【朗報】学歴が高卒でも英語を生かしてキャリアは築ける。【経験談】

【朗報】学歴が高卒でも英語を生かしてキャリアは築ける。【経験談】

高卒だけど、英語を使った仕事をしたい。せっかく留学で英語を学んだのでそれを生かしていきたい。

この記事では、英語を使った仕事の探し方と高卒のキャリアについて書いて行こうかなと。僕自身は、高卒で海外に出て英語を使いながらインターンとして働き、日本に戻ってから英語教育事業・語学留学事業に就職して経験を生かしてキャリアを作りました。

今は、独立して英語・海外・IT的な領域でフリーで活動していますが、英語スキルや海外経験などをしたことがある人材を求めている企業は多いなと感じています。

高卒の英語を使ったキャリアについて書く理由

この記事を書こうと思ったのは、高卒でも自分のキャリアは切り開いていけることを発信することで、もっと挑戦できる社会になると考えたためです。

学歴が重要視される社会ではまだまだありますが、結局大事なのは何をこれまで経験してきて、企業に対して価値提供できるかだと思います。

この記事の想定読者は、英語を使って仕事をしたいと考えている高卒の人でキャリアを考えている人なのでその点を僕自身の経験からお伝えできればなと思います。

高卒でも「英語+スキル」があれば、キャリアは切り開ける

高卒でも「英語+スキル」があれば、キャリアは切り開ける

僕の実感値ですが学歴やスキルはないけど、世の中には挑戦したい人って多くいると思います。

それでも、行動する人はごく限られた人だけ。

僕は、高卒→フィリピン留学→フィリピンで海外インターンという感じで過ごしてきました。

その後、留学カウンセラーとして就職しながら大学機関で英語教育プログラムを作り、オンライン英会話の立ち上げ・英会話スクール設立などを経験しています。

これは、何もスキルがない僕でも「英語と海外経験」というきっかけが元になり、キャリアを築くことができました。

一歩踏み出す勇気をもって、行動して見ることで人生は変わります。

英語を使えるだけでは人材価値はないということ

英語を使えるだけでは人材価値はないということ

英語を話せる=スキルがある」という見られ方がされていますが、ほんとうにそうなのでしょうか?

これからITの発達で、AIを搭載したデバイスをもとに英語翻訳ができるサービスが増えつつありますし、単純に英語が話せること自体の価値は低くなってくると思います。

オリンピックの影響で英語を学び始める人が増えてきており、義務教育でも英語学習が取り入れられつつあるので「英語を話せる」というだけであれば誰でもできる仕事しか回ってこないという構図になります。

これまでの形とこれからの将来の英語に対する考え方は変わりつつあるのです。

過去:英語を話せる人が少ない=需要に対して供給が足りていないので競合がほぼいない

現在:AIができて英語自体が不要・英語を学ぶ人が増えている=供給過多で、競合がたくさんいる状態

つまり、これから英語を使った仕事に就きたいのであれば自分自身の英語スキル以外でアピールできるポイントや経験談を準備しておくと良いでしょう。

企業が求めているTOEIC点数のスコアは取得しつつ、自分自身が価値提供できるようなマーケットを選択することで、英語を使った仕事ができるようになります。

僕のケースだと、フィリピン留学・オーストラリア留学の経験と海外インターンの経験+英語力という感じで就職先を見つけました。

必ずしも「英語+スキル」というわけではないので、自分が語れるストーリーを持っておくといいでしょう。

英語を使った仕事はどんな仕事?

英語を使った仕事はどんな仕事?

僕の実感値ですが、高卒で英語を使った仕事は英語を話せること自体がスキルとなるものの募集が多いかなと思います。

キャリア的には大手外資の求人を探してみたり、コンサルタントなどの職種として就職するのは難易度は高いと思います。それは、学歴があった方が比較的知能が高いと思われるからかなと。

英語を使った仕事は以下のような感じです。

  • 英会話講師・スクールカウンセラー
  • 語学留学コンサルタント
  • 海外顧客向けのコールセンター
  • ホテルスタッフ・観光ガイド

TOEICの点数があれば、学歴関係なく英会話講師としてのキャリアを作ることもできれば、スクールカウンセラーとして仕事もできます。

あとは、海外留学経験者であれば、留学コンサルタントとしての仕事は優遇されたりします。

英語を使った仕事の求人を探すのであれば、おすすめは以下です。実際のところどのサイトは大差はないので、複数登録しつつ実際に話を聞いてみるといいでしょう。

転職ならDODA(デューダ)|業界最大級の求人サイト※最大級の転職サイトなので案件が豊富になります。英語スキルを求めている企業を探してみるべきです。

選択肢を広げるキャリアを選ぶのもあり。

選択肢を築くキャリアを構築

キャリアを築くなら海外就職という手段もありますし、他のスキルを磨くのもありです。

高卒でも海外就職という選択肢はある

海外就職は、学歴関係なく採用を募集しているケースがあります。国の事情によって異なりますが、英語力のレベルは問われず就職も可能です。

そこらへんは「海外就職」あたりでググれば、情報を探すことがで探すことができるでしょう。東南アジアでの職種が多く見つかるでしょう。

英語力+スキルを身につけてキャリアを広げる

高卒でも自分のキャリアを広げいくのであれば、以下のような専門的スキルを磨いておくのが個人的にはおすすめします。

  • ウェブマーケティング(SEO・SNS・広告)
  • プログラミングスキル
  • Webデザイン

僕の専門領域は、マーケティングよりの事業戦略で法人企業からコンサル案件として受注しています。プログラミングもWebデザインも一通りのことはできるので、専門的なスキルがあると仕事の幅も広がり、仕事を受注しやすくなります。

また基本的にITの領域は、一次情報が英語で発信されるので英語スキルを駆使しながら仕事をすることが可能です。

この場合は、1年間ぐらい就職をして専門スキルを磨きながら最終的に英語を使う方にベクトルを向けて行くのがおすすめです。将来的にはフリーランス・起業・独立というなどのキャリアに目を向けることもできます。

Web系エンジニアに興味があるのであれば、TechAcademyの無料体験を受けて見るといいでしょう。スキルを学びつつ、就職に繋げることも可能です。

TechAcademy [テックアカデミー]の無料体験はこちらから

IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 ※IT系のキャリアを掴むのであれば、ワークポートがおすすめです。非公開求人も多いので、まずは登録しつつカウンセリングに参加するといいでしょう。

まずは行動しつつ、考えてみよう

行動しつつキャリアを作ろう

何事もそうですが、実際に行動してみないと理想の仕事やキャリアを築くことはできません。

転職サイトや転職エージェントは、あとからやろうではなくて今すぐ行動することが一番です。

すでに仕事をしているなら仕事をしつつ、まずは行動していきましょう。時間は有限なので、転職活動・就職活動をしながら考えていきましょう。

転職ならDODA(デューダ)|業界最大級の求人サイト※最大級の転職サイトなので案件が豊富になります。英語スキルを求めている企業を探してみるべきです。

 

IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 ※IT系のキャリアを掴むのであれば、ワークポートがおすすめです。非公開求人も多いので、まずは登録しつつカウンセリングに参加するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です