学歴が高卒でも英語を生かしてキャリアは築ける。【経験談】

【朗報】学歴が高卒でも英語を生かしてキャリアは築ける。【経験談】

学歴が高卒だけど、英語を使った仕事をしたいと思っているけど、それって可能なのかな?

高卒フリーランスのYoshi(@kazushiyoshidaa)です。

この記事では、英語を使った仕事の探し方と高卒のキャリアについて書いて行こうかなと。僕自身の最終学歴は高卒。高校も通信制高校なので高卒資格だけを持っている状態。

フリーター期間を経てフィリピン・セブ島に海外留学をしたところがキッカケで僕の英語を使ったキャリアがスタートしているのですが、これまで「オンライン英会話・英会話スクール」に関わる仕事や「留学カウンセラー」としての仕事、英語教育に関わる事業を経験してきました。

現在は、フリーランスとして独立をしていますが、英語に関わる仕事もしつつ、英語学習ブログ(English With)などの運営しています。

僕自身の経験も踏まえて「英語を学んでキャリアを作りたい」と考えている人に参考になればなと思います。

高卒の英語を使ったキャリアについて書く理由

この記事を書こうと思ったのは、学歴に関係なくもっと挑戦できる人が増えれば良いなと考えたためです。

大卒でもなく高卒で資格・スキルゼロの僕でも「英語」を学んだことで経験できたキャリアを発信することで、誰かに届けばいいなと思っているからです。

学歴が重要視される社会ではまだまだありますが、それ以上に大事なのは「何をこれまで経験してきて、企業に対してどんなスキルを価値提供できるか」だと思います。

この記事を書いている僕の年齢は24歳。まだまだ社会人としてはこれからの年代ですが、「英語」というきっかけでキャリアを作ることができたので、それについてまとめていきます。

高卒でも「英語」を学ぶことで、キャリアは切り開ける

高卒でも「英語+スキル」があれば、キャリアは切り開ける

学歴やスキルはないけど、「現状を変えたい」「成長したい」「好きな仕事をしたい」など現状に満足していなく、挑戦したいという人は多いと思います。

僕自身も高校を卒業をして人生に対して特別目標もないまま生活していたフリーター期間がありました。

その中でたまたま「海外」というものに興味を持ち、「英語を学びたい」と思い、今でこそ知っている人も多いですが、フィリピン・セブ島へ語学留学をすることに決めました。

このたった一つの「行動」で僕の人生が大きく変わったと言っても過言ではありません。

その時も明確な目標が合ったわけではなく、「英語を話せれば何かが変わるのでは?」というぐらいの感覚でしたが、その留学を通した経験が僕のキャリアに大きく影響を与えてくれました。今後のキャリアに対してもそうでしょう。

これは、何もスキルがない僕でも「英語と海外経験」というきっかけが元になり、キャリアを築くことができました。

一歩踏み出す勇気をもって、行動して見ることで人生は変わります。

英語を使えるだけでは人材価値はないということ

英語を使えるだけでは人材価値はないということ

英語が話せるようになることで仕事をする選択肢を広げることは間違いありません。

ですが、「英語を話せる=スキルがある」という考え方もありますが、Yesでもあり、Noです。

英語はコミュニケーションツールの一つでしかなく、英語を話せて大卒の資格を持っている人は社会の中にたくさんいるのです。

ITの発達で、AIを搭載したデバイスをもとに英語翻訳ができるサービスが増えつつありますし、単純に英語が話せること自体の価値は低くなってくると思います。

義務教育でも英語学習が取り入れられつつあるので「英語を話せる」というスキルだけであれば、そこまで人材価値はありません。

これまでの形とこれからの将来の英語に対する考え方は変わりつつあるのです。

過去:英語を話せる人が少ない=需要に対して供給が足りていないので競合がほぼいない

現在:AIができて英語自体が不要 / 英語を学ぶ人が増えている=供給過多で、競合がたくさんいる状態

つまり、これから英語を使った仕事に就きたいのであれば自分自身の英語スキル以外で+αのアピールポイントや経験談を準備しておくのがおすすめです。

僕の場合は「英語+海外でのインターン経験(仕事)」でした。語学留学先でインターンという形で英語を使って仕事をする期間を半年していたため、その経験がもとで留学カウンセラーとして働くことが出来るようになりました。

「英語が話せます」というところに加えて「英語を使ってインターンという形態ですが、海外での就労経験があります。」というのでは採用する企業からしても見方が断然に異なるので、何かしらの「+α」をして経験やスキルを伝えられる様になりましょう。

必ずしも「英語+スキル」というわけではないので、自分が語れるストーリーなどを持っておくといいでしょう。

英語を使った仕事はどんな仕事?

英語を使った仕事はどんな仕事?

英語を使った仕事は世の中に数多くあると思うのですが、高卒キャリアでいきなり、「大手企業の海外事業部」「外資系コンサルタント」などの職種で働き始めるのは難易度が高いかなと思います。

僕の例で言うと数名規模の会社で1番最初の英語を使ったキャリアをスタートさせているので、社会人経験がそこまでないかたであれば「英語を話せる」「留学経験に価値がある」というような職種を選んで見るのが良いかなと思います。

例えば、以下のような職種です。

  • 英会話講師・スクールカウンセラー
  • 語学留学コンサルタント
  • 海外顧客向けのコールセンター
  • ホテルスタッフ・観光ガイド

TOEICなどの点数で英語力を証明することで、採用してもらうことも可能ですし、学歴関係なく英会話講師としてのキャリアを作ることもできなくはありません。英語レベルが中級程度の方であれば、英会話スクールカウンセラーとしての仕事もできると思います。

あとは、海外留学経験者であれば、留学コンサルタントとしての仕事は優遇されたりします。

求人情報サイトに複数登録してみて、どんな仕事が募集されているのかを自分で調べてみるのが一番最初のスタートかなと思います

選択肢を広げるキャリアを選ぶのもあり。

選択肢を築くキャリアを構築

キャリアを作る上で海外就職という手段もありますし、他のスキルをセットで磨くのもありです。

高卒でも海外就職という選択肢はある

海外就職は、学歴関係なく採用を募集しているケースがあります。国の事情によって異なりますが、英語力のレベルは問われず就職も可能です。

この場合は、「日本人で日本語を話せる人材を求めている」という場合が多いため、職歴などもそこまで重視されないケースも多いです。

そこらへんは「海外就職」あたりでググれば、情報を探すことがで探すことができるでしょう。東南アジアであれば多く見つかるはずです。

また僕の場合みたいに海外でインターンをするのもスタートとしては良いかなと思います。

▼海外インターン経験に関してはこちら

19歳でフィリピンでの海外インターンをした僕が考えるメリット・デメリットとは?

英語力+スキルを身につけてキャリアを広げる

高卒から自分のキャリアを広げいくのであれば、以下のような専門的スキルを磨いておくのは個人的にはおすすめです。

  • ウェブマーケティング(SEO・SNS・広告)
  • プログラミングスキル
  • Webデザイン

僕の専門領域は、Webマーケティングで現在はWebを介した集客方法の支援やそのスキルを生かしたメディア運営をメインに活動しています。

プログラミング・Webデザインも一通りのことはできるので、専門的なスキルがあると仕事の幅も広がり、仕事を受注しやすくなります。

以下のようにスキルを掛け合わせることで人材としての価値も高まってくるでしょう。

  • 英語×Webマーケティング
  • 英語×プログラミング
  • 英語×Webデザイン

またITの領域の場合は、一次情報が英語で発信されるため英語スキルを駆使しながら仕事をすることが可能です。

この場合は、1年間ぐらい就職をして専門スキルを磨きながら最終的に英語を使う方にベクトルを向けて行くのがおすすめです。将来的にはフリーランス・起業・独立というなどのキャリアに目を向けることもできます。

Web系エンジニアに興味があるのであれば、以下の記事でプログラミングスクールを紹介しています。無料体験もできるのでスキルを磨くという上でチェックしてみるといいでしょう。

オンラインで学べるプログラミングスクール12選【無料もあり】

無料プログラミングスクールおすすめ5選【有料との違いと注意点も解説】 無料プログラミングスクールおすすめ5選【有料との違いと注意点も解説】

IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 ※IT系のキャリアを掴むのであれば、ワークポートがおすすめです。非公開求人も多いので、まずは登録しつつカウンセリングに参加するといいでしょう。

まずは行動しつつ、考えてみよう

行動しつつキャリアを作ろう

何事もそうですが、実際に行動してみないと理想の仕事やキャリアを作ることはできません。

英語で働ける求人を探すのであれば「転職サイトや転職エージェント」を、あとからやろうではなくて今すぐ登録してみてみるの一番です。

既に社会人として仕事をしているなら働きながら、まずは行動みるのがおすすめです。

転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ)

※最大級の転職サイトなので案件が豊富になります。英語スキルを求めている企業を探してみるべきです。

IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

※IT系のキャリアを掴むのであれば、ワークポートがおすすめです。非公開求人も多いので、まずは登録しつつカウンセリングに参加するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です