ソフトフォークとは?

ソフトフォークを一言で言うと、仮想通貨の仕様変更のことを言います。

そんな仮想通貨の仕様変更「ソフトフォーク」について詳しくまとめました。

ソフトフォークとは?

ビットコインなどの仮想通貨には、それぞれ運用のルールが設定されています。

ソフトフォークはこのルールを変更するすることですが、新ルールを適応とした際に旧ルールもそのまま利用ができるという特徴があります。

ソフトフォークと対になって、ハードフォークという仕様変更があります。

ソフトフォークは、前の仕様を使えることができるので過疎通貨を分裂しませんが、ハードフォークはブロックチェーン自体の仕様変更となるため全てのルールが一新されます。そのため仮想通貨が分裂されるという特徴があります。

ハードフォークとは?

以下の記事で詳しくまとめています。
ハードフォークとは?【仮想通貨用語】

ソフトフォークとは?を図解で解説

仮想通貨で使われている中核の仕組みであるブロックチェーンですが、チェーン上に繋がる一連のデータ列として繋がっています。

この仕様を変えるソフトフォークですが、旧ルールとの互換性もあるので図のようにある一定のブロックチェーンから新ルールが加えられても分裂することなく運用されていきます。

仮想通貨を保有しているだけの人であれば、特になにも注意することはなくソフトフォーク後すぐに取引を行い、取引が承認されなかったなんてことはありえますが、そこまで重大な問題はありません。

最後に

仮想通貨を取引・運用・保有する上で、正しい知識を簡単でも良いので理解しておくことは大切なことです。

ソフトフォークのニュアンスだけでも理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です