トランザクションとは?

トランザクションとは、コンピュータにおける分けることが不可能な一連の情報処理を表した概念です。

もっと分かりやすく解説すると、「取引や処理」のようなものと理解して頂ければいいでしょう。ビットコインにおいては、取引履歴・処理履歴ということになります。

トランザクションをより詳しく

仮想通貨におけるトランザクションは「取引」です。より詳しく言うならば「仮想通貨の取引における取引価値を表したデータ構造」となります。

このデータ構造というのが、前の持ち主から受け取った取引のハッシュ値と送り先のアドレスなど、所有者の秘密鍵で電子署名を行ったもののことを指します。

トランザクション成立の流れ

トランザクションが成立する流れを簡単に見てみましょう。大きく分けて以下の2つの作業があります。

  1. トランザクションの生成作業
  2. トランザクションの承認作業

トランザクションの生成作業

ビットコインの取引が実施される際に、トランザクションが生成されます。そして、秘密鍵(プライベートキー)の電子署名が必須となります。

この作業を行うことで、所有しているビットコインの権利を他者に付与することができます。ビットコインは実体のないインターネット上で管理されるデータのため、オンライン上で取引を行います。

ただ、これは所有者と受取人の2者でのやり取りとなるためビットコインが管理されているネットワークの承認が必要となります。

トランザクションの承認作業

ビットコインなどの仮想通貨はノードと呼ばれるPCやスマホのデバイスかネットワークが支えられています。ノードの役割は、「電子署名」と「取引データの不正チェック」の2つです。

トランザクションの生成作業のあとは、その取引が不正ではないことを承認して貰う必要がります。

ノードによって取引データが正常であることが認識されるとネットワーク上で、取引が承認されます。そして、ブロックチェーン上に追加されていくという流れです。

トランザクションの特徴

トランザクションは、上記で説明した一連の流れのことを指しますが特徴を見ていきましょう。

  1. 記録不可逆性
  2. 匿名性が高いためセキュリティ面で安全性がある
  3. スピードの速さ
  4. 中央管理する主体がなく、世界的に利用ができる

記録不可逆性

トランザクションで確認・承認された取引記録はブロックチェーン上に追加されます。この記録は、決して戻すことができない特徴を持っています。

そのため、一度記録されれば改ざんすることができないため偽造が難しくセキュリティの高い通貨として運用させることができます。

匿名性が高いためセキュリティ面で安全性がある

仮想通貨のビットコインは匿名性が高いと言われています。ブロックチェーンに記録されているデータは世界中の誰もが確認することができますが、公開鍵暗号システムで暗号化されています。

取引データを見ても特定の人物を割り出すことは不可能であり、トランザクションの受信側のみが持つ秘密鍵のみがデータを解読することができるため安全性が高いと言われています。

もちろん、完璧ではないという意見もありますが、ビットコインなどの仮想通貨が取引されているのはこのセキュリティの高さが安心材料となる世に流通しています。

中央管理する主体がなく、世界的に利用ができる

これまで通貨のやり取りは銀行などの管理主体を通して、送金などのやり取りを行っていました。

AさんからBさんへ100万円の送金をしたい場合は、Aさんが保有している銀行口座からBさんの銀行口座にお金を振り込みます。この際に、銀行の確認が必須となるため平日の限られた時間のみの確認となり、土日や祝日の送金の場合は、銀行の営業日に確認が完了してからお金が送金されます。

仮想通貨の場合、中央で管理する主体がないため銀行のような管理機関の承認が不要です。

それは、仮想通貨のネットワーク内で取引が完結されるため送金の完了は10分程度の早さで行われ、相手が世界のどこにいてもすぐに送金を完了させることができます。

まとめ

トランザクションが、ビットコイン取引の一連の流れのことを指します。

仮想通貨を理解する上で、一つ一つの仕組みを理解しておくことでより安全な取引を行うことができます。

 

仮想通貨の基礎知識を付けて、運用や投資に役立てていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です