WordPressを学ぶのにスクールは不要?【習得方法を解説】

Wordpressを学ぶのにスクールは不要?【習得方法を解説】

WordPressを活用したWeb制作をしたいけど、何から始めたら良いかわからない。プログラミングスクールに通うことも考えているけど、どこかおすすめある?

プログラミングを学んでいたり、Web制作に取り組んでいるときに利用されるWordPress。ウェブサイト以外にもブログなどでも使われていて、WordPressの知識を身に付けたいとカンガげている人も多いのではないでしょうか?

WordPress案件って正直稼ぎやすいですし、僕はWebマーケティングが専業なのですが、Web制作をするときはWordPressなんかで実施するケースがほとんどです。

この記事では、WordPressを学びたいと考えている人向けにプログラミングスクールを活用するべきか?どこがおすすめなのか?をまとめました。

WordPressはプログラミングスクールに通う必要なし。

WordPressはプログラミングスクールに通う必要なし。

WordPressをプログラミングスクールで学ぼうと考えている人は多いと思いますが、結論としては独学可能かなと思います。

「WordPress スクール」と検索するといくつかのスクール紹介している記事がヒットしますが、正直WordPressを体系的に学べるスクールが紹介されていないし、一覧でまとめただけの内容が多いかなと。笑

WordPressの専門のカリキュラムがないのにおすすめのプログラミングスクールとして紹介しているような記事もあるので、どうなのかなとも思います。

WordPressで必要なプログラミング知識はそこまで多くない

WordPress制作で必要なプログラミング知識は、具体的には以下の言語を覚えておけば、WordPress制作は取り組むことができます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP

基礎的なフロントエンドのスキルを学んでおけばWordPress制作は十分に可能なので個人的には学ぶ必要はないのかなと。。

WordPressテーマ制作で必要なPHPスキルも基礎中の基礎なので、正直な話理解してなくても、コピペだけでも形だけのサイトであれば制作可能で、難易度は低いです。

それ以外でWordPressで必要なコードの記述なんかも、ググれば十分に出てくるのでプログラミングスクールでWordPress特化で学ぶのではなく、フロントエンドの知識をまずは抑えておけばいいかなと個人的には思います。

WordPress制作をする上でBootstrapなどのフレームワークを知っておくと制作がスムーズに進むのですが、これもフロントエンドの知識を知っておけばそこまで難しくないので独学でもOKだと思います。

1からWordPressを学びたいという方はスクールは1択

とは言っても「WordPressをプログラミングスクールで学びたい」「1から基礎を学びたい」という方もいると思います。

そこでおすすめできるプログラミングスクールはTechAcademy(テックアカデミー)一択かなと。

他の記事では、様々なスクールを紹介されているところもありますが、実質WordPress専門のカリキュラムを体系的に学べるのはTechAcademyのみです。

また、TechAcademyであればWordPress+Webデザインみたいな形で学ぶコースを組み合わせられるので、単体受講よりもよりデザイン性に優れたサイト制作を学べるのでおすすめです。

TechAcademyのWordPressコース

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyは完全オンラインで学べるプログラミングスクールで、様々な開講コースを提供しているのですが、WordPressを1から学ぶことも可能。

サイト企画設計から、HTML/CSSなどベーシックなどの内容もカリキュラムに含まれていて、WordPressのカスタマイズに必須のPHPも学習することができます。

主なカリキュラムは以下の通りで、最終的にオリジナルテーマを開発できるのは、WordPressを学ぶ上では魅力的かなと。

  • WordPress制作の流れ(企画・設計・制作・運用)
  • WordPressの高度な使い方(プラグインやカスタマイズフィールド)
  • コーポレートサイト(架空サイトの制作)
  • オリジナルサイト(テーマ開発)

プログラミング学習って継続的に学ぼうと思っても挫折しやすかったり、分からないことが出てくると「調べている時間にかなりの時間が掛かる」なんてこともあるので、独学だと非効率な点もあります。

TechAcademyの場合は、パーソナルメンター制度でサポートを受けながら学ぶことができるのはおすすめできるポイントかなと。

  • 週2回のマンツーマンメンタリング(1回30分のビデオ面談)
  • 質問チャットサポート(15時〜23時)
  • 回数無制限の課題レビュー

カリキュラムを読み進めつつ、WordPressサイトを1から開発したい人は一度TechAcademyで無料体験を受けてみることをおすすめします。

Webデザインとセットでも学べるコースもあるので、Webデザイナーとしての知識も積めます。

TechAcademyの特徴

  • カリキュラム数が豊富で学びたい内容を選べる
  • 比較的低価格な料金体系
  • 通学不要のオンラインで学べる

教室情報・料金

受講形式オンラインマンツーマン
メンタリング週2回
チャットサポート15〜23時
受講料金139,000円(1ヶ月)
189,000円(2ヶ月)
239,000円(3ヶ月)
2,890,000円(4ヶ月)
支払方法クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
ビットコイン決済

さくっとWordPress学ぶのであれば、MENTAもおすすめ

MENTA(メンタ)

 

もし、ある程度のプログラミング知識がありつつ、WordPressの知識をサクッと学びたいのであれば、MENTAもチェックしてみると良いと思います。

MENTAはプログラミング学習に困ったときに相談できるメンターを付けれるサービスで、WordPress制作を教えてくれるメンターも複数いるので、個人が提供するカリキュラムですが低価格なので、独学+MENTA活用をしてみるといいかなと。

やり取りは全てオンラインで完結で、時間や場所に関係なく相談できる環境を作り、プログラミングスクールよりも比較的低価格なのが特徴です。

WordPress制作は難易度低めで高単価案件獲得可能

フリーランスとして案件を受けるのであれば個人的にはWordPressはおすすめできる内容だと思います。

理由として、企業のWebサイト制作はWordPressで実施するケースが多く、だいたい企業サイトであれば50〜100万単位で受注することは可能です。

そのため、フリーランスとしての活動や副業レベルでも活用できますし、ブログ運営などにも役立つので学ぶべき内容ではあると思います。

まずはWordPressを学びつつ、エンジニアとして知識を積んでいけば良いかなと。

最後に:WordPressは独学可能。スクールに通うならTechAcademy

WordPressは独学が十分可能ですが、1から体系的に知識を学びたいと考えている方はTechAcademyをおすすめします。

Web制作の企画・設計から学ぶことができて、無料体験レッスンも提供しているので実際にまずは体験を受けてみると良いでしょう。

どのような内容を学べるかを具体的にイメージが付くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です