のための基礎知識】