ノードとは?

今回はビットコインについて調べていると仮想通貨のブログやツイッター上でよく出てくる「ノード」について簡単に説明していきます。

仮想通貨・ビットコインの仕組みを知りたい!ノードが何か知りたいという方向けの記事です。

仮想通貨の仕組みノードとは?

ノードとは?

ノード(Node)とは、「交点」「節」「結び」などの意味を持つ英単語です。ネットワークの接点で、コンピュータネットワークではサーバー、クライアント、アクセスポイントのことを言います。

仮想通貨上で説明されるノードとは、ビットコインのネットワークに参加しているプログラムの一つ一つの「接続ポイント」のことです。

ビットコイン取引している方のデバイス一つ一つの接続ポイントが「ノード」と言い、P2Pネットワークの接続部分となります。

ノードの役割

仮想通貨で言うと、送金処理の2者間で送金される通貨の接続ポイントとして間に立ち、以下のようなチェックを行います。

  • データの署名
  • 取引データの不正チェック

世界中に分散する通貨の取引データを監視や取引を承認することを担っているイメージですね。

通貨を正常に送金し、稼働させることを手助けしているのでビットコインのマイニングを主体しているノードも存在しています。

 

まとめ

仮想通貨でよく聞くノードとは、通貨の送金をお手伝いする仕組みで報酬を生み出すことも可能なことを言います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です