戦略的に口コミマーケティングを利用する【バズを起こす仕掛け】

戦略的に口コミマーケティングを利用する【バズを起こす仕掛け】

口コミマーケティングを活用して、効果的に宣伝・PRを進めたい。戦略的に口コミを利用した集客方法を知りたいな〜。

こういった内容について詳しくまとめていきます。

  • 口コミが集客に効果的な3つの理由
  • 戦略的に口コミを広める方法
  • 口コミには、コピーライティングが重要

口コミはマーケティングに有効という話はよく聞くけど、実際にどのように実行していいかわからないというのも多いですよね。

今回は戦略的に集客のために口コミを活用する方法を紹介していきます。

口コミが集客に効果的な3つの理由

人気を集める店舗系サーボス・ウェブ系サービスは集客の一環として、口コミを上手く利用しているケースは珍しくありません。

口コミを戦略的に活用することで、集客を成功に導くことができます。口コミがマーケティングに効果的な理由として、以下の3つの点があります

  1. 第三者からの発信のため信頼度が高い
  2. ターゲッティングをして口コミ拡散できる
  3. 集客方法としてコスパが高い

1.第三者からの発信のため信頼度が高い

企業の集客や宣伝が、最終的なプロダクト・サービスの販売が目的なのに対して口コミは第三者からの発信のため信頼度が高いという点があります。

実際に、「gooリサーチ」のネットアンケートの結果によると商品やサービスを購入する際に事前に情報収集をする人は8割を超えて、口コミがきになると答えた人も8割を超えています。

最終的な購入の決め手になるのは、全体の4割が口コミを参考にして購入を決めると回答しています。

実際に商品やサービスを利用する際に、「大衆心理(集団心理)」で周囲が利用している安心感をもとに商品購入へのハードルを上げていくことができます。

2.ターゲッティングをして口コミ拡散できる

口コミを意図的に仕掛けていくことで、さらなる口コミを生み出すことができます。実際にその商品やサービスを利用してほしいユーザーに対してターゲットを絞っていれば、そのユーザーがまず口コミを作ってくれます。

その周りに集まるユーザーは似た層が多いためリーチしたいターゲット層にアプローチができます。

ここは、インフルエンサーマーケティングのマイクロインフルエンサーを活用する集客に似ているかなと思います。距離の近い親近感のある人からの発信の場合は口コミが拡散されやすいため連鎖的に口コミが増えていきます。

3.集客方法としてコスパが高い

口コミを活用する方法は、自社で取り組めばほぼ広告宣伝費としてのコストが掛からないという点があります。

プロモーションの方法として、様々な手段がありますが口コミは仕掛けをしておけば「人から人」の連鎖で広がっていきます。

これは1対1の拡散ではなくて、ネットやSNSの場合は1対nの関係なので少ない費用でプロモーションを進めることができます。

戦略的に口コミを広める方法

戦略的に口コミを広める方法

口コミを活用したマーケティングは、メリットが高いという点は分かったと思いますが、戦略的にプロモーション設計をする必要があります。

その理由は口コミは拡散されないと宣伝効果がでないという点と、ステマややらせと言われてしまうと逆効果で悪評が回ってしまう可能性があるからです。

戦略的に口コミを広める集客の設計をして、効果的にマーケティングをしていきましょう。

  • 口コミが発生するプロダクト設計
  • 口コミが発生する環境づくり
  • 口コミが発生する感情コントロール

口コミが発生するプロダクト設計

口コミを発生させるには、商品・サービスのプロダクト設計を明確にしておく必要があります。

口コミが発生しやすい条件として、「インパクト」「わかりやすさ」が重要です。どのユーザーに一番に使って欲しいプロダクトで、どのような価値提供をするのかを明確に決める必要があります。

このプロダクト設計の際は、商品企画の際にフレームワークを活用して価値提供をわかりやすくしつつ、インパクトの大きいコンセプトにします。

その上で、どの顧客層に訴求していくかを明確にするためにペルソナを決めていきます。

プロダクトが魅力がないと「人に伝える」という行動に移らないので、プロダクト設計やコンセプトを明確にしていくのは重要視すべきポイントです。

口コミが発生する環境づくり

口コミをユーザーが発信してくれるような環境を作っていくのも重要なポイントです。プロダクトの価値を最大限高めていっても、口コミを投稿する環境がないとマーケティング効果は発揮されません

例えば、以下のように業界別に口コミが集まるサイトが存在しているのでそこに掲載をしておくのも一つの手です。

  • 飲食系:食べログ・ぐるなび
  • 美容系:ホットペッパービューティ・@Cosme
  • 旅行系:フォートラベル・トリップアドバイザー
  • EC系:楽天・Amazon

また、ウェブサービス形であればサービス利用時・後に自動でツイッターやFacebookにシェアする仕組みを組み込む環境を作ることもできます。

それ以外にもハッシュタグキャンペーンなど特定のハッシュタグを利用して投稿できる環境を作っていくことで戦略的に口コミを増やすことができます。

口コミが発生する感情コントロール

最後に重要なのは、ユーザー心理を考えてどの瞬間にユーザーが口コミを投稿したくなるのかを考えてみることです。

口コミは人に伝えたいという感情や伝えることの優位性を伝えていくことで、効果的に拡散していくことができます。

そこで重要なのが「特別感」「限定性」「優越感」です。

  • 特別感=一部のユーザーのみが受けれる特典を用意
  • 限定性=期間限定で今しかできない限定性を準備
  • 優越感=最新モデルやトレンドで優越感を準備

ユーザーが、他の人に伝えたくなるような感情を動かす仕組みを作っておくことで、口コミは発信されやすいという点があります。

逆に、ここを上手く左右されていないと悪い口コミとして広がる可能性もあるので戦略的にマーケティングを設計していきましょう。

口コミには、コピーライティングが重要

口コミを戦略的に訴求する方法についてまとめてきました。

僕が実際に、口コミマーケティングを利用する上で重要視しているのはコピーライディングです。

もちろん、プロダクト設計や環境づくりなどもしていくのですが感情を動かすのであればコピーライティングが大事です。

コピーライディングで商品をより魅力的に伝えることができて、そのキャッチコピーとともに口コミが発信されやすくなります。人間心理を理解し、言葉で読者の行動を左右させていくことができます。

もちろん口コミ以外にもマーケティングに活かすことができるスキルなのでぜひとも学んでいくことをおすすめします。

僕が実際にマーケティングをするために参考にした本もぜひ参考にしてみてください。

10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方|※インターネットで売るためのスキルが詰まっており、基礎的な考え方から文章に落とし込むスキルを学べます。

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書) |※文章で伝える力を学びたい人におすすめです。

 

お客さまがお店のことを話したくなる! クチコミ販促35のスイッチ (DOBOOKS)|※口コミでの仕掛けやアイディアを1から学びたい人におすすめです。

全てが口コミマーケティングに直結しているわけではありませんが、コピーライティングは勉強しておくことをおすすめします。

最後に:戦略的に仕掛ける口コミマーケティング

集客やマーケティングに、有効な手法として使われている口コミ。

戦略的に仕掛けていくことで、口コミの効果を最大限に高めることができます。ユーザーの心理を考えてみて、プロモーションを設計することで効果のあるマーケティングを目指して実行していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です