SEO対策を考えるとドメインは重要視すべき?【独自ドメインの選び方】

SEO対策を考えるとドメインは重要視すべき?【独自ドメインの選び方】

ウェブサイト・ブログを作ろうと思っているけど、ドメイン選びに悩んでいる。そもそも「.com / .jp」以外にもいろんなドメインがたくさんあるけど、これって重要なの?

こんな疑問にお答えします。

  • SEO対策にドメイン選びは重要視すべき?
  • 最適なドメイン選びってどうすればいいの?

ドメインと言っても色々あるので、種類からSEO対策との関連性・最適なドメイン選びの方法をこの記事にまとめています。

この記事を書いている僕は、マーケティングのコンサルティングをメインに活動しているフリーランスで、そこで企業コンサルをしている際の知識をSEO・ドメインについて詳しく解説しています。

僕自身もサイト運営をいくつかしているので、その時のドメイン選びで注意している点なのでこの記事を参考にして、最適なドメイン選びをしましょう。

ドメインとSEO対策の関係性

結論として、どんなドメインを設定したとしてもSEOには効果ありません。

ドメインとは、ホームページのURLの「http://〜」、「https://」〜以降の表記を一般的にドメインと言います。

ドメインには、「.com」や「.jp」のようなよく見かけるドメインから「.tokyo 」「.me」「.xyz」「.biz」などのような多様なドメインが存在しています。

日本語で表記されているドメインも最近よく見かけるようになりましたが、どのドメインを選んだとしてもSEO的に直接的な効果はありません。

ドメインの種類を簡単解説

ドメインの種類ってたくさんありすぎて、よくわからないという人も多いですよね。

詳しく、ドメイン選びの注意点について後述していきますが、その前にドメインの種別について理解しておきましょう。ドメインには、大きく分けて2つの種類があります。

  1. gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)
  2. ccTLD(国別トップレベルドメイン)

1.gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

誰でも取得可能なドメインの種類のことを良い、一般的に見かける以下のようなドメインのことを指します。

「.com」「.net」「.info」「.me」「.biz」「.org」

これ以外にも地域名がドメインになっているものもgTLDの種類に含まれます。

「.tokyo」「.osaka」「.yokohama」「.okinawa」

Googleの発表によると、

基本的に、新しい gTLD も他の gTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

と公表されているので、「.com」を選んでも地域密着型のサービスで「.tokyo」を選んでもSEOには関連しないという回答されています。

詳しくは、この記事で解説されています。

新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて

2.ccTLD(国別トップレベルドメイン)

ccTLD(国別トップレベルドメイン)は、国別に割り振られたドメインです。日本では、「.jp」のようなドメインのことを指します。

「.cn(中国)」「.kr(韓国)」「.us(アメリカ)」「.vg(イギリス)」「.au(オーストラリア)」

国の数だけ、あるので数え切れないほど存在しています。

全部知りたいという人は、以下のページで確認できます。

世界のドメインネーム | GMO Brights Consulting Inc.

海外ドメインのGoogleの発表では、海外ドメインは基本的に利用しないほうが良いと言っています。

その理由は、「Googleはドメインによってターゲッティングしている国を判断するから」です。

例えば、日本語のサイトを「.us(アメリカ)」のccTLD(国別トップレベルドメイン)を利用しいた際に、Googleはアメリカのサイトと判断する可能性があるからです。

日本語のサイトであれば、日本のドメインを利用することをおすすめします。

【無料ドメインへの注意点】ドメインは独自ドメインであるべき理由

【無料ドメインへの注意点】ドメインは独自ドメインであるべき理由

ドメインの中には、自分で取得して管理する独自ドメインの他に、無料で利用できるプラットホームを活用してドメイン取得が可能です。

代表的な例で言うと

  • アメーバブログ
  • はてなブログ
  • ライブドアブログ

など。簡単にブログなどを開設などができて、無料で利用できるのは魅力的ですよね。

ただ、注意しなければ行けないのは、自分のサイトがペナルティを受けていなくてもGoogleのアルゴリズム次第でサイト評価が下がることがあるかもしれないという点です。

そして、Goolgleが提供する広告サービスGoogleアドセンスはブログで収益化を目指す時に活用したいですが、独自ドメインでないと審査が通らなくなりました。

参考記事:Googleアドセンス審査が独自ドメイン必須に!無料ブログは不可

それに加えて、提供しているサービスの利用規約に準じてサイトを運営する必要があります。

例えば、広告を貼りたくても制限があって自由に貼れなかったり、もし仮にそのサイトが閉鎖した場合は、自分のサイトの利用も保証がされていないのでとてもリスクが高いと言えます。

無料ドメインだと制限があるのと利用のリスクが掛かるので、独自ドメインを自分で取得しましょう。

年間1,000円程度で取得できるので、コストは少額で済みます。

独自ドメインの選び方【ポイントまとめ】

独自ドメインの選び方【ポイントまとめ】

この記事で説明したところをまとめていくと、

  • ドメインによってのSEO効果は、結論ない
  • 海外ドメインは、おすすめできない(Googleの見解)
  • 無料ドメインはリスクが高いので、独自ドメインを取得する

このポイントを押さえておくべきです。

そして、他にも注意すべき点がいくつかあるので、チェックしておきましょう。

ドメイン選びの注意点①「日本語ドメイン」

日本語ドメインは、一般的な利用には個人的にはおすすめできません。

日本語ドメインとは、「日本語.com」「ドメイン.xyz」のような日本語で表記されたドメインを言います。

実際に、Googleで検索をした時にドメインが目立つので「どのようなサイトなのか?」という分かりやすさが特徴のドメインです。

ドメイン選びの注意点①「日本語ドメイン」実際に検索した画面

仮に、「ドッグフード 比較」と検索した場合のサイトですが日本語なので、目立つます。この場合はアフィリエイトサイトなので、日本語のサイトが検索結果に多いのがわかりますね。

日本語ドメインを利用するメリットとして、検索結果表示後のクリック率(CTR)が高まる可能性があるという点があります。

ただ、SNSなどでシェアするときは日本語ドメインは文字化けします。文字数が増えてしまうのとシェアする際に、見栄えが良くありません。

ドメイン選びの注意点①「日本語ドメイン」 SNSの文字化け

このSNSの文字化けが気にならないのであれば、日本語ドメインでも良いかなと。

一般的なウェブサイトやブログなのであれば、英語でのドメインにしておくほうが無難です。

ドメイン選びの注意点②「中古ドメイン」

ドメインを取得する際に、中古ドメインを利用す方法もあります。

一般的に新規取得するドメインは、「新規ドメイン」と言われていますが、中古ドメインは既に他のユーザーが利用していたドメインを買取して利用することを言います。

Googleは被リンクと呼ばれる他のサイトからのリンクが多いサイトを評価するため、中古ドメインを活用することでSEO的に有利に働かせることもができるという意見もあります。

新規ドメインと中古ドメインを図解で説明

新規サイトの場合は、これまで誰も利用していない新規で作成したドメインなので、被リンクはありません。そのため、サイト評価も0の状態でのスタートとなります。

中古ドメインに関しては、この記事が参考になります。

参考記事:最初に教えてほしい!中古ドメイン(オールドドメイン)の選び方・使い方・買い方

ただ、中古で取得したサイトがGoogleからのペナルティを受けていた場合は完全に価値をなさないので、中古ドメインの利用はよほどの理由がない限り避けましょう。

新規サイトを新規ドメインで、コツコツと価値を上げていくほうが、リスクもなく最適な方法です。

最後に:独自ドメインを利用して、サイトを作ろう

ドメインとSEOに関係性と、ドメイン選びの注意点について説明してきました。

結論として、ドメインによってSEOで有利に働くことは殆ど無いと言っていいでしょう。ただし、注意すべき点はあるので、今回の記事を参考にしてドメイン選びをしていきましょう。

一般的なウェブサービスや会社サイトであれば、co.jp / .com / . jp 辺りが良いかと思います。個人ブログやサイトであれば、好きなもので問題ないです。

ドメイン選びなら、500種類以上の独自ドメインを取り扱っているお名前.comがおすすめです。年額の費用も他と比較して、一番安いのが魅力的です。

ドメイン取るならお名前.com

どのサービスも大差はないので、安く維持できるのが良いかと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です