語学力0から留学で英語を話せるようになる期間は?【経験談】

留学に行こうと思っているけど、英語を話せるようなるの?どれぐらいの留学期間が必要?

「留学に行きたい!英語が話せるようになりたい!」と思った時に、どれぐらいの期間をかけ語学留学に行けば英語を話せるようになるかを疑問に思う人は多いのではないでしょうか?

僕が留学するときも英語を話せるようになる期間はなかなか想像できなかったですが、実体験を踏まえて英語が話せるようになる留学期間の目安を話していければなと思います。

僕は留学後のキャリアとして、留学カウンセラーとして2年ほど留学を希望されている方への相談をしてきた経験もあるので、留学期間に合わせてどれぐらいの上達が見込めるのかをこの記事でまとめていきます。

短期と長期の留学での英語が話せる期間は?

留学経験がない人にとって、どれぐらいの期間で英語を話せるようになることかは想像がつかないですよね。

実際に経験したことがないことは想像がしずらいので、期間別にどれぐらい英語の上達が見込めるのかを見て行きましょう。

1ヶ月未満の語学留学

結論、1ヶ月未満の留学では英語は伸びません。

社会人の方であれば、1週間の短期留学しかできない方や大学の夏休みの中で、1ヶ月以上は留学ができないなんて人もいると思います。

短期留学であれば、フィリピンでの留学が英語留学として主流となって多くの人が留学していたりしますね。

がっつり英語漬けの環境を作れば、もちろん英語は多少なりとも上達しているのですが。1ヶ月未満で留学を経験した人が留学後の声として言うのは、「英語はあまり伸びなかった。でも英語を話す壁は無くなった!」ということ。

厳密に言うと英語力は確実に伸びています。簡単な日常英会話ができるようになったり、英会話に慣れることで「正確な文法で話さなければいけない」「英語で外国人と会話の仕方がわからない」というのが短期間の留学では解消されます。

1ヶ月未満の留学期間では、英語をコミュニケーションツールとして活用する方法であったり、英語を話す自身のなさを取っ払ってくれる期間と考えれば良いでしょう。

1ヶ月間の留学はある程度の基礎が身につき、英語でコミュニケーションする楽しさを体感して、スタートラインに立てるようになる期間と言えます。

留学後も継続した英語学習をすることで「話せる力」を磨いて行くことができます。

1ヶ月〜3ヶ月の留学期間

1ヶ月〜3ヶ月の留学は、効率よく勉強すれば英語レベルをワンランクあげることができる期間です。

まとまった休みを取れれば、留学できる期間ではありますが、感覚的に「あっという間だと感じる」短い留学期間となるはずです。

最初の内は、英語を聞き取るのが難しくかったのも段々と英語を聞くリスニング力が鍛えられ、英語を話すこともできるようになります。

だいたい、2.5ヶ月〜3ヶ月ぐらいの留学期間で効率よく英語学習に取り組めば日常英会話であれば問題なく英語を話せるようになります。

3ヶ月〜6ヶ月の留学期間

現地での生活にも慣れ始めて、英語脳が作り始められる期間です。

英語初心者が英会話を始めたときは、日本語でまずは話したいことを考えた上で英語に置き換え会話を進めて行きます。英語を話す・聞くことが脳が慣れてくることで、「英語を聞く→日本語に頭の中で翻訳して理解」という流れから「英語を聞く→英語で理解する」という流れを実感でき始める期間です。

英語を話すことも苦ではなくなる期間で、ネイティブとの会話をテンポよく進めることができるようになります。

僕も留学中は3ヶ月ぐらいが過ぎて英語を話すことにストレスを感じることは少なくなりました。

3ヶ月の留学であれば、英語の伸びも感じられ、ワンランク上の英語力を獲得できます。

3ヶ月以上となってくると生活にも慣れが出てくるので、英語学習に工夫を入れていかないと伸び悩むということもでてくる期間でもあります。

6ヶ月〜12ヶ月の留学期間

英語を話すことに自信が付き、人によっては英語の中級レベル〜上級レベルまでの到達を目指すことができます。

英語の勉強の仕方も慣れ始めているので、予習・復習にかかる時間も最小限に抑えながら新しいことにチャレンジできるようになります。

積極的に国際交流をすることで、さらなるレベルアップを目指すことができたり、ビジネス英語の習得を目指すのこともできます。

ただ、注意しておきたいのがある程度の英語力は身につくため、簡単な英語でのフレーズや単語・言い回しに頼ってしまうため英語が伸び悩む時期でもあります。

簡単な英語で意思疎通が出来てしまうため、外国人との深いコミュニケーションまでレベルアップが出来ないなんて人も多かったりします。

何か新しいことに挑戦をしながらマンネリ化を解消してみると良い期間でもあります。

1年以上の留学期間

ワーキングホリデーや正規の大学・大学院の留学であれば、1年以上その国に滞在することになるでしょう。

1年以上であれば、日常のあらゆるシーンでの英語は問題ないレベルまで到達できます。欧米圏で暮らすことで困ることもほぼないでしょう。

英語を話すのが当たり前になってくるので、海外にいる間は日本語より英語を話している方が楽になったりもします。

 

英語が話せるようになる・上達する期間をまとめてきましたが、あくまで個人差や留学するスタイルにもよります。そして何より、英語はコミュニケーションツールでしかないので、多少英文法や発音が間違っていても相手に英語を伝えようとする意志が大切です。

外国人とのコミュニケーションを取る力が高い人が、必ずしも英語でのコミュニケーション能力が高いとは限らないため自分が求めている英語を話せるレベルがどれぐらいなのかは考えて見ておくと良いでしょう。

短期間の留学しか行けない人は、留学前に勉強しておくべき

留学期間別の英語を話せるようになる期間をまとめてきましたが、短期間の留学しか行けない人は留学前に勉強しておくべきです。

1〜4週間の留学であれば留学前にどれだけ英語の基礎知識をインプットできるかが重要です。日本でインプットしておけば、留学中は英語を話すアウトプット学習に専念できます。

短期間とも言わずとも、留学前に英語の勉強をしておくことで効率よく英語をマスターできるようになります。

コミュニケーションをした数だけ、英語を話す自信を付けることができます。「相手に意志を伝える練習」というのは非常に大切です。

僕も留学中は英語レッスン以外の時間はひたすら他の国から留学に来ている留学生とご飯に出かけたり、遊びに出かけたりしていました。英語を話す場は作れるだけ作っておくべきです。

語学力0から日常英会話習得するコツ【経験談】

僕は語学力0状態で、留学をしましたが日常英会話を習得するために行動したことが2点あります。

これから留学する人は参考にしてみてください。

アウトプットできる環境を作る

語学学校の英語学習は基礎力・正しい英語を学ぶ上でかなり役立ちました。

ただ、英会話レッスンは講師と生徒の関係なのでレベルに合わせて簡単な英語・聞こえやすいスピードで英語を話してくれます。英語を聞き取れるようになったと思って、実際にレッスン以外で英語を話そうとしてもネイティブの会話が全く聞き取れないなんてことも多々あります。

それもそのはず、普段慣れているのはレッスン用の英会話力だからです。

あくまで、語学レッスンは学びの場であり、実際の生活で求められるコミュニケーション能力は全く別です。

留学に行って英会話レッスンを受講するだけでは、英語は話せるようにならないので自然な場で英語を話す機会を作る必要があります。

僕の場合は、先生から現地の人を紹介してもらって英語を話す場を作ったり、外に出て交流できる環境を作りました。

実際のネイティブと話せる英語の環境を作ることで、最速で英語を学ぶことができます。

日本人同士で固まらない

日本人は、海外で生活をしていると文化の違う国の留学生と過ごすより楽です。それは、言語もそうだし価値観が似ているからです。

日本人と絶対に関わらないと決める必要はないと思いますが、日本人と過ごす時間より現地の人と過ごす時間を増やすことをおすすめします。

詳しくは、以下の記事でもまとめているので参考にしてみてください。

英会話レッスンを自分でコントロールする

僕が留学していたフィリピン留学であれば、講師と1対1の環境で英会話レッスンが受講できます。

英語を話す時間が圧倒的に取ることができるのですが、トピックに対して、質問を投げかけてくれたり、新たな英語フレーズを教えてくれたりと、先生がレッスンの流れを作ってくれるため会話の主導権は英語の講師にあります。

最初の間はこれでも良いのですが、「質問されたら答える」「分からなかったら質問する」という感じで主導権は講師にあるため受け身の授業になりがちです。

これを自分が先生になった気持ちで、自分でトピックを決めて相手に伝えることに専念してみるのもおすすめです。

例えば、「外国人におすすめな日本の観光スポット」というトピックを決めたとします。必要なのは、日本の観光スポットのリサーチと説明するだけの語彙力と正しい文法。質問された時に、答える情報とレスポンスの速さ。

自分がレッスンを組み立てることで、英語で求められるスキルが異なるので英会話レッスンを自分で組み立ててみるのも良いでしょう。

最後に:留学期間を最大限に活用できるように事前学習は必須。

英語を話せるようになる留学の期間と効率的に留学を活用する方法をまとめてきました。

求めている英語レベルのラインを考えつつ、留学期間を決めて行きましょう。その上で、日本で事前に英語の基礎を終わらせておけば、短期間の留学でも効率よく英語習得を目指すことができますし、失敗しない留学生活を送れるはずです。

語学力0の状態で僕のように留学をすると失敗・後悔することもあるので、良い留学生活を過ごせるように事前準備をしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です