「ペルソナとは?」基礎知識と活用法を解説【マーケティング用語の意味】

「ペルソナとは?」基礎知識と活用法を解説【マーケティング用語の意味】

マーケティングを勉強していたら「ペルソナ」についてでてきたけど、それってどういう意味?よくわからないから詳しく事例とともに教えて欲しい。

こんな疑問についてお答えします。

  • マーケティングでよく聞くペルソナとは?意味を詳しく解説
  • ペルソナを正しく設定するべき3つの理由
  • ペルソナ作成・活用の知っておくべき注意点

ペルソナとは、簡単にいうと商品やサービスを利用する顧客の中でも一番に使うであろう人物モデルです。

マーケティング・集客をする上で、どのような手法が一番最適かを迷ったりするときもありますが、ペルソナをしっかり設定しておくことでこの疑問を解決することができます。

今回は、ペルソナの基本知識とその活用方法について詳しく解説していきます。

マーケティングでよく聞くペルソナとは?意味を詳しく解説

ペルソナとは、提供しているサービスや商品などを実際に利用すると想定される人物のモデルのことを言います。

マーケティングをする上で重要視されている手法であり、なんとなく設定をしてしまうとマーケティング活動の無駄ができてしまったり、適切な施策を打つことができなくなります。

例えば、ウェブマーケティングの担当者になり、英会話スクールの集客を任されたとします。

  • その英会話サービスはどの世代なのか?
  • そのユーザーは英会話スクールに何を求めている?
  • 年収はどれぐらい?

想定される顧客がどのようなユーザーなのか?ユーザーがそのサービスを利用して、どのような価値を得られるのか?などを把握しなければ最適なマーケティング案は出てくることはありません。

ユーザーは、社会人なのか学生なのかで施策が変わりますし、学びたい目的でも異なります。年収もコスパ重視なのか質重視なのかで変わってくると思います。

ペルソナの設計を顧客の詳細な部分まで想定をし、人物像を作り上げることで適切なマーケティング案を作ることができます。

また、マーケティング活動を行うチームメンバーの中でペルソナを明確に共有しておくことで、顧客目線でどのような施策が適しているかも決まりやすくなります。

ペルソナ設定でをする上で、決めておくべき項目

マーケティングのペルソナ実例・事例

まず考えなければいけないのは、提供する商品やサービスがどのようなユーザーに訴求して使ってもらうことを想定しているかです。

設定すべき点は定量的なデータと定性的なデータの2つを決めていきます。

定量的データ

性別・年齢・収入・居住地域・家族構成・業種・職業・役職・仕事内容

定性的データ

プライベートの悩み・仕事の悩み・プライベートでやりたいこと・仕事でやりたいこと・趣味・興味・こだわり

上記に加えて、日常生活の中でどのように情報収拾をしているかも決めておくといいでしょう。

例えば、ウェブサイトでの検索が多いのか、SNSが多いのかでもマーケティング手法が異なりますし、SNSといってもFacebook/Twitter/Instagramのどれを使っているかで施策も変わります。

あくまで、ペルソナとは架空の人物ですがモデルとして落とし込むことでマーケティング活動の無駄を削減できます。

ペルソナを正しく設定するべき3つの理由

ペルソナとは?について基礎知識と意味について解説してきました。

ここでは、ペルソナ設定をすることで得られる3つのメリットについて紹介していきます。

顧客目線で商品設計ができる

ペルソナ設計をする際は、市場調査や競合サービスの調査をまずは行います。

そのデータをもとに、しっかりとペルソナを設計することで顧客目線で商品やサービスを設計することができます。

つまり、マーケティングに関わらず商品戦略的にも左右されるものでもあり、ユーザーファーストで求められるサービスを作り上げることができます。

商品・サービスを勝ちとして提供するために重要な意味を持っています。

プロジェクトチームでの活動が効率化される

マーケティングをチームで行う際に、ペルソナの人物モデルが決まっていることで無駄な施策がなくなり、優先度の高いものから順に取り掛かることができます。

マーケティング以外でも実際に営業するメンバーやオペレーションを行うメンバーなど他の部署との連携もペルソナがはっきりすることでプロジェクトが円滑に進んでいきます。

マーケティング活動の無駄を軽減

人物モデルがしっかりと人格化されていけば、それに対して必要なプロジェクトの動きが自ずと決めっていきます。

即効性のある効果的なアイディアから一つずつ、実行することができて優先順位が決まりやすくなります。担当者の負担も軽減され、無駄な広告費を使わずにマーケティングを可能とします。

ペルソナ作成の知っておくべき3つの注意点

ペルソナ作成の知っておくべき3つの注意点

マーケティング活動を行う上で重要なペルソナの設置ですが、より詳細に作成をしていきたいところです。

ペルソナを作成する上で知っておくべき重要な3つのポイントをまとめました。

1.チームで必ずペルソナを設計をする

なんとなくペルソナ決めたところで、その効果は発揮しません。ウェブ制作をする上でもペルソナ設計をするケースがありますが、制作者頼りにしているケースをよく見かけます。

また、ウェブマーケティング担当者のみで決めて施策を実行しているケースもよく見かけます。

1人もしくは社内の少数の意見を決めてしまうと、担当者のイメージと実際に購入するペルソナの人物モデルより大きなズレが生じることがあります。

実際に、利用するユーザーの声を盛り込みつつ、マーケティング担当者・商品企画の担当者と周りを巻き込んで作り上げることを必ずしましょう。

社内のメンバーであれば、すぐ集めることができると思いますし、SNSやブログ・すでにユーザーがいるのであればアンケートなどを取り入れながら作成しましょう。

より身近なペルソナの人物モデルを作る

ペルソナは、実際に商品やサービスを利用するユーザーを詳細に作るものです。

ペルソナは複数作るケースもありますが、実際に一番使うであろうユーザー層を1人の顧客像に作り上げています。大量な情報や意見をもとに人物モデルを作りあげていくため情報過多になるケースがあります。

情報が多いと分かりづらくなってしまうので、収まりきらない部分は排除しつつ必要な情報を絞っていきましょう。

そして、ペルソナを作るメリットでも説明した「プロジェクトチームでの活動が効率化される」という点を考えると社内のメンバー・担当者・関係者が想像しやすいモデルを作る必要があります。

誰でもイメージできるペルソナということは、実際に存在するモデルとも言えるのでより日常に身近な人物モデルを作っていきましょう。

常にアップデートする

ペルソナを用いてマーケティング活動をする上で、商品企画やマーケティング活動の初期段階でペルソナを考えていきますが、ペルソナは常にアップデートするべきものです。

実際にペルソナを作った上でマーケティングをしてみたけど、実際にサービスや商品を利用しているユーザーは違ったということもでてくるでしょう。

ここでペルソナをアップデートしつつも、実際に訪れたユーザーにフォーカスをして商品を企画して行くということもできます。

常にアップデートをして、マーケティング施策に活用しましょう。

最後に:ペルソナなしではマーケティングはできない。

これまでペルソナなしでマーケティングをしてきて、そこそこ結果が出ていたとしても今後のマーケティングには取り入れるべき手法の一つです。

ユーザーが求めている商品・サービスを設計する上でも大事です、次々と新たなサービスやITの進歩により、多様なユーザーニーズもできつつあります。

ペルソナ設定は時間が掛かる作業ではありますが、ここを決めておけば今後のマーケティング活動の無駄を削減し、効率化できるので是非とも取り入れてみましょう。

ちなみに、この記事のペルソナ(想定読者)は「新卒1年目でマーケティング担当者に任命されて、いち早く仕事を覚えたい人です。

もちろん、新卒とは限らないですがこの記事でマーケティングの基礎知識をできるだけ分かりやすく、メリットと活用法を知ってもらえるように全体的に概要を書いていくことで価値提供できるようなコンテンツにしています。

つまり、サービスに関わらずSEO記事やコンテンツマーケティング・ブログ記事でもペルソナ設計は重要なのです。

ペルソナを作って有効的に活用しつつ、マーケティングをしていきましょう。ペルソナを設計する方法は以下の記事で詳しく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です