フリーターでもプログラミングを学べば就職可能【方法を解説】

フリーターでもプログラミングを学べば就職可能【方法を解説】

現在、フリーターをしているけど、今後のキャリアを考えてプログラミングを学ぼうと思っている。IT業界なら学歴も関係なさそうだけど、プログラマーとして就職するのであれば、スクールとか通ったりしたほうがいいのかな。どのような方法が良いのか教えて欲しい。

アフィリエイト収益やプログラミング(Web制作)などで稼ぎつつ、フリーランスからIT系の会社を起業しているYoshiです。

今回はフリーターの方がプログラミングを学んで就職する方法についてまとめていきたいと思います。なお、個人的な意見も入っているので参考程度に見てみてください。

結論:フリーターからプログラミング就職は可能

結論:フリーターからプログラミング就職は可能

フリーターの方で「プログラミングを学べば就職できるの?」と考えている人もいると思いますが、結論としては可能です。

理由は明確で、以下の2つです。

  1. IT業界全体が売り手市場である
  2. プログラミングに学歴は不要だから

1.IT業界全体が売り手市場である

社会全体のITに対する需要が高まっていて、大きな人手不足になっています。

今でこそフリーランスという働き方が当たり前になりつつありますが、プログラマー・エンジニア・Webデザイナーなどの職種のフリーランスが多いのも企業のなかで人材が圧倒的に足りていない理由の一つですね。

IT業界の人手が足りていないので、フリーターだとしてもプログラミングを学べば就職は可能ですし、そもそもエンジニア経験者を採用すること自体が難しいので未経験でも基本的には採用されます。

2.プログラミングに学歴・経歴は不要だから

プログラミングスキル・エンジニアスキルは、「学歴が高いからスキルが高い」として直結しないですし、これまでの経歴がフリーターでも不利になることはありません。

むしろ未経験でも1から本気で学びたい熱量のある人の方が採用されやすいですし、「フリーターとしての職歴で本当に就職出来るか心配…。」というのはあまり考えないで良いかなと思います。

プログラミングを学んでフリーターが就職する方法

プログラミングを学んでフリーターが就職する方法

では、具体的にどんな方法でフリーターがプログラミングを学んでエンジニアとして就職するかをまとめました。

具体的には以下の④つ。

  • 方法①:プログラミングを独学をして就職をする
  • 方法②:プログラミングスクールで学んで就職活動をする
  • 方法③:就職支援のあるプログラミングスクールを選ぶ
  • 方法④:直接就職活動をする

順に解説していきます。

方法①:プログラミングを独学をして就職をする

プログラミングはある一定の知識であれば独学可能なので、独学で知識を付けて就職活動をする方法です。

フリーターとして働きつつ、自分で学ぶ時間を効率よく取っていく必要がありますね。

エンジニアとして働き始めてからもそうですが、分からない知識を「自分で調べて解決する」ということができないと、大きく成長することはできないので独学で学ぶのは大切だと思います。

僕自身もプログラミングはほぼ独学で学んできたので、出来ないことはないと思います。

まずは、無料で使える「Progate」や「ドットインストール」あたりから取り組んでみると良いでしょう。

ポイント

プログラミングを独学で学んで就職するメリットは、「自分で調べて解決する」というスキルを身に付けることと、就職活動時に自己PRがしやすい点。

「未経験ですが働くので知識を教えて下さい」というスタンスだとやる気が感じられないですし、採用側もリスクが高いのである程度は知識を付けた状態で就職・転職活動をするべき。

特にフリーターはこれまでの経歴のこともあるので独学をしてということは評価が高いです。

方法②:プログラミングスクールで学んで就職活動をする

フリーターがプログラミングを学んで就職する方法として一番適している方法はプログラミングスクールで学んでみることです。

1から体系的に知識を学ぶことができるので独学で学ぶよりは効率的だと思います。

今ならオンラインで学べるところも増えているので、お金を掛けてプログラミング知識を付けてみるのは効率的。

体験レッスンを受けるだけでもプログラミングの基礎知識を付けることができますし、様々な分野に対応しているのでまずは体験を受けてみるとイメージも付きやすいと思います。

TechAcademy | 幅広い分野のプログラミングに対応するオンラインスクール

Code Camp | オンラインプログラミングスクール

ポイント

プログラミングスクールで基礎から体系的に学んだ知識は実践ですぐに使えるかは置いておいてですが、これから必ず使える知識にはなります。

そのため、採用側も「あのスクールの●●講座を受講した」という安心感があるので就職活動で上手くPRすることができます。そのため、就職実績やプログラミングスクールとして実績の高いところを選んでおくことをおすすめします。

方法③:就職支援のあるプログラミングスクールを選ぶ

プログラミングスクールの中には就職支援が込みのところもあります。

エンジニアとしての知識を学んで提携先企業に就職斡旋をしてくれるスクールで、最も効率的かなと。

中には無料でプログラミングが学べて就職までサポートしてくれるので、フリーターの方で一番リスクが少ない方法がこの方法かなと思います。

個人的なおすすめは以下のITCE Academy。

ITCE Academyは、完全無料のITスクールで最短1ヶ月でエンジニアを目指すことが可能。遠方からプログラムに参加される方向けに宿泊施設も無料で提供していて、キャリアアドバイザーがマンツーマン就職支援をしてくれるため安心して参加することができます。

公式サイト:1ヶ月でITエンジニアになれる!【ITCE Academy】

ポイント

プログラミングスクール終了後に、就職支援をしてくれるところは数多くあります。そこは自分でも就職活動をしながら活用してみると良いでしょう。

お金を掛けずにプログラミングを学びたいのであれば、ITCE Academyのように就職がセットの代わりに無料で学ぶことが出来るプログラムもあるので上手く活用することをおすすめします。

方法④:直接就職活動をする

プログラマーやエンジニアの需要は高まっているので、未経験のまま直接就職活動するのもありです。

未経験から就職後にプログラミングを学びながら働けるところも多く、入ってからは知識面で苦労はしますが最短で就職をすることが可能。

また、お金をもらいながらプログラミングを学べるのでリスクは少ないと思います。

IT業界の募集は多いので以下のようなサイトをチェックしておくと良いでしょう。

ポイント

短期間で就職まで行くのに効率が良いですが、少し難易度は高め。

大事なのは自分をどれだけPR出来るのかに尽きるので、未経験だとしてもどのように活動ができるかをPR出来るといいでしょう。そのためにはキャリアコンサルティングを活用しながらアドバイスを受けて就職活動するのがおすすめ。

大事なのは、短期間で集中的に取り組むこと

大事なのは、短期間で集中的に取り組むこと

フリーターがプログラミングを学んで就職する具体的な方法をまとめてきましたが、大事なのは短期間で集中的に取り組むことです。

僕自身もフリーター時代があるのですが、性格的にも中長期で何かに取り組むのは苦手でモチベーションが続かないことが多くありました。

よくある挫折というのも半年以上の期間掛けていると当たり前ですがでてきます。

結果が出てこないとその分だけ不安にもなるので、3ヶ月ぐらいを目安にスクールに通う・就職活動をするなどをしてみることをおすすめします。

海外でプログラミングを学ぶという選択肢もあり

選択肢としてですが、海外でプログラミングを学ぶという選択肢もありです。

プログラミング知識だけでなく、英語力があれば他の人材と差を付ける要素にもなりますし、キャリアの幅も広がります。

1日6〜8時間の英語+プログラミングの勉強で短期集中的に取り組むことができるので、モチベーションを維持しながら学べるのでこの選択肢を取るのはありかなと。

お金を掛けて学ぶのであれば、セブ島はコスパが良くIT留学も盛んでおすすめで以下の学校をチェックしてみると良いのかなと。

グローバルで活躍するための新しいセブ島留学「Monstar Academia」

それ以外にもITCE Academyでは無料でIT研修と英語留学ができて就職サポートが付くので、本当にコスパを考えるとこれは活用するべきだと思います。

ITCE Academyは、完全無料のITスクール。日本国内のプログラムもありますが、英語もセットで学べるセブ島留学プログラムも提供。いずれも無料なのでまずは無料説明会に出てみると良いでしょう。

公式サイト:1ヶ月でITエンジニアになれる!【ITCE Academy】

正直、無料系のプログラミングスクールが出来てきている今はかなりメリットが高いので絶対的に利用するべきだと思います。

注意点:フリーター→プログラミング習得はそう簡単ではない

プログラミングはそう簡単には身につかないという点だけは理解しておきましょう。

2〜3ヶ月の短期間で学んだところで、実践で使えるスキルにはなっていません。

せいぜいアシスタントとして簡単な作業ができるレベル、もしくは仕事で使えるけどめちゃくちゃ調べることに時間が掛かってやっと使えるぐらいのレベルです。

仕事を受けたり、開発を自らしてみることで積み上がっていくようなスキルなので3ヶ月でプログラマーとしてバリバリ活躍できるというようなイメージは持たないほうが良いかなと思います。

ですが、3ヶ月ぐらい頑張ればIT業界に就職するスタートラインに立てるのは事実で、キャリアは開けます。

フリーターとして時間があることを有効活用しよう

そう簡単に、プログラミング知識は身につきませんが、キャリアをスタートさせることはでき、フリーターであることの優位性があるのも事実です。

3ヶ月の短期間で学んだり行動することを考えたときにフリーターであれば時間に融通を利かせることが可能。

例えばこれが会社員でキャリアを見つめ直したときにプログラミングを学ぼうと考えても、「仕事をしながらプログラミングを学ばなければいけない」「仕事をしながら転職活動をしなければいけない」という時間的成約が多すぎます。

会社員の場合は、退職してから準備に取り掛からなければいけないというのも出てきますし、時間がある程度取れる環境にいるためフリーターであることの優位性は高いです。

将来的なキャリアを考えたときにIT業界に挑戦するのであれば早くから行動に移すべきで、経験値を積むことができれば「年収を上げていく」というのも可能ですし、「フリーランスとして独立」や「起業する」なんてことも十分にできる将来性のある職種だと思います。

最後に:フリーターでもプログラマーとしてのキャリアは開ける

フリーターでもプログラマーとしてのキャリアを開くことは可能。

挫折しないためにも期間を決めて短期間集中で頑張ってみましょう。

例えば、月80時間×3ヶ月を続けて学習をするでも良いですし、プログラミングスクールなら学習量がある程度決まっているのでスケジュールを立てるのが苦手な方でも取り組みやすいと思います。

個人的なおすすめでは、無料で学べるプログラミングスクールなどを活用してキャリアのスタートラインに立てるようにするのが良いかなと。

ガチで独立目指して頑張っていくのであればお金を掛けて十分にフリーで戦うスキルを目指していくのもいいかと思います。

自分に合った方法でプログラミング学習と就職を取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です