ホーチミン滞在中に、WeWorkに来てみた【ベトナム・コワーキング】

weworkベトナムホーチミン

ホーチミン滞在中のKazu(@kazushiyoshidaa)です。

ノマドワーカーとして、海外を旅しながら仕事をする機会が多いのですが、そこで重要なのがワーキンスペース。

快適なインターネット環境と空間があれば、正直カフェでも図書館でもどこでも仕事ができるんだけど、なかなか探し出すのは大変です。

特に短期的な滞在だと、探すのも面倒なので僕の場合はWeWorkを利用することが増えつつあります。今回は、ベトナム・ホーチミンのWeWorkに来てみました。

コワーキングスペース・WeWorkとは?

ニューヨークでスタートしてWeWorkは、世界中にコワーキングスペースを提供しています。

日本でも、都内にWeWorkが増えつつあり、ソフトバンクの出資も受けている世界的な会社です。世界的には、300箇所以上のワークスペースがあり、このベトナムホーチミンにも進出しています。

レンタルオフィスとして契約している人もいれば、僕みたいにWeWork会員になってドロップイン(1日利用)で使う人もいます。

ベトナム・ホーチミンのWeWorkに来てみた

今回は仕事の一環で、ベトナムにあるのでホーチミン滞在をしていたのですが、ちょうどいいワークスペースを求めてWeWorkへ。

東南アジアではシンガポールに12箇所の拠点があり、フィリピン・マニラ、タイ・バンコク、インドネシア・ジャカルタ、マレーシア・クアラルンプールと拡大を進めていて、ベトナムにも拠点があります。

前までは東南アジアエリアはWeWork拠点がシンガポールだけ状態だったのですが、急成長をしてくれたおかげで、利用できるチャンスが増えてきました。

WeWorkベトナム

フリースペースは、かなり広いので好きなところに座って仕事が出来て、電源ももちろんあり。

weworkベトナムホーチミン

海外で働く時はあまり利用シーンがないかもしれないですが、コピー機もあります。

weworkベトナムホーチミン

ちょっと写真は分かりづらいですが、電話ミーティング用の個室スペースも使えます。フリースペースで、Skypeなどを使ってミーティングするのが気が引けるという人はこのスペースがおすすめ。

WeWorkのどの拠点にも見かけるスペースですが、かなり重宝すると思います。

WeWorkベトナムホーチミン

どのWeWorkもそうなのですが、コーヒーやフルーツウォーターが無料で利用が可能。コーヒーは挽きたてなので、一息つくのに最適。

 

View this post on Instagram

 

Open kitchen concepts give me life.

Kim Thuy Tuさん(@onetuthuy)がシェアした投稿 –

今回は見る機会がなかったですが、WeWorkのオフィススペースも快適そうなので、海外拠点を自分自身が設ける時はWeWorkは検討したいなと。

 

View this post on Instagram

 

#dowhatyoulove #wework #hcmc

Rico:Norikoさん(@rico.yama)がシェアした投稿 –

まとめ

ベトナムのホーチミンって料理も美味しいし、人も良い。英語もある程度は通じるので困ることはなく、気候も良いのでワーキング環境としては最高にいいなと。

セブ島で仕事が多いのですが、僕はホーチミンなら住めると思ったのでこっちに中長期で滞在する計画も立てようかなとも思いました。

僕の場合は、WeWorkで月額45ドル(4,500円)のメンバーシッププランに入ってます。世界各地のWeWorkで、月に1回コワーキングスペース利用ができるというものなので、決して安くはないですが、何かあった時に便利。

2回目以降は、1回あたり50ドル(約5,000円)なのでこれも普通のコワーキングスペースを考えると割高感は否めないですが、WeWork的な世界観が好きなので会員になっています。

かなり快適に作業ができるのは間違いないので、ホーチミン滞在中に一度は利用してみるのは良いと思います。

WeWork公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です