公開鍵暗号とは?

公開鍵暗号とは、暗号方式のひとつで、対になる鍵である「公開鍵」と「秘密鍵」を利用してデータの暗号化、復号を行う暗号方式のことを言います。

データ送受信のとき、送信者は受信者が公開している公開鍵を用いてデータの暗号化を行います。ビットコインの取引においては、主に署名の際に用いられます。

実際の送金の流れは、

  1. 公開鍵と秘密鍵のペアを生成
  2. 公開鍵からアドレス(口座番号)を生成
  3. 送金情報に送信者が秘密鍵を用いて署名を行う
  4. P2Pネットワークに取引を実施
  5. 取引内に含まれる公開鍵と署名済みの送金情報を照合して取引が正しいことを検証

こんな感じです。

秘密鍵で署名した後、対になる公開鍵と署名を照合すると、正しい取引が行われたことを確認できます。
また、署名したのが秘密鍵の所有者かどうかも検証できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です