社会人でも1週間の超短期留学は行くべき価値と理由【経験談】

社会人でも1週間の超短期留学に行くメリット

1週間の短期間なら休みが取れるので留学に行くか迷っている。社会人でも短期留学に行くべき?

1週間の短期留学で英語が伸びるかわからないし、価値のある留学にできるのかわからないと考えている社会人の方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、社会人は1週間の短期間でも良いから留学に行くべきです。

僕自身は、留学カウンセラー・語学学校スタッフとして社会人の方の留学相談を乗ってきましたが、1週間の短期留学を行くか悩んでいる多くの人は「価値がある留学になるか確信を持って留学をしたい」と考えています。

決して留学費用は安くはないので、留学は無駄にしたくないと考えるのは当たり前ですよね。

この記事では、社会人から1週間の短期留学するべき理由とそのメリットについてとよくある疑問について僕自身の経験を踏まえてまとめました。

1週間の短期留学でも社会人が海外に行くべき理由とは?

1週間の短期間でも海外留学に行くべき価値

「英会話を学んでいる」「仕事で英語を使う・使う仕事に就きたい」「海外留学を体験してみたい」という社会人の方が、1週間の短期留学を検討している人のほとんどだと思います。

仕事の関係上、長期休暇は取れないので行ける期間としても1週間〜2週間の短期間となってしまいますよね。

ズバリ、社会人が短期間留学するべき理由は、以下の3つです。

  1. 海外を知ることができる・日本について知れるいい機会である
  2. 国際交流ができる
  3. 日本では普段会えない人と出会うことができる

1.海外を知ることができる・日本について知れるいい機会である

日本での生活が当たり前だと思っていたことが、海外に出ることで「当たり前」ではなかったということに気づきます。

社会人の短期留学先として多いのが、フィリピンですが東南アジアという国に行くと「貧富の差」「国民性と文化の違い」「発展途上国での新たな発見」など多くのことを知ることができます。

他の国に行っても視野が広がる体験をすることができるでしょう。

海外に出ることで視野が広がるし、留学であれば現地の英語講師とレッスンをすることができるので1週間海外旅行に行くよりもいろんなことを知れるチャンスがあります。

また、海外で生活をすることで日本の良さを知ることができたり、外から日本を見て見ることで新たな発見があったりします。

特に、東南アジアなどに行くと感じるのは日本人は恵まれているということです。例えば、日本は世界のほとんどの国に行けるというパスポートを持っているなんてのも気づいたりします。

2.国際交流ができる

短期留学の1週間であっても多国籍な環境で生活になります。

僕は、オーストラリア留学とフィリピン留学を経験していますが、国によって考え方や価値観も異なれば文化も違います。

短期間で会っても海外で国際交流をするのは貴重な経験になります。

3.日本では普段会えない人と出会うことができる

海外に行くことで、日本で普段会えない人と出会うことができます。僕の感覚では、海外に行っている日本人は面白い人が多いというのがあります。

社会人として1週間留学行っている人であれば、他業種の人と交流もできますし、経営者・フリーランス・旅人などいろんな人と会えます。年齢もみんなバラバラで、日本といってもいろんな地域から海外に来ています。

海外という異国の地で会っていて、「同じ留学先」「海外にいる同じ国籍の人」みたいな共通点で仲良くなりやすいです。

僕も留学中に、いろんな人と交流をしましたが日本に帰ってからも定期的に会うような人たちも多くいます。

社会人で短期留学を検討している人のよくある質問

社会人の短期留学のよくある質問

社会人の方で、短期留学を考えている人の質問は以下の3つが多いので、その疑問について回答していきます。

  1. 短期留学にかける費用に価値はある?
  2. 1週間の短期間で英語は上達するのか?
  3. 1週間の留学でできることとは?

1.短期留学にかける費用に価値はある?

1週間の短期留学なら、10万円〜20万円ぐらいです。これぐらいの留学費用として準備できるという社会人がほとんどだと思います。

例えば、フィリピン留学のケースで言うと1日6〜8コマの1対1のマンツーマンレッスンを月曜日〜金曜日の計5日間受講することになるので授業数は40コマ。

40コマを仮に40時間だとして、日本で英会話スクールに通うと以下の期間が必要になります。

  • 週1回の場合=約10ヶ月
  • 週2回の場合=約5ヶ月

金額的にも英会話スクールに通うよりコスパがいいですし、英語学習以外にも前項で説明した「海外体験」「国際交流」「出会い」などのいろんな価値があります。

1週間の留学でお金が無駄になると言うことは、経験上ないと思います。

1週間の短期間で英語は上達するのか?

「1週間の短期留学で英語を上達させたい」という目的の人も多いと思いますが、1週間だけでは英語は上達しません

期待度が高い社会人の方が多いですが、残念ながら英語は1週間で英語が伸びることはないですし、英語を話せるようになるのであれば社会人のだれもが留学に行くということになりますよね。

ですが、英会話初心者であれば英語を話す壁を取っ払い、コミュニケーションを取る力を身につけることはできます。

完璧な英語で話そうと思っていたのが文法が少し間違えても英語を話してみようというマインドに切り替えることができます。

日本での英会話学習と連携すれば、効果的に学習に取り組むことも可能です。

前項でも説明しましたが、

週1回の英会話レッスンを10ヶ月続けるのとフィリピンでの留学なら1週間が同等のレッスン時間です。

1週間の留学+留学前後の英語学習はセットで行うとより効果的です。

1週間の留学でできることとは?

せっかくの休みを利用して社会人の方は留学に行くことになるので、留学でできることを知っておきたいですよね。

主に1週間の留学であれば、以下のようなスケジュールになるかと思います。

日曜日:現地到着
月曜日〜金曜日:語学レッスン
土曜日〜日曜日:観光と帰国

基本は語学のレッスンがほとんどを占めるので、できることはその国の有名なレストランでご飯を食べにいったり、ショッピングがメインとなります。

他にも、1週間であれば土日の時間を有効活用すれば観光地に訪れてみることができるので語学習得以外のことも満喫できます。

社会人の短期留学ならおすすめはフィリピン・セブ島

短期留学におすすめなのは、フィリピン・セブ留学

社会人が1週間の短期留学をする価値とよくある質問に答えて来ましたが、おすすめな留学先はフィリピン・セブ島です。

フィリピン・セブ島での留学は次のような魅力があります。

  • 1週間の短期集中で英語学習に取り組める
  • 日本から4時間で時差1時間なので負担が少ない
  • 留学費用が低価格で、物価も安い
  • 土日はセブのリゾート地で、リラックスもできる

1週間の短期間で、休みも取れない社会人の方には、「英語留学+バカンス」も楽しみたいですよね。

本気で英語留学に取り組み、最後にセブのリゾート地でリラックス休暇をしたあとに日本に帰国できるのはフィリピンぐらいです。

社会人特化校のオトナ留学MBAがおすすめ

フィリピン・セブ社会人特化校MBA

その中でも、社会人ならオトナ留学MBAが最適な留学先だと思います。留学だと学生が多かったり、遊びメインの人がいたりすると1週間の留学が無駄になるなんてこともありえます。

オトナ留学MBAなら、社会人特化校なので質の高いレッスンと学習環境が整っているのが魅力的。

僕も実際に留学をしたことがありますが、実践で使えるビジネス英語を教えてくれて、他の語学学校と比べて講師の質が高いという印象。

留学生の半数ぐらいが英語初心者もいたので、初心者でも安心して留学することができます。

オトナ留学MBA CEBU

日本でも、スタートアップイングリッシュというマンツーマン専門の英会話スクールを渋谷・新宿・上野・八重洲に開校しているので留学前後も英語学習に取り組むことができます。

フィリピン留学前にも体験レッスンを受けることも可能です。

完全マンツーマンの英会話スクール【START-UP ENGLISH】

最後に:まずは行動してみよう。

「1週間の留学は意味がない」という意見もあるかもしれませんが、行動して見ない限り、新しい発見はありません。

1週間の短期間でも留学に行くべきですし、メリットをまとめてきましたが、最終的には価値のある留学にできるかは自分次第です。

集中的に英語を勉強すれば、1週間の留学でも基礎は作れるし、積極的に行動すれば国際交流・人脈形成・新たなる発見などいろんなものを掴み取ることができます。

まずは、行動してみて1週間の期間が取れるのであれば留学に行くという選択肢を考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です