【WordPress】Search Consoleにサイトマップを設定する手順【初心者向け】

WordPressを始める上でサイトマップやSearch Console(サーチコンソール)って登録したほうが良いの?

この記事では、WordPressで運営しているサイトのサイトマップをSearch Console(サーチコンソール)に登録して活用する方法について解説していきます。

WordPressの始め方は、「WordPressブログの始め方【初心者向けに手順を簡単解説】 」で解説しましたが、それ以外にも設定しておきたいSearch Consoleの設定方法と使い方について見ていきましょう。

サイトマップとは?

サイトマップとは?

サイトマップとは、簡単に言うとサイト内のリンク(コンテンツ)をまとめたもののことを言います。

サイトマップはサイトを運営する上で2種類存在しています。

  • XMLサイトマップ(SEO対策用)
  • HTMLサイトマップ(読者用)

XMLサイトマップは、SEO対策用に検索エンジンのGoogleに、どのようなコンテンツがサイト内にあるのかをわかりやすく教える役割を果たします。

HTMLサイトマップは、読者用なのであると親切かもしれませんがSEO的な意味は無いので、この記事ではSEO対策・アクセスアップを狙うために必要なXMLサイトマップについて解説していきます。

XMLサイトマップの重要性

XMLサイトマップは、サイト内のコンテンツをまとめてくれる地図のようなものです。WordPressで運用しているサイトへのアクセスを増やしたいのであれば、最新の記事更新を検索エンジンに的確に伝える必要がありますが、それをXMLサイトマップを活用して実施します。

WordPressのみならずサイト運営をする上では重要な設定なので、必ず設定しましょう。

Search Consoleとは?

Search Console(旧名:ウェブマスターツール)とは、主にGoogleの検索結果でサイトのパフォーマンスをチェックできるGoogle提供の無料ツールのことを言います。

SEO対策にはSearch Consoleの設定は必須で、以下のようなデータをチェックできます。

  • ページのクリック数
  • クリック率や掲載順位
  • クエリ(検索語句) など

仮に、「英会話 安い」というキーワードで低価格な英会話スクールのまとめ記事を書いたとしましょう。

実際に、そのページが検索結果にどれだけ表示されて、Googleでの検索結果が何位なのか?どれだけクリックされているのかなど細かなデータを測ることができるため、WordPressでサイト運営を始めたのであればとりあえず設定をしておくべきツールです。

そして、Search ConsoleにはXMLサイトマップを追加することで新しく追加したコンテンツ(記事ページ)などの存在をGoogleが認識できるようになります。

定期的に送信することでページがインデックス化(検索結果に表示)されるようになるためWordPressなどでサイトを運営をする上では必ず設定しておくべきツールです。

WordPressでSearch Consoleに追加する手順

WordPressでサイトマップを作る方法からSearch Consoleの登録までの手順を解説していきます。

手順は簡単で、以下の2つを行うだけです。

  1. Google XML Sitemapsを設定
  2. Google Search Consoleへサイトマップを登録

10分程度あれば簡単にできる設定のためWordPressでサイトを始める時は、初期段階で登録しておきましょう。

それでは、手順を詳しく解説していきます。

1.Google XML Sitemapsを設定

Google XML SitemapsはWordPressのプラグインです。「WordPressで利用したいプラグインは7つだけ。おすすめのみ紹介」でも紹介していますが、WordPressでサイトマップを作るなら一番使い勝手が良いプラグインなのでこちらを設定しましょう。

1.1 WordPressにプラグインをインストール

管理画面>>プラグイン>>新規追加>>Google XML Sitemapsを検索」の手順で今すぐインストールして有効化しましょう。

1.2 Google XML Sitempasを設定

Google XML Sitemapsの設定

WordPressのダッシュボードで「設定>>XML-Sitemap」を選択して、プラグインの設定を行っていきます。

1.3 Google XML Sitempasの基本設定

まずは、プラグインの基本設定を見ていきます。設定項目として表示されているのは以下です。

  • 基本的な項目(設定不要)
  • Additional Pages(設定不要)
  • 投稿の優先順位
  • Sitemapコンテンツ
  • Excluded Items(設定不要)
  • Change Frequencies
  • 優先順位の設定

設定が初期状態のままで問題ないものも多いので、重要なところのみしっかりチェックしておきましょう。

基本的な項目(設定不要)

ここは初期設定のままで設定不要です。画像の通りになっているかを確認しましょう。

Google XML sitemapsの設定

Additional Pages(設定不要)

Additiona Pagesは、サイトマップ設定に含まれていないページだけど追加で入れたいページがある時に設定するものです。

Google XML sitemapsの設定

ここは初期段階では追加する必要が無いのでこのままにしておきましょう。

投稿の優先順位

XMLサイトマップを作成する上で、どのページが優先度が高いかを決めることができます。

初期設定では、「コメント数(コメント数から投稿の優先順位を計算する)」に設定されていますが、「コメント数=優先的に巡回したいページ」ではないので、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れておきましょう。

Google XML sitemapsの設定

ここで設定した内容を優先的に巡回(クロール)してもらえるように、検索エンジンに伝えることが可能です。

Sitemapコンテンツ

ここでは、サイトマップにどのページを含めるかを設定します。

検索エンジンにインデックス(表示)して欲しいページを選択します。Googleは、ユーザーに価値のある情報は検索上位に上げてくれるので有益なコンテンツがあるページを判別するため重要なページのみチェックを入れるといいでしょう。

Google XML Sitempasの設定

初期設定では、「ホームページ」「投稿ページ」「固定ページ」にチェックが入っていますが、「カテゴリー」にもチェックを入れておきましょう。

それ以外のチェックは外して、「最終更新時刻を含める」はチェックを入れたままにしておきましょう。

Excluded Items(設定不要)

サイトマップに含めたくない記事や固定ページがある場合は、ここで除外設定をしておきましょう。

特に設定が不要ですが、WordPressのカテゴリーで初期設定で「未分類」というのが存在しますが、利用しない場合は除外にしておきましょう。

Google XML Sitempasの設定

低品質なコンテンツが含まれているとGoogleからの評価も悪くなるので、除外したいページがでてきたら設定することをおすすめします。

Change Frequencies

各ページがどれくらいの頻度で更新されているかを検索エンジンに伝える設定を「Change Drequencies」でしていきます。

あまり重要な設定ではないですが、以下の画像のように設定しておけばいいでしょう。

Google XML Sitempasの設定

WordPressでブログ運営をする際は、ほとんど固定ページを運用することもなくアーカイブやタグなどはコンテンツの質に直結していないため上記のように僕の場合は設置しています。

サイトのコンテンツや更新頻度が多ければ、Googleのクローラーが巡回してきてくれるので、あくまで推奨設定という感じです。

優先順位の設定

サイト内のコンテンツで、優先順位が高いコンテンツ(ページ)をGoogleに対して伝えるための設定です。

サイト内の重要な部分は、高めに設定してそれ以外は0や低い数値にしておきましょう。

Google XML Sitemapsの設定

設定

0.8 ホームページ
0.8 投稿(個別記事)
0.8 投稿の優先度の最小値
0.0 固定ページ
0.8 カテゴリーページ
0.0 アーカイブページ
0.0 タグページ
0.0 投稿者ページ

様々なサイトで、これ以外の数値で設定している参考例もありますが、あくまでGoogleに正しくサイトマップを伝えるための指標なので上記の通り設定しておけば基本的には問題ないです。

ここまで完了したらGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。忘れずに「設定を更新」をしておきましょう。

2.Google Search Consoleへサイトマップを登録

Google XML Sitemapsの設定が完了したら、Search Consoleにサイトマップを登録していきます。

手順は以下の通りです。

  1. Search Consoleにサイトを登録
  2. サイトの所有権の確認
  3. サイトマップの追加

2.1 Search Consoleにサイトを登録

Search Consoleにアクセスして、サイトを登録しましょう。

Search Consoleのアカウントは、Googleアカウントがあれば利用できるのでまずはサイトにアクセスします。

サイトアクセス後は、「プロパティを追加」を選択します。

サーチコンソールの設定

次に、WordPressで運営しているサイトのURLをコピー&ペーストで貼付けを行います。

サーチコンソールの設定

2.2サイトの所有権の確認

Search Consoleのサイト登録時に、そのサイトを所有しているユーザーかどうかの所有権確認が行われています。

確認方法は、以下の方法から選択して所有権を確認できます。

  • HTMLファイルをアップロード
  • Googleアナリティクス
  • HTMLタグ
  • ドメイン名プロバイダ
  • Googleタグマネージャー

推奨されているHTMLファイルの場合は、Search Console上でダウンロードできるタグをサイト内にアップロードするだけです。

サーチコンソールの設定

このアップロードは所有するレンタルサーバーで直でアップロードするかFTPサーバーを保有していると便利です。

FTPサーバーを持っていなくて、簡単に所有権を確認したいのであれば「Googleアナリティクス」での確認が便利です。

既にGoogleアカウントでアナリティクスの作成が完了しており、所有しているWordPressサイトにアナリティクスのタグの設定が終わっていればアカウント連携で所有権の確認まで可能になります。

細かな設定方法は難しくないのでSearch Console側の説明を見ながら所有権の確認を完了させましょう。

2.3サイトマップの追加

Search Consoleの所有権の確認作業が完了したら、サイトマップの追加をしていきます。

サーチコンソールにサイトマップを追加

Search Consoleのトップにあるサイトマップを選択して、「サイトマップの追加」でGoogle XML Sitemapsで作成したサイトマップのURLを登録します。

サーチコンソールにサイトマップを追加

これで、追加完了です。

現在は、Search Consoleの新しいベータ版がスタートしているのでそちらで登録する場合は以下の画像のように設定しましょう。

サーチコンソールサイトマップ追加

登録段階では、ステータスが「保留」になっていますが、しばらくすると送信数(青)とインデックスに登録済み(赤)というステータスが確認できるようになります。

サーチコンソール設定

サイトマップ追加して直ぐにインデックス化されるわけではないので、追加されるまで数日〜数週間待ちましょう。

この段階で、WordPressで記事やコンテンツを更新した際にGoogleに自動的に送信されるようになったので、WordPressサイトのサイトマップをGoogle Search Consoleに設定する作業は終了です。

まとめ

WordPressを始めたての頃は、アクセスを解析するほどのデータもないですが初期段階でSearch Consoleを設定しておくことで後々のチェックが楽になります。

SEO的にも効果があるので、しっかりと設定していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です