英語が全く話せなくても留学は行くべき理由【悩んでるだけ無駄】

英語が全く話せないけど、留学しても大丈夫?

留学したい人・海外に行きたい人の中でも英語は全く話せないという人は結構多いのではないでしょうか。

僕も英語力0の全く話せない時期に、留学を経験していますが時間があったのにも関わらず、英語の事前準備はせずに留学に行きました。

「留学に行けば英語は話せるようになるのか?」と聞かれれば、答えはノーですが、英語力が全くなくても留学しても大丈夫かどうかを自身の経験からまとめました。

英語が話せなくても留学しても大丈夫?

大丈夫です。(断言)

悩んでいるだけ無駄です。留学に行きたい気持ちがあるなら英語がはなせるかどうかを考える前に行動しましょう。

行きたい気持ちがあるなら留学に行くべきです。

僕が留学に行った時に英会話で知っていることは、中学英語をうろ覚えしている程度で挨拶と自己紹介が簡単にできるレベルでした。

あとの会話は、とりあえず聞くだけで精一杯でほとんど理解はしていない状態。何か質問されれば、「I don’t know」が決まり文句でした。

それでも留学生活はどうにかなったので英語が話せなくても留学すること自体は問題なしです。

英語が全く話せなくても留学するべき理由

留学に行く前の準備段階の人は、英語力付けてから留学した方がいいと思います。

ただ、英語を話せなくて留学に行くか悩んでいるのであれば、まずは留学に行くことを決めてみることが大事です。

英語の事前勉強は大事ですが、留学を決めてもいないのに英語の勉強だけ考えていても、「どうやって英語を勉強すれば良いかわからない」という新たな不安とか悩みが出てくるんじゃないかなと思います。

そこで、立ち止まっては時間のロスですよね。結局それで留学に行けなかったでは意味がありません。

とりあえず、留学を行くことを決める。そのあとに、英語が全く話せないのであれば留学に行くまでの時間を使って準備するべきです。

まずは、思い切りが大事です。

英語力はどこまであるべき?【語学力ゼロの留学】

あればあるほど良いです。

留学を決めた瞬間から留学は始まっていると思って、英語の勉強に取り組むべきです。留学に行ってから英語を学ぼうでは、すでにスタートが遅れてしまっています。

詳しくは、以下の記事でまとめていますが「英単語量」「最低限の基礎英文法」「英会話の練習」ぐらいはしておいた方がおすすめです。

留学を決めて、1週間後には渡航しなければいけないなんて人はごく少数だと思うので、留学前の準備と英語の勉強する時間は1ヶ月以上はあるはずです。

事前に英語の勉強は取り組んでおきましょう。

英語を話せないことが心配なのであれば、留学前に少しでも勉強しておくことで自信が付くはずです。

日本で勉強してから留学した方が良い理由【経験談】

僕自身は、英語を話せない状態で留学に行けばどうにかなると思って英語の勉強を先延ばしにして留学を迎えました。

だけど、留学の序盤は以下のような問題が。

  • 留学しても何言っているのかさっぱりわからない
  • 授業の内容がわからないから予習・復習の仕方もわからない
  • とりあえず、辞書は友達。辞書がないと会話にならない。

基礎力がないので語学学校の授業も理解できない。留学生同士の会話にも付いて行けない状態でした。

そして、辞書がないと英語を理解できないので英会話の最中にスマホに入れていた辞書で検索して意味を理解。理解しただけでは相手に伝わらないので、日本語でまた検索してみるという流れをずっとしてました。

それでも、3ヶ月ぐらいすれば英語を話すことには慣れてきます。

ただ、それまでの留学期間は予習・復習の時間にかなり時間を割いていました。日本から持参した英単語帳や英文法の本をひたすら勉強するということもしていました。

でも、これって留学前にある程度基礎を付けておけばこんなことはしなくて良かったなと思っているので日本で勉強してから留学はした方が圧倒的に時間を有効的に使えます。

留学を決める→留学までの残り時間で英語の勉強をするという流れを作りましょう!

英語力に自信がない人向け【おすすめ留学パターン】

英語力に自信がない人は、以下のパターンで留学をするのはおすすめです。

  1. 半年以上の中期から留学する
  2. フィリピン留学→欧米留学
  3. ワーキングホリデー・インターンで働きながら英語も学ぶ

1.半年以上の中期から留学する

短期留学だけだと語学力ゼロの人には向きません。

それは、「英語を話すことに慣れてきた」「英語力はまだまだだけど、話すこと自体の壁はなくなった」というような状態で日本への帰国になるからです。

帰国後に、英会話スクールに通ったり、オンライン英会話で英語を話す時間を取ったりと継続学習をするのであれば短期留学でもあり。ただ、それすらしないと英語力はがくんと落ちます。

日本に住んでいれば英語を使う機会はほぼ0なので、短期留学の人は継続学習は必須です。

それを考えると半年以上の中期からの留学であればまとまった時間を取れるので留学期間中にしっかりと語学習得に取り組めばある程度の英語力は身につきます。

2.フィリピン留学から欧米留学

1週間の短期から格安で行けるフィリピン留学をしてから欧米への留学に行くのはおすすめです。

僕はフィリピン留学経験者ですが、1対1のマンツーマンで学べるので英語を話す時間を圧倒的に取ることができて英語の基礎と英会話力はフィリピンで鍛えました。

欧米圏では参加人数の多いグループレッスンが主流で、英語力ゼロの状態で行っても英語を話す機会も少ないので英会話初心者には非効率です。

フィリピン留学である程度基礎を付けて、英語を話すことに自信を付けてから次なる目的の国に行くのはありでしょう。年々、フィリピン留学を経由する人も増えつつあるので主流の留学になりつつあります。

3.ワーキングホリデーやインターンで働きながら英語も学ぶ

留学目的が語学習得だけではない人もいると思います。

それであれば、ワーキングホリデーやインターンの制度を使うのはありでしょう。働きながら語学を学ぶので、低予算で留学をすることができますし、仕事によっては英語を使うシーンも出てくると思います。

英語を使うシーンが増えれば増えるほど、それが仕事であればなおさら英語を覚える必要ができます。

この場合は、半年以上の中長期の留学のケースが多いと思うので、まとまって英語を学ぶ時間を確保できるのでおすすめです。

まとめ:日本にいる間に時間を作って英語は勉強しておくべき。

英語を話せなくても留学に行くのは大丈夫です。まずは、決めることが大事。

とはいえ、僕は留学前に英語を勉強しておいた方が良かったなと後悔はあります。まだ、留学前なのであれば英語の勉強は少しずつでも取り組みましょう。

留学前に英語を話せなくてもどうにかなりますが、話せた方が留学生活をもっとより良く過ごすことができます。

英語の勉強を何から取り組んで良いかわからない人は、事前に英会話スクールに通ってみるのもありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です