【留学失敗例】留学を無駄にしないために知っておくべき5つのこと

留学に行く予定を立てたけど、失敗だけはしたくない。お金と時間を掛けるので、後悔だけはしないようにしたい。

留学するなら英語力の習得やいろんな経験をして、失敗しない留学生活にしたいものですよね。

ですが、留学経験者の多くが「留学をしたけど思うように英語が伸びずに帰ってきた」なんて言う人や、中には「出会いもなく、留学生活でこれっと言って良い思い出がない」と言う方もいます。

実体験も踏まえて、留学で失敗・後悔しないために準備しておきたいこと・知っておきたいことをまとめました。

これから留学をする人は、留学で失敗・後悔しないためにも知っておきましょう。

1.留学の目標に固執しすぎると失敗する

留学に行く前に、留学の目標設定をする人も多いと思います。ただ、目標に縛られてしまうと留学に失敗する確率が高くなります。

もちろん、留学に「日常英会話を完璧にする」「ビジネス英語を習得する」など目標があったほうが計画を立てて行動しやすくなります。ただ、留学生活では、不安や悩みなどが当たり前のようにでてきます。

「もっと、英語がすぐ上達すると思っていたのに全然伸びを実感できない。。。」なんてこともあるでしょう。

そんなときに目標に縛られすぎると挑戦することが怖くなったり、悩んだりして時間を無駄に過ごしてしまいます。

詳しくは、以下の記事でまとめていますが留学中に目標が変わることもあるでしょうし、気楽な気持ちで留学にいけば失敗を防ぐことができます。

2.留学前に英語の勉強をしないと学習に失敗する

「留学に行けば英語は伸びる?」と勘違いしている人も多いですが、そんなことはありません。

英会話初心者なら留学前から英会話スクールに行くべきで、事前に英語学習をどれだけしたかが留学中の英語の伸びに現れます。

僕が英語力0で留学をしたときも、留学前に英語の勉強を全くしないで学習面で失敗しました。

英語の基礎力がない状態なので、日本でもできる英単語学習・英文法学習をわざわざ留学の序盤はしていると言う状態。

留学を失敗しないためには、日本で最低限英語の基礎知識のインプットは終わらせておいて、海外に住んでいる環境を利用してアウトプット(話すこと)に専念すべきです。

そうすることで、英語は効率よく伸びます。

留学中で英語学習で失敗や後悔をしないように、留学前から英語の学習には取り組んでいきましょう。留学前の勉強法は以下にまとめています。

英会話に自信がないのであれば、留学前から英会話スクールに通うべきです。

3.現地で日本人とばかり過ごすと失敗する

留学中の失敗談として多いのが、せっかく海外にいるのに日本人とばかり過ごして外国人の友達との時間を作れなかったと失敗してしまった人も多くいます。

日本人と過ごしてしまう理由として、

  • そもそも英語が話せないから日本人で集まる
  • 同じ環境下で過ごしてきた日本人といると楽
  • ホームシックや悩みができたときに理解してくれる

などがあります。

英語の事前勉強は、前述した通りですが英語が話せないと必然的に会話相手は日本人になりますよね。もちろん英語力0でも外国人の友人は作れますが、会話が成り立たないのでかなり面倒ですし、ハードルは高いです。

日本人と過ごしてしまって留学を失敗しないためには英語力さえあれば、現地の人・別の国からの留学生とコミュニケーションを取ることができるのですぐに交流を深めることができます。

また、留学生活が長くなればなるほど文化の違いや価値観の違いなどで日本人といると楽に感じられてしまったり、ホームシックや生活・学習などの悩みができたときに理解されやすいので日本人と過ごしてしまうケースが多くあります。

日本人と過ごすことは悪いことではないですが、現地の人と話す機会が減れば減るほど英語に接する時間も少なくなり、日本と変わらないような生活にもなりかねません。

語学の習得は、英語を継続して使える環境が必要なので日本人以外と過ごす時間を積極的に作る姿勢が必要です。一緒に過ごす日本人も同じような考え方を持っている人といれば、外国人との交流も増やせるはずです。

4.留学期間が長くなると気を引き締めないと失敗する

留学の選択肢として、短期間〜長期間までいろいろありますが特に長期の人は失敗・後悔しない留学するために注意が必要です。

留学の最初の方は、目標があったり、初めての生活で楽しいことや緊張感のある生活を送ることができます。

留学が長ければ長くなるほど、生活に慣れてきて非日常的だった時間も当たり前のように感じられるようになります。刺激も少なくなるので、生活に慣れがでてきてだらけてしまうこともあるでしょう。

3ヶ月程度の留学であれば、最後まで気を引き締めながら英語学習やいろんな経験をするために行動できますが、それ以上の人だと怠けが出ないように注意する必要があります。

時には、リラックスして休息をする時間も必要ですが、ダラダラと時間だけが過ぎて行く生活になってしまうとお金と時間の無駄になるので失敗しないためにも意識をしましょう。

5.留学中にお金の管理をしないと失敗する

留学するためにかかる語学学校の費用は、留学前に支払いますが留学生活にはお金が掛かります。

普段使い慣れた日本円ではなく、現地の通貨になる上に現地の物価の感覚は留学のはじめの方は慣れないことが多くあるでしょう。

「日本より安いと思ったけど意外と高かった。。」「日本ではできないからとお金を払ったけどよくよく考えてみるとそんなにお金に余裕がなかった」

なんてことも出てくるでしょう。

国によってはアルバイトや仕事ができないケースもあったり、語学留学目的なので仕事を前提に留学をしない人も多いと思います。

留学中にお金の管理をしっかりしておかないと、いざ留学が終わる頃に友人に旅行に誘われてもお金がなくていけないなんてことをしたら後悔しますよね。

まずは、

  • 現地の通貨が日本円で換算するとどれぐらいなのかを知る
  • 日本で買ったほうが良いものは日本で準備をする
  • 現地の物価に慣れる

ということができれば、お金の使い方もだんだん慣れてきて失敗することもなくなると思います。

これは、意識すれば誰でもできることで、留学前に最低限必要なお金は用意するようにしましょう。

失敗しない留学をするには?【成功の秘訣】

留学中は、初めての体験や出会いなどがあるため楽しくかつ有益な時間になります。

語学習得以外にも、国際交流や文化交流・その国でしかできない貴重な体験など学べることや知れることがたくさんあります。

しかし、留学を失敗しないで自信を持って留学体験を語れるようになるには、「留学はお金と一生の時間の一部を投資していることを理解しましょう。

何気なく過ごすだけでは、留学生活はあっという間に終わりますし、やり直しはききません。

この記事で紹介した失敗例を知った上で留学生活を送るだけでも、より良い留学になるはずです。留学生活に活かしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です