ビットコインとは?わかりやすく特徴をまとめたよ。【簡単解説】

ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)は、インターネット上で通貨として使えるという特徴がありますが、詳しくどのような特徴があるのか知らない人も多いのではないでしょうか?

ビットコインってそもそも何なの?とまだ知らない方もいますよね。今回は、ビットコインの特徴について簡単解説していきます。

ビットコインは聞いたことがあるけど、しっかりと特徴を理解したい!という方向けの記事です。

ビットコインとは?特徴まとめ

ビットコインとは何かと聞かれたら、「仮想」の「通貨」と応えるのが正しいでしょう。通貨と言葉に付いているので、日本円や米ドルと同じようにに以下のことができます。

  1. ビットコインの送金
  2. ビットコインの受け取り
  3. ビットコインで貯蓄
  4. ビットコインで投資

ビットコインは、送金や受け取りができるため商品やサービスの売買をすることができますし、保有して貯蓄や投資目的で利用もできます。ビットコインはインターネット上に存在する仮想通貨ですが、日本円や米ドルと同じような用途で利用することができるのです。

ビットコインと通貨の違い

ビットコインが通貨としての機能を備えていることは理解できたと思いますが、実際に普段使っている日本円などの法定通貨とどのように異なるのか知りたいですよね。

簡単にビットコインの特徴をまとめると

・世界中どこでも使える通貨
・世界初の発行主体がいない通貨
・発行量が決まっている通貨
・価格変動の高い通貨
・携帯性の優れた通貨
・セキュリティの高い通貨

日本円などの通貨に使い慣れているとあまり理解しづらいと思うので、一つ一つ特徴を見てみましょう。

世界中どこでも使える通貨

ビットコインは、世界のどこでも使える通貨です。日本円は日本でしか利用できないため海外に渡航する際は、現地の通貨と交換する必要があります。

ビットコインは、インターネット上で管理されているため世界のどこでも利用が可能です。ビットコイン決済を採用している店舗等であれば現地通貨不要で決済ができます。

世界初の発行主体がいない通貨【P2P型通貨】

ビットコインは、通貨を発行・管理する母体がありません。日本円は、政府が価値の保証をしていたり、銀行が通貨の発行などを管理していますがビットコインにはそれが存在しません。

国の体制が不安定であったり、法定通貨(現地通貨)に対する信用が低いような国であれば、保有価値のないただの紙切れの通貨になる可能性があります。ビットコインの場合は、個人間で管理する通貨のためこのようなリスクが一切ありません。

その点、発展途上国ではビットコインを保有する流れが起きていたりします。ビットコインの場合は、発行・管理する母体がないため価値が0になる可能性もゼロではないため、法定通貨の日本円と比べてメリット・デメリットある通貨とも言えます。

発行量が決まっている通貨

法定通貨である日本円は、発行の上限がありません。無限に発行される通貨に価値はないので、正確に言うと法定通貨は一定の上限を設けて金融政策で発行数を調整しています。これは各国の中央銀行が管理し、日本円なら日本銀行が管理しています。

それと比較して、ビットコインは発行上限が2,100万BTCと既に決まっています。

ビットコインは、発行するプログラムに沿って自動的に通貨が発行されているので上限が過ぎたら発行が終了します。上限があるということもあり、金と比較されることもよくあります。ビットコインと金はどちらも上限があるため似ていると言われています。

上限があるからこそ、今のうちに保有しておこうとビットコインを始める人も年々増えています。

価格変動の高い通貨

法定通貨である日本円や米ドルのような通貨は為替変動で、差益を設けるFX(外国為替証拠金取引)などが投資として行われています。ただ、先進国である日本で生活している限り、日本円の価格変動が気になることは少ないでしょう。

それと比較して、ビットコインは価格変動の高い通貨と言えます。

ビットコインが通貨でないと言う方もいますが、その理由が通貨の要件としてある価値貯蔵の要件が価格変動が激しいため貨幣として満たしていないと言われているからでうs。

ビットコインの価格変動が高い大きな理由は以下のとおりでしょう。

  • 市場参加者が、正確な情報を得ていない
  • 24時間365日市場が開いている
  • 国家規制等による影響を受けやすい
  • 中央管理者がいない

ビットコイン市場に参加している人たちは、インターネットに回る情報に左右されがちです。また、ビットコインを保有している一部のユーザーが売買するだけで、市場規模が少ないためすぐに価格が変動します。

それ以外にもビットコインの国家規制等の情報が流れたりすることで、それに左右された市場参加者が売買をしたりします。

様々な理由がありますが、ビットコインは価格変動が激しい通貨です。

携帯性の優れた通貨

ビットコインはインターネット上に存在する仮想通貨のため実体が存在しません。

法定通貨は持ち歩いて利用するか信用をもとに発行される電子マネー、クレジットカード等で日本円は利用ができます。その点、ビットコインは実体がないためビットコインウォレットと言うもので管理します。

店舗での決済であれば、スマホウォレット等でスマートフォンで簡単に決済ができるため携帯性の高い通貨といえます。

セキュリティの高い通貨

ビットコインの最大の特徴と言ってもいいのが、セキュリティの高い点です。通貨としては非常に重要なポイントですよね。

ビットコインは暗号技術・ブロックチェーンを利用することで他のプログラムからの偽造を不可能(困難)にしており、これまでも偽造がされたという例は発見されていません。

もちろん、将来的にビットコインのセキュリティが破られる可能性はゼロではありませんがセキュリティが高い通貨です。法定通貨と比較した時に、偽造がされたという例は各国ででていることを考えるとビットコインの大きな特徴の一つと言えるでしょう。

ビットコインの決済手段としての特徴とメリット

日本円である法定通貨としての違いを説明しましたが、決済手段としての特徴はどうでしょうか。

ビットコインの決済手段としての特徴やメリットを分かりやすく解説していきます。

手数料

現金:なし

銀行:無料〜数百円

クレジットカード:なし

ビットコイン:〜数千円

手数料でみると、利用者の増加によりビットコイン決済は〜数千円と少し高くなってしまいました。他の決済方法と比べるとそこまでお得ではないですが、海外のクレジットカード決済ではチャージとして3%上乗せされるケースもあるので、可もなく不可もないという感じでしょう。

今後、様々なサービスが発展することで低料金の手数料化が進んでいくと思います。

送金時間 / 利用可能時間

現金:即時 / 常時可能

銀行:即時  / 営業時間内の対応

クレジットカード:即時 / 常時可能

ビットコイン:即時 / 常時可能

送金は、現金・銀行・クレジットカードと同様、確認に10分程度かかりますがビットコインの送金は即時可能です。

ビットコインの利点としてあるのは、24時間365日利用が可能なため常時送金ができるという点でしょう。銀行などは、営業時間内の対応であり、土日・祝日などは対応していません。時間帯によっては着金が翌日から数日後まだ掛かることがよくあります。

急な送金が必要なときはビットコインの利用はメリットが高いと言えるでしょう。特に海外への送金であれば、即時反映できるビットコインは使い勝手がいいです。

個人間送金が可能

現金:可能(手渡し)

銀行:可能

クレジットカード:不可

ビットコイン:可能

普段の生活では、クレジットカードさえあればほとんどの店で決済が可能なのでビットコインのメリットは少なく見えます。ただ、クレジットカードができない個人間での送金ができます。

匿名性の優れた決済システム

ビットコインの場合は、個人情報の入力が一切不要で口座を持つことが可能です。もちろん、ビットコインを取引する取引所の開設時は必要ですが、管理・保有しておくウォレットと呼ばれる口座は不要です。

そのためビットコイン口座Aから口座Bに送金した際に、人物を特定することができません。

ただ、ブロックチェーンというビットコインシステムの基盤のルールとしてビットコインの送金や取引情報は全世界に公開されています。

取引情報は公開されていますが、人物が特定されていないので匿名性は高いと言われているのでしょう。ビットコイン口座のアドレスは複数作成することができるので、プライバシーが気になる方は複数利用が可能です。

最後に

ビットコインについて簡単な紹介をさせていただきました。

ビットコインは知識を付けることで、投資や実際に利用して見る際に役に立つのでぜひ参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です