「もう働きたくない…。疲れた」と感じているなら、仕事を辞めましょう。

「もう働きたくない…。疲れた」と感じているなら、仕事を辞めましょう。

MEMO
もう働きたくない…。疲れた。仕事も楽しくないし、毎日が会社に通って時間が過ぎての毎日…。この先どうしようかな。

仕事で働き続けてると、もう働きたくないと感じることってありますよね。

僕自身は、現在フリーランスという形で働いていますが、会社員時代は仕事との毎日でもう働きたくないと思うことは多々ありました。

フリーランスの今は、そこまでないですが、業務が多くなると仕事の量を減らしたいな…。休みたいな…。と思うこともあります。

もう働きたくと考えている人に向けて、この記事を書きました。この感情を持っている人の何か届けばいいなと思います。

もう働きたくないと考えているならいっそのこと辞めるべき。

もう働きたくないと考えているならいっそのこと辞めるべき。

結論として、「もう働きたくない」と考えているならいっそのこと仕事を辞めてみましょう。

理由として、「もう働きたくない」と考えつつ、働いている時間って無駄でしかないからです。

  • 明日、朝起きて会社に行かなければ行けない。
  • 仕事に疲れた。明日は休みたいな。

こんなこと考えてても仕事をしてても成長なんかみえないですよね。これは、年代関係なく20代でも30代でも40代でも同じことが言えます。

実際に、僕が会社員として働いていた時代も「この仕事って自分の成長になるのかな…。」「このまま働き続けるのかな…。」と思い悩んだ時期が少なからずありました。

こう考えているときって、仕事もやる気が続かないですし、目の前の仕事に集中できずに無限ループでネガティブなことを考えてしまいます。

実際、この状態で働き続けても現状が変わることがないので、それであれば自分自身を見つめ直す意味でも仕事を辞めてみるべきです。

このまま定年まで働き続けますか?時間は有限です。

自分に問いかけてみましょう。

「このまま定年まで働き続けますか?」

時間は有限です。無限に時間があるのであれば、「もう働きたくない」と考えつつ、給料が一定額貰えてプライベートが充実しているのであればそのまま働き続けても良いかも知れません。

ですが、時間は有限ですよね。人生一回きりなのであれば、このまま働き続けていて未来が見いだせるのかを考えてみると良いと思います。

僕自身は高卒で1回目に正社員として就職した会社を6ヶ月で辞めています。その理由は、その会社で働きたくなかったからです。

周りから甘えているという声も少なからずありましたが、自分のやりたいことではなかったのが分かりつつあって完全ブラックで残業することが正解みたいな会社でした。

この先この会社で正社員で働き続けても、僕が目指している働き方・将来・成長はないなと思って辞めることを決断しました。

残念ながら働き続けているから現状が変わるなんてことはないので、今一度その会社で「定年まで働き続けるのか」を問いかけてみましょう。

答えがNoなのであれば、早いうちに見切りを付けて次のステップに進んだ方が得策だと思います。

もう働きたくないという気持ちを変える方法【解決策とセットで説明】

もう働きたくないという気持ちを変える方法【解決策とセットで説明】

 

仕事をしてて、「もう仕事に疲れた。働きたくない」という考えはノーマルです。

少なからず、好きな仕事でも疲れることやストレスを感じることってあります。その気持ちをリセットして、ポジティブマインドに切り替える方法を解決策と共にまとめてみました。

  • なぜ、働きたくないのか?を考えてみる
  • 自分自身を見つめ直して、考える時間を作る
  • 仕事に対して目標を作ってみる
  • 好きなこと・やりたいことを考えてみる

なぜ、働きたくないのか?を考えてみる

今なぜ、働きたくないのかをしっかり考えてみましょう。

「残業続きで辛い」「仕事のストレスが多い」「人間関係がめんどくさい」

理由は人それぞれだと思いますが、働きたくないと考えている要因が何かがわからないと次のステップに進めないですよね。

僕自身もこの理由が明確にわかったので、会社員を辞めるという決断を半年で出来ました。いくらでもやり直すチャンスはあるので、理由を明確にする時間を作りましょう。

自分自身を見つめ直して、考える時間を作る

仕事が忙しい毎日だと考える時間が疎かになり、「仕事をしなければ行けない」「働かなければいけない」という責任感から考える時間を冷静に持てないなんてこともあります。

有給休暇でも良いですし、まとまった時間を使ってリラックスしつつ、自分自身の将来について考える時間を作るべきです。

忙しい毎日だと考える時間を中々作れないので、まとまった時間を作ってみましょう。

仕事に対して目標を作ってみる

いろいろ考えた上で、「もう働きたくない」と考えている理由が、仕事環境の問題ではなくモチベーションということであれば現在の仕事に対して目標を作ってみるのも解決策です。

流れ作業で仕事をするのではなく、「今日仕事をしている価値は何か」を考えながら自分の成長に繋がてみると仕事も楽しくなるはずです。

僕自身は現在フリーランスという働き方で、マーケティング・集客メインのコンサルタントなので、今日仕事をしている内容をコンサル先の企業の成果に繋げようというマインドセットで取り組んでいるので、仕事が苦になることはほぼありません。

もちろん、仕事に対して目標を作ってみてもやる気がでないのであれば、転職をしてしまうのも手だと思います。

好きなこと・やりたいことを考えてみる

好きなこと・やりたいことなどの興味があることは何かを明確にするのも解決策の一つです。

好きじゃない職種であれば、そもそも目標を作っても頑張れないかも知れません。

例えばですが、人には適材適所で得意なこと不得意なことがあります。

  • コミュニケーションが苦手→営業・接客は向いてません。
  • 細かい作業が苦手→事務的作業は向いてません。
  • マルチタスクができない→ベンチャー企業は向いてません。

こういった感じでして、自分に合った職種や職業じゃないと思い悩むこともあるので、自分の仕事に合っているか考えましょう。

その上で、好きなこと・興味のあることを軸に転職活動をしてみるのもいいと思います。

最後に:このまま働き続けますか?

最後に:このまま働き続けますか?

「このまま働き続けますか?」

今の現状が辛いのであれば、時間を作って自分に問いかけてみましょう。仕事に疲れているなら、まずは辞めて見て休んでみるのもありです。

ストレスを軽減しながら仕事をする方法はいくらでもあるので、まずは思い切って行動してみましょう。

具体的な方法は、「働きたくないと考えている時間が無駄。一旦リセットしてみませんか?」の記事でも解説しています。

給与・年収なんかが働きたくないという要因に繋がっているのであれば、自分の市場価値からキャリアを見つめ直すことができるアプリ・サービスもあるので使ってみたり、退職をする手続きが億劫なら退職代行サービスなんかもあります。

行動すること・情報収集すること・自分自身を見つめ直すことは大事なことです。

決断と行動ができれば、仕事を辞めてもやり直しはできるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です