マーケティングに活かすデータ分析【データ収集方法を簡単解説】

マーケティングに活かすデータ分析【収集方法を簡単解説】

マーケティングの課題を明確化にしたいけど、どうすればいいかわからない。分析をする上で重要な項目ってある?

スムーズにビジネス・仕事を進めていくには、多くのデータを収集・分析をし、現状の課題発見から問題の可視化をすることは大切です。

ウェブマーケティングや商品企画などをする上でも正確なデータを取集して、分析した結果を次回のアクションに繋げて効果的にビジネスを進めて行きます。

今では、様々な支援ツールが存在していますが、この記事では簡単にできるデータ分析・収集方法について詳しくまとめていきます。

データ分析と収集する際に知るべき方法

データ収集をする際の方法として、大きく分けて2つ存在しています。

  • プライマリーデータ
  • セカンダリーデータ

プライマリーデータ

自ら企画して、収集したデータのことを言い、自社の顧客データやアンケート・ヒアリングの結果で集めた情報です。

自分発信で情報収集をすることができるので、欲しいデータを集めることができます。

データ収集するために、ある程度時間を費やす必要があるのでオペレーションにデータ収集をする仕組みを自動化できるようにするとかなり楽です。

例えば、「サービス購入+アンケート記入」で割引を追加したり、「アンケート記入」で次回使えるクーポンの発行などユーザー特典を付けることで効率よくデータを集めることができます。

セカンダリーデータ

セカンダリーデータは、調査機関や公的機関が収集したデータのこと。

すでに存在しているデータのため、インターネットを通じてすぐに集めることができます。自社サービスで収集したいデータが集まるとは限らないので、あくまで参考程度で使えるデータになります。

マーケティングを成功させる必要なデータの収集方法

サービスや商品をマーケティングしていく上で、重要視したいデータは「プライマリーデータ」です。

ペルソナを作りつつ、マーケティングをしていくことになりますが顧客獲得の際にペルソナと一致しているかのズレを見極める必要があります。その際に、ユーザーアンケートや顧客データの収集をすることで今後のマーケティング導線を作り上げることができます。

年代・居住地・性別などの定量的なデータはある程度入手が可能だと思いますが、オペレーションに以下のような質問項目を設けておきましょう。

  • サービスを知ったきっかけ(検索エンジン・広告・SNS)
  • サービスを購入する際に重要視する点(価格・手軽さ・クオリティ)
  • 満足度(実際に利用した感想)

サービスによって内容は異なりますが、今後のマーケティングに応用できるデータを集めましょう。特にサービスを知った理由や流入経路がわかれば、割合・効果の高い方法にピンポイントにマーケティングを実施できます。

ウェブマーケティングは使えるツールは全て活用しよう。

プライマリーデータを理解したから完璧な分析が行えるわけではありません。

ウェブマーケティングが主であれば、アクセス解析やウェブ広告のデータを照らし合わせる必要があります。SNSなどのデータの動向もチェックしておくといいでしょう。

  • Google Analytics
  • Search Console
  • Google Adwords
  • Keyword Planner
  • Google Trend
  • SNSの分析データ

データが既に集まるサイトを活用

新規サービスや大枠をもとに、データを収集したい場合は総務省統計局のデータから探してみるのもおすすめです。ここでは、公的機関が収集したセカンダリーデータを確認することができます。

総務省統計局ホームページ

統計調査・統計データがカテゴリごとに分けられているため必要な情報を集めることができます。ある程度日本のユーザーの動向が掴めてくるので参考程度に利用しましょう。

データ収集を行い、仮説→検証を行なっていくわけですが仮説をするにあたってデータがないに越したことはありません。

無駄は省く。なんとなくは辞める

マーケティングを始めたての時は、データを収集できるツールなどをとりあえず見てみることはすると思います。

ただ、なんとなく情報を集めて分析をしたものほど意味のない作業はありません。

「なんのためにデータ分析をするのか?」「分析した結果をどのように生かすのか?」を明確化にしておくことが大切です。

僕は法人企業のコンサル案件で一通り、データを見させてもらうことはあります。

ただ、外部の人間から見るとデータ上から分析をした結果を考察することは可能ですが、実際にサービスを提供している担当者がどのような課題と問題を抱えていて、解決して行きたいかを理解していないと話が進みません。

外部の企業に集客やマーケティングのコンサル案件を頼む場合でも、データ分析をなんとなくすることはただの無駄です。

問題解決の手段として、データを収集しつつ解決に導いて行きます。

まとめ

データ分析の結果から問題点を見つけ、改善案を出していきます。

  • 分析→課題発見→改善案→実行

あくまで、マーケティングや事業・戦略をスムーズに進ませる手段として有用なデータを活用していくという点を理解しましょう。データ分析を活用して実行に移しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です